PCMAX ワクワク

☆SEXとオナ好きさん♪

☆SEXとオナ情報サイト
【大人の玩具アナシー】
アナシートップ
お得な性具お知らせ
性具のエロ話
大人の玩具の種類
アダルト投稿板
激安ショップ

オナニー盗撮動画毎回更新
▼無料で短編動画10万本以上閲覧OK!

アダルト動画検索(18禁) 短編無料閲覧!

アダルト動画 DUGA


最初から見る 最新から見る
面白いと思ったら⇒投票する
■現在の投票数:1630
だらしない熟女です・ほんとの私です・
1美也子 IS12SH
03/19 12:11
年甲斐もなく息子よりも若い男の子とラブラブでときめいてメロメロなんです。
翔真はうちの三年生でラグビー部で大きいんです。
ごめんなさい私、男子高校で教師をして副顧問のラグビー部で、大きい子にドキドキして関係になっちゃうんです。
今までのスター級はラブホテルで頂いちゃいました。
大きい子たちに犯されていっぱいドキドキしちゃいました。
58歳でムチムチ巨乳の熟女です、背が155しか無いのにブラはJ70をつけてます。
緩くて甘くて顔と体型は磯山さやかさんに似てるって、最近は白石茉莉奈さんって言われて調べたらAV 女優なんですもの、男の子ったらもうもうなんです。
部活の大きい子はペニスもそれなんです、サイズもカリも、私がもうドキドキするんです。
挿れたら泣いてイクイクなんです、痙攣にされてバウンドするんです。
そんなの私、虜です、もうスケベです、主人がいてももうごめんなさい。
この3月でもうああん、彼が卒業して大学ラグビーへ進んじゃいます。
毎年この卒業時期はたまらないんです、だから翔真をメモリーしちゃいます。

翔真とは昨年の夏からできちゃいました。
メールじゃ我慢ができなくなって二人もう電話でハァハァしました。
もうお外で逢っちゃおって、部活のない日曜日は朝から、翔真の駅で降りてすぐラブホテルでした。
年増が教師がときめいちゃって、ブラウスの学校でもいっぱいにはち切れてるのにニットなんて着ちゃって、彼にはいっぱいに巨乳になっちゃって。
髪巻いて香水つけて若作りしちゃって、ヒールも彼に言われるから。
逢えたらああん、もう走っちゃって胸をいっぱいにバウンドさせちゃいます。
彼につかまって止まっちゃいます。
いっぱいに背伸びして襟元をなおす仕草なんかも。
私はスケベです。
年頃の男の子は抱きついて我慢ができませんでした。
翔真もすぐラブホテルで犯しました。
大きい体力と精力は何度もしたがりました。
やらしてやらしてって男の子ったら。
やりたいんだから、ああん高校生、私がドキドキしました。
私は乳輪が薄い色素でいっぱいに拡がって乳首も人よりも肥大したやらしい裸です。
男の子は燃えさかりました、揉んで埋まって挿れました、翔真も気持ちいいナマでした。
私も、ああんナマナマって、妊娠しない歳になると精子もドクドクなかに頂いちゃってイクイク痙攣でした、泣いてラブでした。
それと私は、口づけは乳首もクリトリスもピンピンに勃起して膣のなかも締まりました、だってそんな仕組みでした。
そんな嬉しい裸は翔真も毎週やりまくりって言いました。
私は虜にされて、この子の先生なのにもう言いなりの服従でした。
従うとご褒美が頂ける関係でした。
そして私はあんな場所でもやらしい女にされたのです。

ツイート

書く|更新|
返信数:167件

174美也子 SCV33
05/03 09:12
「やははあああ・ビックンビックン・」
「あああ・なか気持ちいい・あああ・あああ・」
私はずらされたビキニとヒールで大きい声をあげて。
だって彼が、精子を何度も出したあとなのに硬かった。
大きいカリがなかで擦れて、私のビキニにはいっぱい興奮した。
私がまたビックンビックンバウンドした。

膣になぞりつけてお店の熟女を口説くんだから、ちょっとだけ先っぽだけと口説いてそれも嘘なんだから、やらしいんだから彼ったら、もおもお。
全部奥までストロークになるんだから。
「お願い一回だけ・あああ・挿いった気持ちいい・あああ・あああ・」
「ちょっとじゃないい・全部挿いってるう・あああ・あああ・ビックンビックン・」
「熟女がビキニ・熟女がやらしいお店・あああ・なかいける?・美也子さん中出しいける?・あああ・あああ・」
「なかダメえ・あああ・奥イク・やははああ・ビックンビックン・」
熟女がビキニになるお店なんて、自分の都合のいいストーリーなんだから、したいこと我慢しないんだから、彼ったらもおもお。

私はビキニにヒールでもビックンビックン泣いてイクイク痙攣、した。
奥を突く彼に必死でつかまって小刻みにビクビクバウンドしてイッて。
もう離して大の字でシーツをつかんでビックンビックンバウンドして痙攣になった。
ビキニになると毎回それにされる。
燃えて反り上がるぺニスにされる。
今夜もすぐビックンビックン、イクイク痙攣した。
「ずっと指名入れるからお願い?・なかに出したいお願い?・なかでイクお願い?・あああ・あああ・」
「なかダメえ・外に出してえ・あははああ・ビックンビックン・」
「ダメしゃない気持ちいい・あイク・ドクドク・ドクドク・」
「やははああ・ビックンビックン・」
ビキニでなかも犯された。
ビキニは恥ずかしくてドキドキも加わって私がすぐイク。
反り上がるぺニスとカリですぐイク。
乳首とクリトリスをピンピンに腫らした裸をさらして恥ずかしいけど、もうイク、イクイク。
なかをギュウギュウ締めてイクイク。

