SM具タランチュラ
PCMAX PCMAX

☆エロエロ好きさん♪
人口女性器

☆マニアとフェチのサイト
【無料アダルトエロ屋】
エロ屋トップ
エロなお話
エロニュース
フェチの部屋
マニアの部屋
排泄汚物部屋

風呂盗撮動画毎回更新
▼無料で短編動画10万本以上閲覧OK!

アダルト動画検索(18禁) 短編無料閲覧!

アダルト動画 DUGA


最初から見る 最新から見る
面白いと思ったら⇒投票する
■現在の投票数:137
変態親父の性旬ヒストリー〜思春期編。
1変態親父 W65T
12/07 10:30
今から遡れば証5の時の出来事で…珍個に毛が生え始めた証5のワタクシは、駐2の姉ちゃんと一緒に風呂に入っておりました…いつものように脱衣所で服を脱いでパンツを脱いで全裸になった時…『あらぁ、生意気に毛が生えているわ』ジャージ姿の姉ちゃんがワタクシの珍個を指差してからかってました…とりあえず自分の衣類をカゴに入れて浴室に…目の前では姉ちゃんが下着を脱いで全裸になっていた…先に浴室に入ったワタクシが、そそくさとカラダを洗っていたら『別に隠す事ないでしょ!』アタマをポンと叩いて笑顔を振りまく姉ちゃん…それまで気にする事は無かった姉ちゃんの裸…少し横目で見つめた姉ちゃんのオッパイはしっかり膨らんでいて、ちゃんとアンダーヘアーが生え揃っている…その時ほんの一瞬だけ姉ちゃんと目が合ってしまって、直ぐさま目を逸らしたワタクシ…腰掛けに座ったまま立ち上がれない…『えっまさか…』珍個にムズ痒いような感じが…』姉ちゃんに背を向けているのは見られたくないから…カラダを洗っていた姉ちゃんが『アタマ洗うからそのままね!』シャンプーを垂らしたアタマをゴシゴシ洗いながら『ちゃんと毛が生えてきたかぁ…どれどれ』後ろから珍個を覗く姉ちゃん…シャンプーの泡を流してる時だったので…ジックリと見られてしまう…シャンプーしていた時…背中に姉ちゃんのオッパイが当たって柔らかな感触が伝わった時に感じた『ムズ痒いような感じ…』それが『勃起』と云うものだと…湯船に浸かってる時に姉ちゃんがシャワーでカラダを流しながら『別に見られたって恥ずかしい事は無いでしょ!』ワタクシの前でオッパイもヘアーも隠しもせずに笑顔を振りまく姉ちゃんに何も言えずただコクッと頷くだけだった…先にワタクシが浴室から出て、カラダを拭いて、そそくさとパンツを穿いていたら、姉ちゃんも出てきてカラダを拭き始める…替えのパンティを取り出しながら笑顔のまま『あんまり見るな!エロガキ!』オッパイを揺らしながら水玉模様のパンティを穿いていた…ブラジャーのホックを留めている姉ちゃんが大人に見えた…続く。
ツイート

