大人のおもちゃ
調教倶楽部 DUGA

☆エロエロ好きさん♪
男復活チン力

☆マニアとフェチのサイト
【無料アダルトエロ屋】
エロ屋トップ
エロなお話
エロニュース
フェチの部屋
マニアの部屋
排泄汚物部屋

オナニー動画毎回更新
▼無料で短編動画10万本以上閲覧OK!

アダルト動画検索(18禁) 短編無料閲覧!

アダルト動画 DUGA


最初から見る 最新から見る
面白いと思ったら⇒投票する
■現在の投票数:1426
他人妻
1熟好き SH-53A)
09/07 19:26
ちょっとしたキッカケから、同じ会社の女性と関係を持つことになった。
彼女はバリバリと仕事をこなす既婚者であったが、男性経験としては決して多くはなく、むしろ少ない方だと思う。
夕飯を一緒に食べてる時に、不倫の話しが出てきて、「それについてどう思う?」と尋ねたところ、「経験がないから答えようがない」との返事。
冗談ぽく「じゃ、今度ホテルに行ってみない?」と投げかけると、彼女は満更でもない表情をして「1度だけなら…」と言って来たので、この時とばかりにホテルに行く日まで話しを進めた。
因みに彼女とは仕事柄、接点は幾度となくあり、気が合う仲なので、お遊びのつもりで彼女は承諾したのかと思う。
いざ当日になり、ホテルの中へ…。
彼女は仕事はバリバリ出来てもSEXに関しては不得意のようで、私がリードすることに。
彼女は恥じらいながら着てるものを脱ぎ始め、彼女は下着姿に。
彼女は意外や意外、パンツはノーマルのフルバックパンツを履いていて、正面から見ると真っ黒な陰毛がパンツの上から透けてるのがハッキリと分かった。
「先にシャワーを浴びてて」言うので、シャワーを浴びながら待っていると、一糸まとわぬ彼女が入って来た。
おっぱいはどちらかというと貧乳の部類に入るかとは思うが、陰毛は逆三角形の形でめいいっぱい生えていた。
それを見た途端、チンポは半勃ち状態に。
彼女はそれを見た途端、「あらまぁ*」と言いながらチンポを握ってきたのである。
他人妻にチンポを触られると流石に興奮してくるもので、あっという間に完全勃起してしまった。
彼女はそれを見るなり、「後でね」と言って私を椅子に座らせ、俺の頭を洗ってくれた。
洗ってる間というもの、眼の前には彼女の黒々とした陰毛があり、勃起状態はそのままであった。
その後、俺の身体も丁寧に洗ってくれて、特にチンポやキンタマを洗う時の手の動かし方は絶妙とも思える動きをしていた。
洗体をし終えるとまだ半勃ち状態のチンポを待ちきれなかったのか、咥えて舌でいやらしくチンボを弄ってくれたのである。