五十路の私もお盛んでした。
若い教え子たちに教師とか理性までも無くしてセックスのスケベでした。
59歳最後の祐樹くん、お泊まりもずっとずっと。
ベッドで挿れてビックンビックン泣きました。


悪質除外!安心安全実績の大人のSNS
175美也子 SCV33
05/06 21:37
還暦60歳になっちゃいました。
息子夫婦が帰省してきて祝ってくれて、なのに隠れてまだ恥ずかしい私です。
このゴールデンウィークにもふたつ、悪いことしてきちゃいました。
主人や学校に隠れてやらしいこと、ふたつも。
ひとつはボンバーズで悠希くん大成くん2人をほんとに。
香織ちゃんのマンションでいっちゃいました。

香織ちゃんのご主人が単身赴任から5月にいったん帰宅してくる、だから女たちが4月のうちにって言って。
でも芳枝ちゃん涼子ちゃんが家族旅行へいっちゃって、だから4人で彼女たちの彼氏2人をいっちゃおうって、多恵子ちゃんったら悪い女。
香織ちゃんも、育美ちゃんが悠斗くんとセックスできなくなっちゃったから彼女のためとか言っちゃって、ほんとは自分も翔大くんとできなくなって性欲なんだから。
育美ちゃんも、悠斗くん大成くんともかっこいいってときめいちゃってもう男の子大好きなんだから。
私も卒業生に逢えたらたくましいからドキドキしちゃう。
だからもう4人で、いっちゃった。
悠希くんの進学祝いと、大成くんの就職祝いって、女ったら理由つけて。

玄関で久しぶりの2人を迎えに走って女たちがもう触ってる。
「あああ、どうしたんですか、あああ、なんで皆そんな格好、あああ、」
「こんなのやらしいお店、あああ、多恵子さん凄い格好、あああ、美也子ちゃんもそんなの着てムチムチして、あああ、」
多恵子ちゃんが安い古着屋で買ってくるから女たちが、いい歳してコスプレした。
皆して裸にサテンのやらしい生地一枚。
やらしい格好して男の子にウキウキ頑張っちゃった。
チャイナドレスは多恵子ちゃんがいちばん先に着た、スリットから生足に太股も出しちゃって、だったら私も。
短いドレスのキャバ嬢になった。
胸がボリュームになるつくりで短い裾から太股も生足もムチムチした、恥ずかしい歳なのに。
「いらっしゃいませえ。多恵子でえす。香織ちゃんおしぼり。ほら育美ちゃんもこっちついて。」
「はあい。育美でえす。失礼しまあす。いらっしゃいませえ。」
育美ちゃんは小さくて可愛くて、髪をアップしちゃってまんまキャバ嬢だった、涼子ちゃんの彼氏、悠希くんがお目当てで彼についた。
こんなことが朝10時から始まっちゃった。
マンションでお店開店みたいなこと、しちゃった。

熟女がキャバしてキッチンとソファテーブルを歩いて恥ずかしい光景で。
でも男の子2人はあああ、あああ言って興奮してる。
キッチンでつくる香織ちゃんも短いサテン着て後ろ姿で太股とお尻も見えてて、それと。
私の胸のボリュームに釘付けになってる。
「ああもう、こんなお姉さんたち、ああもう、美也子ちゃんも凄え乳、ああもう、」
「失礼しまあす。美也子でえす。ドリンクつくりまあす。今日はいらっしゃいませえ。」
「あああ、キャバ嬢やん、あああ、今日凄いエロい、あああ、育美さんも可愛い、あああ、」
「今日は飲んでくつろいでえ。美也子ちゃんばかりじゃなくて育美ちゃんも見てあげてえ。」
薄い生地一枚で横について、水割りをつくる仕草なんかしちゃって、烏龍茶なのにグラスでつくってマドラーなんて回しちゃって。
なりきってウキウキしちゃって、女もソファにつくとビールをついでもらって朝から、いっちゃった。

カーテンは閉めた、暗いリビングにして小さい丸いライトひとつつけて朝から夜のムード。
女たちが細い肩紐、胸もボリューム、短い裾から太股と生足、髪をアップしたりマニキュアの指先。
リビングはもう女の香水の匂いで充満してた。
「いって・今日はどんどんいって・」
「あああ・いくよ・あああ・」
「疲れ癒していっぱいつけて・男の活力・」
「あああ・そんなこと言って・あああ・」
グラス持って両方から2人に寄り添い囁いた。
2人は熟女のお店にこんな熟女はもう、自分のスマホに欲しいから女と写メになった。
「あああ・トイレいく・あああ・」
「おかえり・おしぼり・はい・」
スマホに頂いたら今度は女の腰を抱いた、左右とも抱いた。 
もう触りたくてたまらないからお尻も、抱いた。
「この手もお・エッチい・」
「だって・ああもう・皆今日エロい・」