書く|更新|
返信数:54件

46変態親父 7.1.1;
04/11 21:57
変態親父の性旬ヒストリー〜高校編
やはり…性旬に雨は付きものなのか…?
ポツポツと降り始めた雨は次第に強くなって、遠くの方では雷が光っていた…何はともあれ、どっかの店の軒先でも雨宿り出来るんなら…と、商店街の手前のバス停の小屋にたどり着いて、雨宿りするワタクシと亜希ちゃん…時計の針は午後の2時…田舎の県道沿いのバス停…1時間に1本か2本しかない便数…朝夕はそれなりに満杯になるが、真っ昼間の時間帯だと年寄り数人しか乗っていない…乾きかけていた髪が濡れてしまった亜希ちゃんが「まーだ止みそうにないよね…」と呟いた時…
ふと、ボンヤリと眺めていた古びた看板…それは「hotel」の看板であった…もしかしたら…この雨は…恵みの雨なんだろうか…「たぶん、こんな雨じゃ商店街の祭りも中止かなぁ…」と亜希ちゃんに答えたワタクシではあったが…最悪バス停に自転車を置いて、バスで帰るか?それとも…「hotel」で、雨宿りの続きをシッポリと…どちらを選ぶか…迷った末に「亜希ちゃん…自転車の鍵ロックして…あそこで雨宿りしようか…」と…。
「hotel」の看板を指差しながら云うワタクシに「…うん…いいよ…」と頷く亜希ちゃんの手を握り…道路の反対側の看板の方へ向かって走って行くワタクシ…雨のなか走ること100メートル少々で到着…「hotel…宿泊円…休憩円…全室露天風呂付き…etc.」の案内看板の脇に「御用の方は…」と記されている呼び鈴のボタンを押す…「いらっしゃいませ…ご宿泊ですか?ご休憩ですか?」いかにも町の外れの古びたhotelの…とでも言えるよなチーを彷彿させる色眼鏡のババァが出てきた…「休憩で…」と告げ、休憩の料金3000円を渡して部屋の鍵を手渡される…「ごゆっくり…」と少し怪しげな笑みを浮かべるババァが不気味な感じであったが…そんな事どうでもいいベ…と、部屋の中へ入るワタクシと亜希ちゃん…
お互いに初めて踏み入れた空間…戸惑いを隠せないのは仕方ない…何はともあれ…「服、濡れたまんまだと…脱いで乾かしたら?」「…うん…そうだね…」そそくさと脱いでブリーフ1枚になったワタクシの横で、ワンピースの後ろのファスナーを下ろし始める亜希ちゃん…少しずつ紅潮していく顔が堪らなく可愛らしい…淡いクリーム色のミニ丈のスリップからチラッとのぞくパンティも同じ色であった…床に落としたワンピースを拾い上げてハンガーに掛けている亜希ちゃんを抱きしめるワタクシ…キスしてから「お姫様抱っこ」して、ベッドに寝かせる…「あっ…恥ずかしい…」スリップの裾を捲るワタクシ…そのまま上に捲り上げてスリップを剥ぎ取って、亜希ちゃんをブラジャーとパンティの姿に…スリップと同じ色の可愛らしいレースのブラジャーとパンティ…女子高生になってからは見えない部分にも、ちゃんとオシャレをするようになってるんだな…と。ブラジャーを外そうと背中に手を回した時、真っ赤な顔で目を閉じていた亜希ちゃんが…「シャワー浴びてきていい…?」と言ってきたので、「せっかく露天風呂も有るんだから…一緒に入ろうよ…」はじめは「恥ずかしいから…ヤダ」の一点張りだった亜希ちゃんも「後から入るから…広ちゃん、先に入ってて…」と、混浴タイムに突入する…まだまだ時間は有るし…いざ露天風呂に浸かりながら亜希ちゃんが入って来るのを待つ事にするワタクシ…続く。

女とヤリたい?本当?ハイ即入室!
47変態親父 7.1.1;
04/16 21:33
変態親父の性旬ヒストリー〜高校編
雨宿りの名目でシケ込んだhotel…
昨日も家でエッチはしていたけれど、翌々日には亜希ちゃんが女子高の寮に帰ってしまうので…だからこそ…
「先に入って待ってて…」と露天風呂での混浴をOKしてくれた亜希ちゃん…なかなか入って来ないので、「雨も小降りになったし、気持ち良いぞ!早く入っておいでよ!」と急かしてみるワタクシ…いざ露天風呂に登場した亜希ちゃんはバスタオルで躰を隠しながら入って来た…「コレだと怒るかなぁ…」とモジモジしながらバスタオルを除けた亜希ちゃん…水着姿であった。プールで着ていたスクール水着姿ではなく、ビキニの水着の亜希ちゃん…ココロの中では「それは反則だ!」と叫んでいたけれども、思わぬサプライズに「おぉ〜っ!良いねぇ〜亜希ちゃん!」オレンジ色の花柄のビキニが程良くムチムチな躰に似合っててキュートな感じ…
「さぁ入って入って…」と、湯船に浸からせる…本当はプールで着ようと思ってだけど、ビキニだとウォータースライダーでおっぱいポロリの心配もあったし、恥ずかしかったから着なかったようだ…「やっぱり…反則だったかな…」と顔を紅潮させる亜希ちゃんに「反則じゃないけど…躰を洗う時は脱がなきゃダメだよね!」とビキニのブラ越しに胸を指で押してイタズラするワタクシ…「あっ…広ちゃん…」「まずは上から洗ってあげるからね…ブラジャーは取りましょうね!」腰掛け(もちろん助平椅子!)に座らせて、首から肩へと洗って…背中〜乳房を洗った後に、いったん亜希ちゃんを立たせて、パンツも脱がして腰〜お尻へとスポンジで丁寧に洗ってあげる…軽く乳房を揉みながら脚を開かせて、太腿を洗い、女の子の恥ずかしい部分も洗ってあげていたら「あぁ…恥ずかしい…」乳首が固くなって、割れ目ちゃんがヌルヌルに…躰の泡をシャワーで流した後でも亜希ちゃんの恥ずかしい部分はヌレヌレの状態になっていた…「もう…広ちゃん…イヤラシイんだからぁ…」真っ赤な顔で下腹部をタオルで隠しながら風呂から上がっていく亜希ちゃん…感度も日に日に良好な女の子になっている…ワタクシも風呂から上がって、いざ「仕切り直し」今度はベッドでシッポリと…ベッドに腰掛けていた亜希ちゃんはミニ丈のバスローブを纏っていた…
軽くキスしてから、ゆっくりバスローブのウエストの紐を解いて前を開けると…パンティだけは着けていた亜希ちゃん…乳首に舌を這わせて、パンティの中に手を入れると…しっかりヌレヌレになっている…「あぁ〜ん…イヤッ…」たっぷり、じっくり亜希ちゃんのパンティの中身を弄りながら「もうパンティまで濡らしちゃっているよ…汚れちゃうから脱がなきゃね…」「あぁ…やぁ〜ん…下は見ないで…」お互いに全裸になって再びキスをするワタクシと亜希ちゃん…この空間では…ベッドの中では下着を着けている事が不自然なのだ…脚を開かせて下腹部に顔を埋め、恥ずかしい部分に舌を這わせていくワタクシ…だんだん亜希ちゃんの息が荒くなり喘ぎ声が漏れている…

