特別割引セール
イククル ワクワク

☆エロエロ好きさん♪
ラブボディ

☆マニアとフェチのサイト
【無料アダルトエロ屋】
エロ屋トップ
エロなお話
エロニュース
フェチの部屋
マニアの部屋
排泄汚物部屋

スカトロ動画毎回更新
▼無料で短編動画10万本以上閲覧OK!

アダルト動画検索(18禁) 短編無料閲覧!

アダルト動画 DUGA


最初から見る 最新から見る
面白いと思ったら⇒投票する
■現在の投票数:126
お腹の弱い女性
1わかな
05/25 08:21
わたしの名前は、沙織。
19歳、フリーター。
ツイート

書く|更新|
返信数:19件

2わかな
05/25 08:21
今年の春の初めくらいから、なんか知らないけど、突然お腹が弱くなっちゃって、でも、気にせずに毎日を過ごしてます。

調子悪くなったら、その時考えるってことで。好きなこととか物を、我慢して生きたくないからね。

―6月―
今日は、土曜日。

今日は、久しぶりに、彼の雅樹とデート。
もうすぐしたら、夏本番だなぁ。

待ち合わせ場所の駅に着く。

会いたい!ヤリたい!責めたい!OK♪
3わかな
05/27 08:58
雅樹、まだ来てないなぁ。「あー!沙織、おまっ、なんて格好してるんだぁ。」雅樹が、わたしを見つけて言った。

えっ!何よぉ。

「ヘソ出しルックにミニスカート。」
「別にいいじゃない。」
「お腹の調子悪くなったら、どおすんだよぉ。」
「だって…。」
「だって、じゃない。この前なんか、雨降ってて、お腹痛いって、何回もトイレ行ってたくせに。」
「…だって、好きなこと、我慢したくないもん。」

困ったように、雅樹は、頭をポリポリかく。

遊びながら稼ぎ?スマホで簡単誰でもOK!
4わかな
05/29 08:41
「しょうがないなぁ。調子が悪くなったら、言えよ。俺がいるから。」
「うん。」

雅樹は、わたしが、調子が悪いとき、いつも、そばにいてくれる、そばにいれないときは、こまめに連絡とってくれる。

「まぁ、凄く細くないけど、沙織のきっちりした腰のくびれ、好きだしなぁ。」
ん?…
「どこ見てんのよ。」
バシッ。

雅樹の背中を叩く。
「いってえ」
ハハハ
わたしと雅樹は、歩きだした。

最初は女友達 ⇒ やがて♀豚調教実践!
5わかな
05/31 14:42
しばらく歩いて・・・

「あっ、俺、ちょっと買い物あるから。」
雅樹が、そう言うから、わたしと雅樹は、デパートに入った。

冷房聞いてるなぁ。
「沙織、ちょっと待って。」
えっ、何?

雅樹は、上着のシャツを脱いで、わたしの腰に、シャツをくくりつけて、袖を、お腹のところで結んで、もう1回結んだ。

「中では、こうしてろよ。意味ねぇかも知れねぇけど。」
「やだ!」
「やだ、じゃない!」
「……」
ふくれる。

真剣な出会いもヤリ友も 近所で探せる
6わかな
06/02 08:59
「行くぞ。」
雅樹が歩きだす。

「あっ、ちょっと待って。」
わたしは、雅樹について行く。

「ねぇ、何買うの?」
「ギターのピック。」
ふーん。

楽器屋に入って、雅樹と離れて、いろいろ見てる。
ふーん…。

あっ。

小さいけど、お腹が鳴った。
グルル。
お腹少し痛くなってきたかも。

遊びながら稼ぎ?スマホで簡単誰でもOK!
7わかな
06/04 08:01
さっきより、大きな音で、お腹が鳴る。

ギュルルルル
痛みも増してきた。
痛いー。
お腹をさする。

雅樹、まだぁ?
雅樹は、レジで、お金を払ってる。
まさきぃー。

雅樹のところへ行く。

でも、お腹が痛いのは、ばれないようにする。
ほら見ろ!って言われるかもしれないから。

「お待たせ、行こ。」
そう言って、雅樹が、先に2歩くらい歩き始めたとき
ギュルルルル

貴方だけに見せてくれるオナと秘密のアソコ♪
8わかな
06/06 09:34
ああー。
「雅樹。」
「ん?」
「わたし、ちょっとトイレ行ってくる。」
そう言うと、わたしは、足早にトイレに向かって行った。

トイレに入って、便座に座り。
ふんっ。
ビチビチビチ
痛いよー、ふえーん。
トイレから出ると、雅樹がいた。

「沙織、お腹の調子悪いのか?」
ほら見ろ!って言われるかなぁ。でも甘えたい、寄りかかりたい。

「…うん。」
「…」
雅樹?
「そうかぁ、今も痛いか?」
「少し。」
「また、トイレ行きたくなったら、言えよ。」
「うん。」

雅樹は、わたしと手を繋いで、歩き出した。

最初は女友達 ⇒ やがて♀豚調教実践!
9わかな
06/08 08:37
「雅樹。」
「ん?」
「ごめんなさい、雅樹の言うこと聞かなかったから。」
「…沙織、俺なぁ、沙織のやりたいことは、なるべくやらせてあげたいんだ。」

あっ、わたしの考えと一緒だ。
「そのために、俺がいるんだから、後のことのためにね。」
「うん。」

雅樹は、いつも、そばにいてくれる。

今、トイレに行ったのが、嵐の始まりだなんて、わたしは、まだ知らない。

彼女不要宣言!PCでスマホで抜く時代♪
10わかな
06/10 15:11
お昼になって、

「外は、暑いね。」
「うん。」
「お昼、何食べる?」
「沙織は、何か食べたいものある?」
「この近くに、新しいカフェができたって聞いたよ。」
「じゃあ、そこ行ってみよう。」
わたしと雅樹は、新しくできたカフェに入った。

そこの店は、ドリンクバーだった。

「何にする?」
「わたしは、日替わりランチとドリンクバー。」
「じゃあ、俺も。」
「わたし、ドリンクとってくる。」
わたしがドリンクバーのところに行って、氷をグラスに入れて、何にしようか迷ってると、注文し終えた雅樹がきて、わたしのグラスをとった。

無料体験!可愛い女性のオナ見た事ある?
11わかな
06/12 09:36
あっ。
「沙織は、こっち。氷、禁止。」
そう言って、新しいグラスを渡す。

「だって、暑いのに。」
「氷なくても、十分冷たいから。」
また、ふくれる。
雅樹は、お茶を入れて、席に帰る。

わたしも、お茶を入れて、席に帰る。
喉が渇いてたから、お茶を飲む。 
でも、ゆっくり飲む。

「喉乾いたよな。」
「うん。」
ふぅー。
……
ギュルルル
あー、お腹痛いー。

おもわず、お腹に手を当てて、腰を曲げて、顔を机に近づける。

[1]前へ次へ[3]
/2

書く|更新|

今日:4/昨日:1/累計:9592
大人の秘密デパート
小珍棒 艶下着 sex恋人 テンガ 小珍棒
sex恋人 無線動具 薄珍袋 無線動具 艶下着
アダルトグッズ
ワクワク ElephantLive

☆セクシースタイル♪
極エロ下着

☆猥褻に!淫欲に!
【オナおかず本能の館】
本能の館トップ
人気投稿紹介
下ネタ猥談
淫欲投稿板
夜這い寝込み悪戯
スカトロ汚物マニア


スレッド一覧