女たちがグラスにつくってお尻を抱かせて、脇から胸も揉ませた。
「あああ・乳・あああ・」
「こっちも・もう乳・あああ・美也子ちゃん・あああ・」
「いやん・もうおっぱい触ってる・ああん・」
2人が女の胸を揉むとトイレへ走るようになって、そこで多恵子ちゃんがたくらんだ。
この子たち寸止めにしちゃおうって。
ブリーフのなかで勃起させたままにしちゃおうって。 


最初は女友達 ⇒ やがて♀豚調教実践!
176美也子 SCV33
05/10 20:29
「じゃ・失礼しまあす・」
「あああ・抱っこ・あああ・」
「ハッスルタイムいきまあす・ああん・」
「あああ・やらしい・あああ・」
どっちもで女が、対面で股がり乗った。
多恵子ちゃんの合図で女が、回転チェンジして股がり乗っていった。
私もハッスルしちゃった、2人に胸を揉ませて顔面を埋めて深く抱いちゃった。
「あああ・美也子ちゃんの乳乳・あああ・」
「だってハッスルタイム・男の子もハッスルして・ああん・ああん・」
そのまま股間にこすりつけて腰をグラインドのタイムになっちゃった。
こすりあって、ああん、ああん、女たちも声が出た。
もうソファで始まった。
やらしい寸止めが始まった。
 
女は硬くて嬉しい声をあげて。
男も揉んで埋まってハッスルした。
お尻を抱いてこすりつけてもう離れない。
「悠くん・ああん・あたってる・ああん・」
「もうチンポ勃ってる・もうお願い育美さん・ねえお願い育美さん?・あああ・あああ・」
「チンポって・ああん・お願い何?・ああん・ここおっきい・ああん・」
「もうズボン下ろして育美さん?・お願い育美さん?・あああ・あああ・」
悠希くん大成くん2人ともがもう我慢できない、もうじかにあたりたい。
女もこすりつけられて口説かれてもう、ジッパーをジーンズを下ろしてブリーフとあたった。
裾をまくり上げてパンティとあたった。
じかにあたりたいのに女が示しあって男を焦らした。

ちょっと、ちょっとって男がトイレへ走ってくと女がもう。
精子を出してきたら嫌よって妬いてもう、男のチンポジ。
私は育美ちゃんと、悠希くんを両横からチンポジ。
育美ちゃんとティッシュを何枚かとりあって、
「ほんとにおしっこ?・男の子はチンポジでしょ?・ここ触ってきたんでしょ?・自分で触ったらダメ・ダメダメえ・」
「だってこんなのチンポ・もうヤバい・もう出したい美也子ちゃん?育美さん?・どっちかもうお願い?・お願い?・」
「だあめ・出したらだあめ・チンポジなおしてあげる・ほら育美ちゃん?・一緒にいくよ?・失礼しまあす・ああん・ああん・」
「何してるの?・あああ・あああ・」
もうブリーフも下ろしてチンポジ、した。
ああん、いっぱいに反り上がってた。
ふたりでカリを、尿道も拭いてあげて、した。
いっぱい見た。
「もっと触って?・もうシコシコして?・美也子ちゃん?・育美さん?・あああ・あああ・」
「だあめ・チンポジまっすぐだけえ・」
「あああ・美也ちゃんほらあ・こんなにおっきいよお・あああ・あああ・」
ふたりで触れて離して悠希くんのペニス。
大きいのを凄いのを、見ててもうドキドキした。

ビクビクってした、男の子ったら、もおもお。
ピンピンにそびえてカリが腫れて大きかった。
太い血管に茎もボッコリしてもう凄かった。
見ててもう惚れ惚れした、ダメな顔になった。
タマもアナルも、女が回転してふたりで共有して見せて頂いちゃった。
「ヤバいダメ・もうイク・あああ・ドピュ・」
「出しちゃダメえ・あああ・あああ・」
「あああ・出ちゃった・凄おい・あああ・あああ・」
私と育美ちゃんの番で大成くんが、出ちゃった。
ふたりでシコシコなんてしてない、根元で押さえていっぱいに大きいのを見てただけ。
なのに彼ったら、精子が出ちゃった。
肉をドクドク脈打ちさせてもう出しちゃった。
量をドピュッ、ドピュッって、自分のお腹に飛ばしちゃった。


遊びながら稼ぎ?スマホで簡単誰でもOK!
177美也子 SCV33
05/18 08:06
「えっ?・えっ?・そっち出ちゃったの?・あああ・あああ・」
「出ちゃった・してないのに出ちゃった・いやん・ああん・」
「ピュッピュって出ちゃった・ピュッピュって・たいくんったらもお・いやんもお・」
「ハァハァ・だって・ハァハァ・恥ずかしい・」
根元で押さえていちばん最大を観ていたいのに男の子は出ちゃう。
女がもう大騒ぎしてお腹をティッシュで拭きあって、出た色と量も観たい。
男の子の精子は女が嬉しくてときめいちゃう。
だから悠希くんのも、もうピンピンに硬く反って出ちゃう寸前だから、いった。