最初は女友達 ⇒ やがて♀豚調教実践!
48 iPhone ios10.0.1
04/17 09:42
おはようございます
続きを一気に読んだら
俺も昔を思い出し
勃起が収まらずもう仕事をやる気にならなくて(#^.^#)

目の前で見れる女性のオナ!今スグ無料体験
49変態親父 7.1.1;
08/23 00:02
忘れられてた頃に再び、精旬ヒストリー再開…とゆー事で、すんません
仲良く露天風呂に浸かって、いざベッドでシッポリと…
裸で抱き合う亜希ちゃんとワタクシ…
何回もキスして、まだ濡れたままの髪の亜希ちゃんのカラダをシッカリ撫で回すワタクシ…
息が粗くなり乳首が固くなってきた亜希ちゃんの恥ずかしい部分に指先を充ててみる…「あっ…ン…ん…」
「亜希ちゃん…可愛いよ…」まだ挿入せず、ジックリと亜希ちゃんのカラダを愛撫しているワタクシ…
「休憩3時間」迫り来る時間のなかで、キスしたり抱き合う事が何だか愛おしい…やる気満々なはずなのだが…再び亜希ちゃんにキスして抱きしめていた時に…うっすらとではあるが「挿入」だけがセックスではないんだろうな…と感じたワタクシ…髪を撫でていた時に亜希ちゃんがスヤスヤと眠っていた…チェックアウトまで、あと1時間ちょっと…このまま時間まで亜希ちゃん寝かせる事にする…ワタクシの腕枕でスヤスヤと…無防備な寝顔の亜希ちゃんが愛おしい…自分もウトウトしかけていた時に予めセットしておいたアラームが鳴り、亜希ちゃんが目を覚ます…チェックアウトの30分前。
「アタシ寝ちゃって、ゴメンね…」裸のままで寝顔を見られていた恥ずかしさもあってか、顔が少しばかり紅潮していた亜希ちゃん…起き上がってパンティを履こうとした時に「恥ずかしいから、そんなに見ないでね…」
もう「現実」に戻る時が迫ってるんだな…と。
既に服を着ていたワタクシは、亜希ちゃんのブラジャーのホックを留めてあげた…ワンピースを着終えて、パーカーを羽織った亜希ちゃんの髪を束ねる仕草が艶めかしく目に映る…窓を開けて外の様子を伺うと、雨は上がっていた…「さっ、帰ろうか…」hotelを後にして、自転車を留めてきたバス停へと歩く2人…
再び、自転車で走り出して家路につく道中で橋の向こう側の商店街の灯りが見えてくる…もうすぐで夏休みの一度だけのデートタイムが終わる…商店街に差し掛かりバイトしてる新聞屋の前に行くと「おぉ〜広〇!盆踊り中止になっちまったから、みんなでバーベキューにしたんだ!彼女も一緒に寄ってけ!」茹で蛸みたいな顔で半分出来上がってる新聞屋のオヤジに呼び止められて寄ってく事に…他の大学生バイトの連中やパートのオバチャン達に冷やかされながら、飲んだり食ったりしていたら、まさかの…亜希ちゃんのオカンがスイカを持って登場…「あっ、広ちゃんに亜希、お帰り!ま〜ったく、良ちゃん相変わらず酔っ払ってるね!アハハッ!ホント茹で蛸みたい!」ほんの一瞬だけ酔いが覚めたかのような顔になった新聞屋のオヤジ「えっ…何だよ…広〇の彼女って…祥子ちゃんの娘だったんかい…」
始めの顔合わせ直後の会話で、亜希ちゃんのオカンと新聞屋のオヤジは同級生だったのが判明…新聞屋のオヤジに「デートの軍資金の前借り」を亜希ちゃんのオカンに暴露されてしまう羽目に…周りはもとより亜希ちゃんのオカンが大爆笑…新聞屋のオヤジ曰く「駅前で見かけたとき、なーんか誰かの面影しょってる子だよな…と思ってたんだよな…バレーやってたときの祥子ちゃん男子にも女子にもモテたもんなぁ…」
「そーいえば…良ちゃんは、ほぼ毎日のように職員室に呼び出しだったよねぇ…そんでも弱い者イジメはしない人だったよ…」亜希ちゃんのオカンの暴露話が面白すぎて盛り上がった大宴会に…しかし、オカンも一緒だと亜希ちゃんとくっつきにくいのは仕方ないけど…悶々とした気持ちは家に帰ってから慰めるしかない…スイカを頬張る亜希ちゃんのパンチラをアタマにインプットしながら平静を保つ(…?)ワタクシ…大宴会が終わって亜希ちゃん母娘を見送ってから、ワタクシも家に帰って
明日のバイトに備える…その前にhotelで発射出来なかった「不発弾」を処理して…明日から冬休みまで「オナニー三昧」の日々に憂いを感じながらも…続く

