SM具タランチュラ
PCMAX

☆エロエロ好きさん♪
人口女性器

☆マニアとフェチのサイト
【無料アダルトエロ屋】
エロ屋トップ
エロなお話
エロニュース
フェチの部屋
マニアの部屋
排泄汚物部屋

近親相姦動画毎回更新
▼無料で短編動画10万本以上閲覧OK!

アダルト動画検索(18禁) 短編無料閲覧!

アダルト動画 DUGA


最初から見る 最新から見る
面白いと思ったら⇒投票する
■現在の投票数:144
1ゆうへい
10/22 16:38
おととい妹とヤりました。

俺は18歳の高校卒業仕立てのフリーター。

俺ん家はお母と妹と俺の3人暮らしで、お母は看護婦なので夜勤で夜にいない時が多い。

さやか(妹)は今高2でスカートも短く学校ではモテているらしく、胸もCカップと適度にデカイ。

俺がさやかに興味を持ち始めたのは6月の始め。

その日、お母は夜勤、俺は深夜のバイトだった。

でも俺は体調がすぐれず、11時に上がらせてもらった。

家に帰ると見たことのない靴があった。

どうやら男の靴らしい。

どうせさやかの彼氏だろうな…

そう思って邪魔をしたくなかったので、友達の家に行こうとして玄関を開けた。
そのとき、妹の声が聞こえた。
ツイート

書く|更新|
返信数:12件

2ゆうへい
10/22 16:39
気になってこっそりさやかの部屋の扉の間から、中を覗いてみた…

するとさやかはベッドに座り、ブラウスをはだけて肩を出して、ピンクのブラに包まれた胸をさらけ出していた

スカートの中には彼氏であろう男の顔がうずめられていた。

男はさやかと同じ学校の制服を着ていた。

ベッドの横にしゃがみこみ、さやかの真っ白な太ももを撫で回しながらクンニしている。

さやかは感じているのか『あっあぁんかず先輩…もぅ…っ』と喘いでいる。

どうやら同じ学校の先輩らしい。

最初は女友達 ⇒ やがて♀豚調教実践!
3ゆうへい
10/22 16:40
座位で挿入し、男はさやかの腰を自由自在に動かしていく。

さやかはされるがままに腰をふり、男に抱きついていた。

しばらく激しい動きを続けて、

さやかは『あ…もぅだめぇ…イ…イっちゃうよぉっ…』と言い、イってしまった。

男もイったようだ。

男はぐったりして寝ているさやかを抱き上げ、体を丁寧に拭き、抱きしめたままベッドに入った。

俺はあまりにも幸せそうな二人を見て、さやかが憎らしくなってきていた。

俺はいてもたってもいられなくなり、部屋を出てバイクで走り、夜が明けるのを待った。

貴方だけに見せてくれるオナと秘密のアソコ♪
4ゆうへい
10/22 16:40
本当はバイトの上がりが3時なので、朝まで待つ必要は無かった。

さやかもそれを知っているから、それまでには彼氏を帰すなり何なりしただろう。

でも帰れば自分の欲求に負けそうな気がしたから帰らなかった。

早朝5時過ぎ。

帰宅するとさやかはリビングのソファーで寝ていた。

おそらく水を飲んでそのまま寝たんだろう。

キャミソールに短パン、ツヤツヤの長いウェーブのかかった髪、真っ白で甘そうな肌、長過ぎるほどのマツゲにプルプルの唇…

よく見ればたまらなく美人だった。

それは今までただの妹としか思ってなかったさやかを、初めて女として見た瞬間だった。

俺は我慢出来なくなり、さやかに手をのばした…

悪質除外!安心安全実績の大人のSNS
5ゆうへい
10/22 16:41
髪をさわると見た目以上にツヤツヤで、いい香りがした。

毛束を手に取り鼻の近くで香りをかぐと、ますますいい香りがした。

そのときさやかが寝返りをうった。

慌てて手を放すと、さっきまで横顔しか見えなかったのに真正面から顔が見えるようになった。

見ると、ピンク色をした半開きの唇が見えた。

ぽてっとしていて甘そうで…

しばらく見ていると我慢出来なくなり、ついキスしてしまった。

するとさやかは俺の首に手を回し、『…大好き』と言った。

あれは彼氏に向けての言葉だろう。

でも俺は異常に反応してしまい、ついつい犯してしまうところだった。

近所のヤリマンを探せる新システム♪
6ゆうへい
10/22 16:42
しばらくしてさやかを起こした。

部屋で寝ろ。