「長いよもお・替わってもお・ああん・もう出ちゃいそう・ああん・」
「ダメよ・こっちは香織ちゃんと出すの・ああん・悠くんこれ・ああん・」
「ああん・ああん・多恵子さん?・香織さん?・こっちもお願い?・もう出るお願い?・触ってお願い?・」
「なあにもお・こんなになってもお・ああん・こんなにピンピンもお・ああん・」
多恵子ちゃん香織ちゃんも彼を、出しちゃった。
ふたりは手で、出しちゃった。
彼の恥ずかしい顔を、いっぱい見つめて、
「イッちゃうの?・イッちゃう?・ああん・シコシコ・」
「そんなことしたらイッちゃうよ?・ああん・イッちゃうよ?・イクよ?・多恵子さん?・香織さん?・」
「涼子ちゃんだけじゃ嫌よねえ?・お姉さんたちとも逢ってくれないと嫌よねえ?・わかってるねえ?・わかってるのねえ?・シコシコ・」
「わかってる・わかってる・お姉さんたちとも逢う・逢う・ああん・イク・イク・」
「イッて?・イッちゃって?・」
「あイク・ドピュ・あああ・」
言葉で責めてイカせちゃった。
速いシコシコでイカせちゃった。
悠希くんも大の字でのけ反って精子を。
ドピュって飛ぶと女たちが、いやん、ああん、いやらしい声をあげた。
こんなこと嬉しくなっちゃった。

「いやんもお・我慢できないんだからもお・若いんだからもお・」
「ちょっと向こう向いて乗って?・あああ・育美さんのおっぱい・あああ・」
「いやん・両手で・ああん・」
夜の灯りにしてソファセットでお店みたいになるから、女が。
もう揉まれた、回転して乗ると男の子に抱かれて揉まれた。
「香織さんここ乳首・あああ・あああ・」
「なかああん・じかにああん・」
男の子もハーレムみたいに燃えて、乗せた女の乳首を。
もう対面でじかに飲んだ。
「そんなに飲んでもお・ああん・はあん・」
「ちゅぱあ・多恵子さんの母乳要る・あああ・あああ・」
母乳、母乳言って飲んで男の子ったら、自分の母親かそれよりも歳上なのに。
飲まれて女も、ピンピンに腫らした。
ダメな顔になって、見つめてすがって、
「指名入れてねえ?・もう指名入れてあっちで飲んでねえ?・あっちいくねえ?・あっちいくいく?・ねえ?・ねえ?・」
自分に指名を入れて入れてになった。
指名を入れてふたりだけでいっぱい乳首を飲んで飲んでになった。
そして、指名を入れてもらえると、
「ああん・いってきまあす・」
奥の寝室ベッドと、バスルーム、いった。
男の子へサービスに入った。


最初は女友達 ⇒ やがて♀豚調教実践!
178美也子 SCV33
05/21 07:39
「ハァハァ・母乳いい?・ハァハァ・飲みたい・いい?・いい?・ああん・」
「ハァハァ・やらしいこと言ってるう・ハァハァ・もう飲んでるう・はあん・」
ソファセットで女の花びら回転のお店。
口移しして乗って何してもいいの。
口づけてもこすりつけても、何しても。
男の子は乳、乳ってせかして、女が膝の上に座ると両手が胸で。
対面に股がると乳首も飲んだ。
女のお尻を抱いてパンティの股と密着になると、お願い、ちょっとだけ、いやん、ああん、耳元でやらしいやりとり。
男女ともがピンピンに、勃って。

指名の一番目は育美ちゃんで、可愛いお尻を抱いて我慢できない悠希くんがこのルールを聞いたらすぐ耳元で指名を入れた、奥の寝室、いった。
すぐ私にも、膝に乗せて後ろから両手で揉んでる大成から耳元に、入った。
「いくのたいくん?・じゃこれ持っていく・じゃごめん・いってきまあす・」
バスルームで脱いでサービス、入った。
裸でローションのボトルで、入った。
「あああ・裸・あああ・巨乳輪・あああ・」
「巨乳輪はいやん・乳首ああん・」
閉めてドレスを落とすとピンピンに腫らした乳首が、ああん、揉んでしゃぶりつかれた。
乳輪ごとを吸い込まれながらも彼の裸をシャワーで濡らして温めて、サービス入りまあすって。
手のひらにボトルからたっぷり落として胸元でヌルヌル伸ばして、ああん、ローションプレイ。
ああん、こんなこと、ああん、ヌルヌル、気持ちいい、やらしい、ああいい、ああいい。
ふたりが言いあってもう虜で。
ヌルヌル両手で触りあって揉みあって、揉まれてなぞられて。
「いやんじゃないの・ここもコリコリ・」
「いやん・そこああん・はあん・」
ソファセットのサービスタイムから腫らしたクリトリスで私は、大きい声をあげた。