オジサンでもエッチ相手探せます
50 iPhone ios10.0.1
08/23 13:23
>>49
未挿入
残念でした(#^.^#)


貴方だけに見せてくれるオナと秘密のアソコ♪
51変態親父 7.1.1;
01/04 12:34
こちらは長らく休んでおりましたが…不定期の更新になってしまいますが再開してみます!
充実した(…?)夏休みが終わって、2学期がスタートして…新聞屋のバイトをして、学業と部活に励む毎日の若き日のワタクシ…亜希ちゃんが帰省する冬休みまでは「オナニー三昧」な日々を過ごしてましたが…
予期せぬ事件が起きてしまいます…新聞屋のバイト仲間の女子大生とエッチしてしまうなんて…だんだん秋が深まる10月の半ば頃、せっせと働いて貯めたバイト代を叩いて、亜希ちゃんの兄貴のFXを買ったワタクシ…
すっからかんになっても、めげる事なくバイトに励む…
ある日曜日の部活帰りの夕方にFXでぶっ飛ばしていたら、駅前のバス停の先に見覚えのある女の子に気付く…同じ新聞屋でバイトしている晴美サン(19)と遭遇する…
クラクションに気付いた晴美サンが足を止めて「あっ宏クン…バイク買ったんだね…」とにっこりと笑う…
バス停から晴美サンが住んでいる新聞屋の寮になってるマンションまでは1キロ近くあるから…まぁいいベ…とゆー事で「コイツで送ってあげますよ!」と、FXの後ろに晴美サンを乗せて…直管の音を響かせながら、無事に(…?)晴美サンの住むマンションに到着…晴美サンがFXから降りて、さぁ帰って何すんべ…と帰ろうとしたら「お茶っ葉してく時間はあるでしょう?上がっていって…」言われるままに階段を上がって2階の晴美サンの部屋にお邪魔することに…

女とヤリたい?本当?ハイ即入室!
52飛ばし屋 iPhone ios11.0
01/04 23:23
変態親父さんは、「思い出のパンティー」の変態親父さんと同じなんですか?