と言うと『おんぶ…してって?』と甘えた声で言った。

さやかはいつものようにふざけて言ったつもりでも、俺はかなりやばかった。

背負って階段を上がる途中も、俺の背中に胸が当たったり、さやかの股が俺の腰にすりついてきたり…

いつもの事なのにかなり興奮してしまった。

それからというもの、さやかを女として見てきた。

そしてさやかの彼氏に対してかなり嫉妬していた。

さやかが彼氏と電話した次の日は必ず、彼氏の家に泊まりに行く。

貴方だけに見せてくれるオナと秘密のアソコ♪
7ゆうへい
10/22 16:42
そのたびに、あんなふうに優しく抱かれているのかと思うと、なぜかさやかを奪われた気分になっていた。

そんな事が続いていたある日、さやかから夜中に電話がかかってきた。

たぶん酔っているんだろう。

ヘロヘロの声で
『お兄ちゃーん?〇〇公園の前まで迎えに来てー?』と言い、電話を切った。

仕方なく俺は車を回し、迎えに行った。

すると案の定酔っていて、助手席に座るやいなや楽しそうに話しをしはじめた。

貴方だけに見せてくれるオナと秘密のアソコ♪
8ゆうへい
10/22 16:43
『お兄ちゃん友達に大人気やねんでー?格好いいやって』そんな他愛もない話を続けていた。

家に着くとさやかはすぐ風呂に入った。

その隙に俺は、さやかの爽健美茶に思い切って睡眠薬を入れた。

するとさやかは風呂上がりに飲み、そのままソファーで寝始めた…

すっかり寝込んださやかに触れてみた。

まずは首筋…浮き出た鎖骨も見えた。

次はウエスト…綺麗にくびれていて綺麗だった。

もうこの時点で俺は限界だった。

意を決してブラの中に手を入れて胸を触った。

彼女不要宣言!PCでスマホで抜く時代♪
9ゆうへい
10/22 16:44
柔らかい…

乳首もピンクで綺麗で、我慢出来なくなった俺はキャミソールとブラをまくりあげ、真っ白な胸にしゃぶりついた。

いやらしい音と俺の荒々しい息づかいが部屋中に響き渡る…

さやかは全く起きる気配がない。

それをいいことに俺は全身を舐め回した。

そしてついにマンコに到着した…

短パンを脱がしパンツをずらすて…

さやかのマンコはピンク色で適度に潤っている。

恐る恐る触ると、ピクッと穴が動いた。

たまらずマンコを下から一気に舐めると、甘くてめちゃくちゃ美味かった。

するとさやかが起きてしまった!

会いたい!ヤリたい!責めたい!OK♪
10ゆうへい
10/22 16:45
慌ててソファーの裏に隠れると、まだ酔って頭がフラフラするらしく足元がおぼつかない。

部屋に行きたいらしく、知らぬ顔で携帯をつつく俺を見つけ『おんぶーっ』って抱きついてきた。

またか…

と思いつつ背負って部屋に連れていき、ベッドに寝かせようとしたそのときだった。

さやかがいきなり『続き…せぇへんの?』と言ってきた。

『ハァ?』と俺が言うと『お兄ちゃんあたしの事ずっと舐めまくってたやんか…あたし気付いてんで?』どうやら起きていたらしい…

真剣な出会いもヤリ友も 近所で探せる
11
10/22 16:45
そう言うとさやかはいきなり抱きついてきて俺にキスしてきた。

俺は限界だったので『もうどうにでもなれ!』と思いさやかの口に舌を入れた。

さやかは過敏に反応し『んっ…お兄ちゃん…』と早くもエロスイッチが入ったようだった。

俺はさやかをベッドに押し倒し、服をすべて脱がした。

さやかの裸を見るのはそれが初めてで、やばいくらい興奮した。

さやかは恥ずかしいのか、手で前を隠している。

Sな俺にはたまらなく犯したくなるポーズだった。

その手をはぎとり胸にしゃぶりついた。

片方の胸は指でつねったりこすったり…

さやかは声を我慢している。

[1]前へ次へ[3]
/2

書く|更新|

今日:1/昨日:0/累計:11497
大人の秘密デパート
ヌルヌル液 珍増大 裏密具 脱珍棒 肛門具
小珍棒 秘媚薬 裏密具 特価品 偽満穴
アダルトグッズ
イククル

☆セクシースタイル♪
極エロ下着

☆猥褻に!淫欲に!
【オナおかず本能の館】
本能の館トップ
人気投稿紹介
下ネタ猥談
淫欲投稿板
夜這い寝込み悪戯
スカトロ汚物マニア


スレッド一覧