「いやんじゃないの・皆であんなことしてやらしいの・あああ・チンポ挿れさして・あああ・あああ・」
「やあん・あああ・ナマあ・あああ・あああ・」
私が壁に両手をつかされた立ちバックで彼が、挿れた。
コリコリ硬い18歳と私、またナマで挿れた。
「あああ・なか気持ちいい・あああ・ヤれるお店・やらしい気持ちいい・あああ・あああ・」
「あああ・ナマあ・コリコリい・もう好きい・好き好きい・あああ・あああ・」
私が手でカリを、裏側も丹念になぞるからだった。
いっぱいに反り上がる茎がビクビク動いて彼がもう挿れた、気持ちいいストロークになった。
「チンポばっかりスケベ女・あああ・なか締まる気持ちいい・あああ・あああ・」
「そんなのおっきいい・コリコリおっきいい・あああ・たいくんやらしいい・あああ・あああ・」
私は教え子と裸でこんな態勢で、なかで大きいとかカリがコリコリしてるとか声にあげて、恥ずかしい女だった。
先生の面目はもう無かった。
「あとでまた指名入れる・奥でベッドでいっぱい突いてあげる・ねえ?・ねえ?・」
「いれてえ・たいくんいれてえ・」
「もう付きあお?・もうふたりで逢お?・美也子お?・美也子お?・」
「逢う・逢う・あああ・コリコリおっきいい・あああ・あああ・」

なかが気持ちいいと私は、内緒で約束まで交わしちゃう女でした。
なかで最大ぺニスになると精子も構わない女でした。
「なかに出すよ?・イクよ?・イクよ?・あイク・ドクドク・ああん・」
「いいよお?・たいくんはいいよお?・あああ・あああ・」
そのままなかに出していいスケベでした。
そんなスケベは、お尻を持たれた腰でパンパン、パンパン突き上げられて、
「あはああ・ビクンビクン・あははああ・」
動物みたいにメスみたいに、裸でバックから精子を注入されました。


あんな事まで?エロ生中継!無料登録
179美也子 SCV33
05/28 06:59
女がいくから私も、いった。
いってきまあすって、男の子にサービス、いった。
私も奥の寝室ベッドでふたりともと、挿れた。
もう妊娠しない歳だからって還暦が18歳と、気持ちいい中出し、した。
高校卒業したての、コリコリ反り上がって、いっぱい硬くて、大きいカリ、ビクンビクンして、スポーツの体力、悠希くんのも大成くんのも。
女に指名が入ると妬いて、ダメダメ私よ?私よ?って。
ああん、美也子よ?美也子よ?って、年甲斐も無かった。
奥でふたりの、卒業したてのそれが挿いると燃えさかった。

ふたりも私には、巨乳輪とかホルスタインとか言って燃えた、むしゃぶりついた。
「ハァハァ・もう出ないと・美也子?・ん?・ん?・」
「ハァハァ・嫌ダメ・まだ嫌嫌・」
若い硬いのが挿いると私は、まだまだ離れない仕組み、甘えんぼになる仕組みだから。
まだまだ挿いったままがいい甘えんぼになっちゃった。
「ハァハァ・やっぱり美也子だよ?・巨乳輪だし・ん?・ん?・」
「いやんもお・熟女いっちゃダメもお・」
夕方のふたりで私、長い時間ボルチオにあたってイクイク泣いちゃった。
膣のなかでコリコリ硬いと私は、泣いてすがって甘えんぼ。
ふたりの胸元で、ビクンビクン、泣いて甘えんぼ。
「ほんとよ?・約束よ?・ほんとよ?・」
「ほんとにふたりで・あいつには内緒でふたりだけで・同窓会の次はふたりだけで・ちゅ・れろ・」
ふたりともになかに出されて、ふたりともに内緒で逢う約束なんて交わしちゃうスケベだった。
「日曜なら朝からいける・旦那いいなら夜までラブホしよ?・同窓会済んだらいっぱい愛しあお?・れろれろ・んああ・ビクビク・」
「いけるいける・日曜いくいく・ああん・動いちゃ嫌あ・はあん・」
ふたりともにそんなこと囁きあってメロメロになっちゃった。
「60よいいの?・若い子じゃなくていいの?・たいくんいいのいいの?・」
「いいよ・美也子のなかがいい・愛してる・」
「ああん・好きもお・じゃじゃ・彼女作ったら嫌あ・芳枝ちゃんとも嫌あ・ああん・ああん・」
指を絡めて見つめて、若い子みたいにときめいちゃった。
早く出ていかなきゃ女たちに叱られるし、今日だけじゃ足りなかった。

女たちも、奥から出てくる顔が、男の子につかまってしなだれてもうデレデレなんだから。
順番で皆も、ああん、いい、いい、男の子ふたりと燃えちゃった、挿れちゃった。
育美ちゃんも念願の大きい悠希くんに泣かされて幸せ。
彼女可愛いから私が妬いちゃった。
なかも小さいから。
私が独占したいのに、悠希くん大成くんの方はどうなの?、どうなの?って妬いちゃった。
育美ちゃんも気持ちいいの?、虜になっちゃう?って、ああん、妬いちゃった。
ハーレムみたいに抱いて揉んで皆と奥へいくんだもん。
女の膣のなかでこすれると嬉しいんだもん、男の子ったら。
「おかえりい・ああん・失礼しまあす・ああん・」
「ただいま・多恵子さんの番?・おっぱいおっぱい・あああ・あああ・」
済んで戻っても次の女が乗ってくれるから、指名を入れたら奥でさせてもらえるから。
もう止まらないの、勢いになっちゃってもう至福の一日なの。
そんなの私が、ずっと妬いちゃった。
いま裸で挿いってるの?、もう今日でダメよ?、もう今日で終わってよ?、皆をいくのはこれで終わってよ?
私のハートが可哀想だった。