楽しい経験してるなー



目の前で見れる女性のオナ!今スグ無料体験
53名無し iPhone ios11.1
01/05 10:07
>>51
おはようございます
バイクの振動でヌルヌルになった晴美さんの股間
直ぐにでも挿入できるかもですね(#^.^#)


貴方だけに見せてくれるオナと秘密のアソコ♪
54変態親父 7.1.1;
01/14 23:06
暫し、サボってましたが…再開致します
言われるままに上がり込んだ晴美サンの部屋…8畳のワンルームの中は、タンスとベッドと小さなテーブル、テレビが有るだけのシンプルな部屋であったけど…窓際に衣類や下着が干されたピッチハンガーに生活感が有る部屋でしたが…姉ちゃんの部屋以外の女の子の部屋に何か妙なエロ目線になりつつも平静を装うワタクシ…
晴美サンが出してくれたアイスコーヒーを飲みながらも…窓際の洗濯物の下着に目が…「見た目の割には…派手なの履いてるんだな…」勝手に頷きながら、紫やブルーのパンティを見て見ぬフリをするのに四苦八苦…シャワーを浴びて着替えて来た晴美サンに悟られてしまったのか?そそくさと窓際の洗濯物は撤去されてしまいました…少しの沈黙の後、晴美サンに「彼女とは…」と突っ込まれて、たわいない話をしながら時間が過ぎて…何本か缶ビールを飲み干して出来上がってきた晴美サン…いきなり背後から「彼女にしてる事…してもいいよ…」と…
単車の後ろに乗ってた時に感じたのと違う感触…晴美サン…ノーブラなのが判るくらい、ムニュ…という感触に理性が壊れ掛けてくる…「アタシ…可愛くないしさ…」
背後から抱きつく晴美サンの絡みついた腕を解いた時に勢い余って、押し倒してしまった体制に…宏クン…優しくね…」真っ赤な顔で呟く晴美サンにたじろぐワタクシ…「今日だけだからね…」の約束のもと…晴美サンとキス…Tシャツを捲り上げて乳房を露わに…亜希ちゃんほどデカくないものの形の良い美乳な乳房を揉んで、乳首にキス…お互いにまぐわいながら、ワタクシもパンツ1枚の姿になる…「あぁっ…恥ずかしい…」女子高生が履いてるような純白のパンティを脱がそうとしたら顔を強ばらせている晴美サン…「実は…アタシ…だから…」まさかの…処女だった晴美サン…目の前に居るのは、いつもの男勝りな姉ちゃんの晴美サンじゃないから、余計にたじろぐワタクシでしたが…躊躇いながらも晴美サンの純白のパンティを剥ぎ取って全裸に…「彼女にしてる事…して…」の了解のもと…晴美サンの脚を広げて「女の子の恥ずかしい部分」に顔を埋める…意を決してワタクシもパンツを脱いで全裸になり…再び晴美サンの唇を塞ぐ…いくらなんでも「彼女にしてる事…してもいいよ…」と言われても…「挿入」は出来ないなと…「行為」はせずに、裸のまま晴美サンと抱き合う事だけに留まる…お互いが「現実」に戻る直前に…「裸じゃ恥ずかしいから…下着は着けさせてね…」と呟いた晴美サンから「ぎこちないながらの…お口でサービス」を受けて「暴発」してしまったワタクシ…その後、家に帰って亜希ちゃんに懺悔しながらも…晴美サンのパンティの中身(JS高みたいな極薄なアンダーヘアな▼…)を思い浮かべながらシコシコ(´ヘ`;)ハァハァ(´ヘ`;)して…翌朝、起こしに来た姉貴に「パンツくらい履いて寝ろ!バカ!」とどやされてた
若き日の変態親父でした…

スマホで調教?貴方の命令で脱いで開く
55飛ばし屋 iPhone ios11.0
01/14 23:20
>>54
続きを待ってます


[1]前へ次へ[3]
/6

書く|更新|

今日:8/昨日:0/累計:6311
大人の秘密デパート
小珍棒 秘媚薬 偽満穴 偽満穴 偽珍棒
偽珍棒 艶下着 薄珍袋 sex恋人 特価品
アダルトグッズ
イククル

☆セクシースタイル♪
極エロ下着

☆猥褻に!淫欲に!
【オナおかず本能の館】
本能の館トップ
人気投稿紹介
下ネタ猥談
淫欲投稿板
夜這い寝込み悪戯
スカトロ汚物マニア


スレッド一覧