ふたりとも若いからって女が、夜まで居て居てって欲張ってお店をした。
食事よりもナマでセックスしたい、裸でローションプレイもしたい。
ソファセットから指名でふたりきりになれるお店、したい。
こんなやらしいこと考えて私の教え子をいっぱい、いった。
自分の亭主よりもずっとずっと若いのを、いった。
大成くん悠希くんの方もこんなこと勃起して燃えちゃった、頂いちゃった。
ふたりのヒソヒソ話から、こんなお店とか風俗とか、触りまくり、母乳、熟女いける、いく、ナマ、気持ちいい、そんなのが私聞こえてた。
そして、ふたりの言う同窓会とは。

ゴールデンウィークにもうひとつ、私が男の子と約束、入れてた。


2人だけでオナ見せ合い そして秘密の…
180美也子 SCV33
05/31 07:51
ふたりを送っていくねって私、ふたりと電車に乗ってほんとは、悠希くんと大成くんに教えて?教えて?って。
同窓会は誰が来るの?って、大樹くん来るの?って、大樹くんにドキドキして私。
また皆でしちゃうの?、また皆でしたいの?、それにはいっぱいドキドキしてた。
だって場所がまた省吾くんのマンション、私が全部を塞がれるセックスにされたあそこ。
あんなことに、男の子はまたなっちゃう。
大きいふたりを見上げて私は、もう明後日の同窓会にドキドキしてた。

ふたりったら私の乳房を今日も母乳、母乳って勢いで吸いついたのに、育美さん、育美さんって彼女に虜になっちゃって。
もう可愛い、可愛いばかり言ってそれに、おかわりフェラもって、もお。
精子のあとに口で拭いてくれたって骨抜きにされちゃって、もおもお。
もうだったら明後日は彼女も誘っちゃおうって、道連れにしちゃった、帰宅してすぐ電話で誘っちゃった。

私たち今日も凄いことしちゃったね、ふたりでときめいちゃった。
年頃でスポーツの大きい男の子は凄いね、凄いねってときめいちゃった。
今日どうだった?って、なかで何した?ふたりと何した?って、育美ちゃんのプレイを言わせて、私もなかだったよってのろけて。
彼女ものろけるから、じつは明後日ね?って、同窓会ってあの子たちね?集まるよ?って。
それを教えちゃった。
私もナマでしちゃったよって、ギュウってなっちゃった、ふたりとも大きいからもうドキドキしたしたって彼女もスケベだから。
もう道連れにして構わない。

誰が来るの?皆来るの?、悠希くんと大成くんとあとは誰?誰?って、彼女ったら。
えっ?大樹くんも?省吾くんも?、ああん、どっちもおっきい、かっこいいって、もう男大好きのスケベ。
どこで?ランチ?、えっ?朝から省吾くんちなの?、あああ、またエッチ?、えええ?、4人と2人でエッチ?、美也子ちゃんエッチ?エッチ?
あああ、美也子ちゃん?、あああ、そんなこと考えてたの美也子ちゃん?美也子ちゃん?
勢いで食いついた。
旦那と、高大へ同時に進学の子どもが居るのに、食いつくスケベ。

彼女を食いつかせて、そして私たちは。
電話でドキドキしあった、させあった。
「育美ちゃんいまね?・なかでいまもね?・ふたりのがトクンしてる・」
「ああん・なかに出したの?・ふたりともに中出ししたの美也子ちゃん?・ああん・ねえねえ?・ああん・」


オナニー見せ合い!貴方の前で開く女達
181美也子 SCV33
06/07 23:34
電話で、ふたり。
ねえ?ねえ?、ああん、ああんって。
歳がいくと女はときめいちゃうから。
女同士だと電話でも、ふたり。
またスケベになった。

そんなの美也ちゃん?出るときドクドクって美也ちゃん?って。
そうよドクドクって育美ちゃん?ふたりともドクドクって育美ちゃん?って。
ああん、そんなの気持ちいい美也ちゃん?美也ちゃん?って。
男の子ったらね?美也子、美也子って呼び捨ててね?いくよいくよって奥にね育美ちゃん?奥にね育美ちゃん?
いやん、ああん、私も私も、育美、育美って。
ああん、なかは気持ちいいからダメ、ダメ。
そして、コリコリで反応した、止まらなくなった。

ねえねえ?うちの子たち若いからコリコリするでしょ?なかでコリコリ、コリコリするでしょ?
ああん、するする、旦那よりもするする、コリコリってするする。
旦那じゃないコリコリが要るでしょ?お外でコリコリ要るでしょ?要るでしょ?
ああん、要る要る、要る要る。
ねえねえ?あの子たち挿いった瞬間コリコリしてドキドキするでしょ?するでしょ?
ああん、するする、ビクビクするする。
何がビクビクねえ?何がビクビク硬いのねえ?何が何が?言って言って?
ああん、おちんちんが、おちんちんが。
ほら、男の子の言い方あるでしょ?チンポ。
いやん、チンポ、やらしいもお、やあん。
あの子たちおっきいよね?チンポ。
うんうん、おっきい方よ?皆よ?、カリももうドキドキする、するする。
挿いった瞬間、んんんってなるよね?
なるなる、ああん、ああん。
歳がいくと恥じらいよりも自分の性欲を優先しちゃうから。
だからふたりで、止まらなかった。

聞いたよ育美ちゃん?おかわりフェラ?
いやん、おしゃべりもお。
口で拭いてるんだ?やらしいことしてもおもお。
皆に言っちゃ嫌よ?嫌よ?美也ちゃん?美也ちゃん?
わかってる、私もね?あのね?
あの子たち穴兄弟よ?皆私で兄弟よ?
皆精子で兄弟よ育美ちゃん?
ああん、皆としてるの?、何してるのやらしいもお、美也ちゃんったらもおもお。
あの子たちが卒業してく前にね?省吾くんちでね?皆とね?
同時に挿いっちゃった、内緒よ?、挿いっちゃった。
えっ?えっ?、そんなことしてるの?、ああん、スケベ、スケベ。
それって、お尻も口も同時にチンポ?、ああん。
全部にチンポ、ダメそんなにチンポ、ダメ、ダメ、ああん、ああん。
そうよ?、同時にチンポ。
全部コリコリ、チンポコリコリ、コリコリ。
ああん、スケベ、スケベ。
そうよ?そうよ?
ああん、はあん。

スケベは釣れた。
そのコリコリの4人がね?って。
また省吾くんちにね?って、明後日あることを教えて彼女を釣った。
ああん、それいく、美也ちゃんいくいく。
いくいく言ってスケベだから明後日のそれに連れていってあげた。
男の子たちのなかに、入れてあげちゃった。


無料体験!可愛い女性のオナ見た事ある?
182美也子 SCV33
06/15 23:40
60歳と46歳がときめいてごめんなさい。
ゴールデンウィークの最終日にまた朝から、いっちゃいました。
「ああん大くうん。省くんもおかえりい。大学でたくましくなってもお。おかえりい。おかえりい。」
「ああんママ可愛い。久しぶりに、乳でかい。」
ごめんなさい、私もニットの胸を揺らして久しぶりの大樹くん省吾くんにいっぱいに背伸びしちゃいました。

「いやんもお。上着ててもお。」
「いいのいいの。ああんいい匂いするママ。」
「やあん。女の子の裸ばかり省くんもお。」
「ああん育美さん可愛い。ああん細い可愛い。」
育美ちゃんとまた私、省吾くんのマンションに、イン。
女の子の裸のポスターのなかに、イン。
大樹くん省吾くん悠希くん大成くんの4人のなかに、私に同時挿入した4人のなかに、ふたりでイン。
4人ともがジャージで居た、上はもう脱いで裸で居た。
「なあに?教えて?もう皆がなあに?」
「チンポ勃ってる。ママたちにもうチンポが。」
「いやんもお。」
4人ともが自分のなかに手を入れて、ああん、勃起してた。
女を抱いて耳元で、ああん、触って?触って?って、囁いた。
4人ともが自分のなかで根元へ根元へしてた。
「省くんったらこんな部屋にしてやらしいもお。男の子ったらもお。」
「育美ママはこっち。ああんいい匂いする。触って?触って?ちょっとだけお願い。」
育美さんの46歳誕生日を俺らがしてあげるとか、大樹と省吾が地元へ帰ってくるからママも同窓会しようとか、そんなこと言って女を部屋へ上げて、ほんとはそうじゃなくて。
女を揉んで吸いついた、埋まった。
匂いを嗅いで勃起させてまたソファでプレイに、した。
股がり乗せて女の太股とお尻、乳房と乳首だった。

「いやん・ああん・すぐ抱っこ?・すぐ抱っこ?・ハァハァ・ハァハァ・」
「そう・すぐ抱っこ・ママたち可愛いから・ハァハァ・ハァハァ・」
「んもお・ああん朝からお部屋・ハァハァ・ハァハァ・」
女もときめいて揉ませた、ニットとスカートのなかも。
ブラもパンティも、そのなかも。
なかを揉まれて耳元で囁かれると女もドキドキした。
「ああん・じかああん・」
「ああん乳首でかいちゅぱあ・省吾あれ入れて・もうあれ観ながら・ハァハァ・ハァハァ・」
男の子たちが1分ずつ、1分ずつって燃えさかって、女が順々に股がってなかを揉まれて、そこで大画面のテレビに。
再生にされて辱しめを受けた。
私たちボンバーズがDVDに焼かれて4人に廻されてた。
「何してるのもお・そんなの作っちゃ嫌ダメもお・」
「何言ってるの皆可愛いよほら・育美さんも悠斗につかまって可愛いよほら・ハァハァ・ハァハァ・」
雪のお城を4対4でデート旅行のムービー映像。
夜の女のランジェリー姿に、お布団で裸のツーショットも、写メ静止画とムービーで焼かれてた。
私がバスルームからビキニ姿で登場も大画面に映されて、それは大樹くんだけに頑張ったはずなのにだった。
ムチムチとかホルスタインとか、すーぱーぽちゃ子?、私のショットはそればかり言われて一時停止にされた。
そして、まだ辱しめが。
「もう一枚観る?・ねえ下も脱ぎ脱ぎしようママ?・俺の脱がせてママ?・ハァハァ・ハァハァ・」
「もう一枚何?・いやん脱いじゃダメ・ねえダメダメああん・」

DVDをチェンジされて2枚目の中身は、
「これやああん・あああ・下はダメ・あああ・あああ・」
「ほらちゃんと観て?・ああんもうパンティは要らない・あああ・くっついた・あああ・あああ・」
自分たちのぺニス集だった。
自分たちの最大だった。
ああん、寝そべってやらしい顔してる、こんなの自分で撮ってる。
そのショットがどんどん切り替わって、耳元でチン写メだよって囁かれてなかを揉まれて。
DVDの2枚目で下を脱がされて脱がれて、ああん、コリコリあたった。
ああん、1分ずつ皆と、じかになぞりあいにされた。
「こんなの作ってひとりで観て男の子は・あああ・あたってるう・いっぱいあたってるう・あああ・あああ・」
「一時停止して育美さんで・俺は育美さんで・あああ・可愛い・ハァハァ・ハァハァ・」
育美ちゃんも耳元に言われてなぞられた、崩れた。
私も、
「女にこんなの観せて・あああ・コリコリい・あああ・あああ・」
「ほらチンポ勃ってる?・どう勃ってる?・ああんちょっと挿りたい・ちょっとだけママのなかに挿いりたい・」
コリコリなぞり動かれて、久しぶりの大樹くんが好き好きで、崩れた。

「ええっ?・へえっ?・どうするのどうするのお?・奥いく?・あああ・あああ・」
「ちょっとだけもう・あああ・あああ・」
4人ともが裸で女となぞりあうと我慢ができなくて、もう。
女を密着で抱かえたソファで、もう。
挿れた。
1分ずつナマで、挿れた。


本気の出会い探す?なら実績と宣伝のココ♪
183美也子 SCV33
06/21 07:04
「ちょっとだけ何?・えっ?・あああ・あああ」
「ママのなか・あああ・美也たんのなか・あああ・あああ・」
「育美たんのなか・あああ・狭いきつい・あああ・育美たん可愛い・細い可愛い・あああ・あああ・」
美也子ママは悠希くんから、育美ママは大樹くんからナマ挿入、でした。
息子たち4人がママ、ママって可愛い言い方になって、じかになぞりあえたらもう挿れたくて、耳元でねだりました。
チンポ挿れさしてって。
なかでくっつきタイムって。
俺も俺もって。
じゃ1分ずつって。
ママたちは廻されました。

髪巻いてイヤリングに香水も、年甲斐もなくときめいてきたママたちのスカートのなかで、1分ずつ。
ああん、ああんって気持ちいい顔でした、ママたちと密着抱っこして皆皆、嬉しいタイムでした。
「ああん・ママのなか気持ちいい・ああん・美也たん・乳も乳も・はうん・」
「こんなことやらしいもお・ああん・はあん・」
「もうヤバい・もう出る・なんで育美たん・可愛いから育美たん・お願い育美たん・」
「なかダメ・ほんとにダメ・ああん・はあん・」
2巡目で大成くんが、美也子ママのなかで出ちゃいそうで、替わった育美ママのなかで出しちゃってママを泣かせちゃいました。
ママはナマはいいけどそれはダメっていってるのに、男の子ったら気持ちいいから。
大成くんが叶うと皆も解禁みたいに、悠希くんの硬いコリコリも美也子ママのなかでドクドクって。
大樹くん省吾くんも俺も俺もって、美也子ママのなかで。
ああん、ああん、言いました。

ふたりのママは、言いなりでした、従順でした、可愛いと言われて天に昇りました。
大きい息子たちに甘えられて、なかでくっつきタイムって。
そんな可愛い言い方にされてママはなりきり、しました。
ふたてに分けられてラブラブタイムも、しました。
育美ママの裸は奥の寝室へ、イン。
美也子ママの裸は隣の号室へ、イン。
隣は省吾くんの兄宅で、旅行で居ないからって。
どちらのママにもローションのボトルが付きました。
息子たち4人は裸でいきたい方へ、好きに入れ替わることができました。
奥のベッドでは可愛い声で育美ママにしがみついてもらえて、ベトベトになっちゃったペニスも口で綺麗綺麗してもらえました。
頬張って搾りとってくれる育美ママの顔がいとおしくて皆皆、虜でした。
隣の号室では肉をムッチリ蓄えた巨乳輪、ホルスタインのおっとり甘えんぼママ、美也子ママが裸でした。
バスルームでヌルヌル抱きあって揉んで口づけて、そのまま挿いっていい優しい優しいママでした。
挟んでも何しても、出ちゃうなら好きなところで構いませんでした。
皆皆立派なオトナになってよ?ほんとよ?ほんとよ?、優しいママたちに同窓会は燃え盛りました、大きな息子たちが可愛いごっこへ移りました。

中出しごっこって。
孕ませごっこって。
オトナの3Pごっこ、4Pごっこって。


[1]前へ次へ[3]
/17

書く|更新|

今日:4/昨日:30/累計:12789
大人の秘密デパート
無線動具 無線動具 動珍棒 動珍棒 テンガ
秘媚薬 小珍棒 テンガ 特価品 新入荷
アダルトグッズ[アナシー]
ワクワク

☆猥褻な事が好きな方♪
☆淫欲な性癖が集まる場
【本能の館・エロ屋】
本能の館
最新猥褻投稿
下ネタ猥談
淫欲投稿板
アダルトエロ屋
猥褻事件簿


スレッド一覧