写メは、彼女がその日に履いていた白のフルバックパンツ。
フロント部分は、陰毛の形通りに黒々と毛が透けてた。

ツイート

書く|更新|
返信数:136件

130熟好き K)
04/05 20:21
翌朝彼女は早く眼を覚まし、いざ露天風呂へ。
誰もいないつもりで行ったので、どこも隠すことなく、一応手にはタオルを持って向かった。
すると先客の男性がいて、湯船に浸かる前にしっかりと裸を見られてしまった。
初対面であれば見て見ぬフリをする訳だが、その素振りもなくじっと見られていたのである。
彼女は男性と目が合った瞬間におっぱいをタオルで隠したが、陰毛までは隠れなかった。
しかし時すでに遅く、おっぱいも見られていたのである。
彼女は男性に体全体が少しでも見えないようにお尻を向けてしゃがみ、桶でお湯をすくい体を軽く洗い流したあと湯船に入ることに。
だが、お尻を向けたことで湯船に浸かってる男性からは肛門が見えており、湯船に浸かってから男性に「お姉ちゃん、こっちにお尻を向けてたから、お尻の穴が見えちゃってたよ」といきなり言われた。
彼女は「そうですか…」と冷めた返事をした。
さらに「お姉ちゃんのマンコの毛、いっぱい生えてるなぁ〜」「そこまで生えてるってことは、マンコの周りも結構生えてるだろう?」と言ってきた。
彼女は「それが何か?」と答えると「俺はチンポの毛剃ってるから無いんだわ」「だから毛深いのを見ると新鮮でなー」と言い「この通りや」「お姉ちゃんの裸を見たから少し勃ってるけどな」と言って立ち上がってチンポを見せた。
因みにチンポは見事に包茎であった。
それを見た彼女は「キンタマの毛まで剃ってるから完璧なパイパンじゃないですか?」「それに包茎だから子供みたいなオチンチンですね?」と言ってやった。
男性は「お姉ちゃん、湯船の上からだとどこも隠してないから裸が丸見えよ」「見てるだけでチンポが勃ってきたわ」
と言い、彼女のすぐ近くまでチンポを見せに来た。
変態2号である。
勃起チンポを見るなり「皮は被ってるけど、まあまあの長さだわね」「それに太いしさ」と彼女は言って上げた。
さらに目の前でチンポを見せられたからか、彼女の露出癖が出てきて「私の裸ってそんなに興奮するの?」と言うと「チンポの状態を見れば分かるでしょ?お姉ちゃん」と男性。
チンポと言う言葉に、遂に露出癖のスイッチが彼女の中に入ったのであった。

今のままでは彼女は無理!1歩踏み出す勇気♪
131熟好き K)
04/06 13:33
彼女は冗談で「そこまで見せるということは、オチンチンを触ってもらいたいんでしょ?」と言うと男性は「お姉ちゃん、ようやく気付いたみたいだね」「ちょうど、周りに誰もいないからさ」と言ってきた。
すると彼女は露天風呂の縁に座り、チンポを触ったと思いきや玉袋から裏スジに舌を這わせ、舐め始めたのである。
「貴方のオチンチン、硬いわー」「ちょうど良い太さもしてるし…」と言い、さらに包茎チンポを咥えるとフェラを始めた。
男性はさすがに感じたのか声を上げ、湯船から出てる彼女のおっぱいを揉み始めた。
揉み始めたことでさらにチンポは硬さを増したが、フェラをされてもチンポの皮は剥けないままであった。
彼女は立ち上がり、今度はチンポをしごき始めた。
しごかれた事でようやく皮が、亀頭の半分位まで剥けた。
男性の興奮度は増し、彼女のワレメを触り始めたのである。

今のままでは彼女は無理!1歩踏み出す勇気♪
132熟好き K)
04/07 08:33
ワレメを触られた彼女は感じたのか、しごいていた手を止め、腰碎けのように露天風呂の縁に座ってしまった。
そして自ら両脚を開きおマンコを男性に見せたのである。
男性の目には彼女の毛深いおマンコが。
彼女はもはや手をつけられない位の見て欲しいモードと化し、おマンコを開いて具を見せつけ「舐めて…」と言ったのである。
男性はその言葉に執拗なまでにおマンコを舐め、穴にも指を入れグチョグチョにおマンコを濡らしたのである。
すると彼女は我慢が出来なくなったのか、立ち上がって振り向いたと思ったらき、両手を露天風呂の縁につき、尻マンを男性に見せ「私のおマンコ、グチョグチョなの…」「我慢できないわー」「私のおマンコに、貴方の硬くなった包茎チンポを入れて」と言ってきたのである。
男性は完全勃起状態の包茎チンポをおマンコに入れセックスが始まった。
包茎チンポは意外に太く、彼女の喘ぎ声を一段と高らかにさせチンポを突っ込む度に丸見えの肛門も開いたり閉じたりしてた。
男性は初対面の女性とセックスができた興奮が抑えきれず、彼女が逝く前にチンポを抜き逝ってしまった。
彼女にとっては中途半端なセックスに終わってしまったことで、不満は残ったみたいである。
男性は目的が達成したかの如く「お姉ちゃんのおマンコ、良いおマンコしてるわな」の言葉を残して湯船を後にした。

学院一の美女と…?エッチしちゃおう♪
133熟好き K)
04/07 16:42
彼女は男性がいなくなった後、露天風呂の縁に頭を乗せて湯船の中でボーッとしてた。
すると男性達がやって来てた。
全員チンポ丸出しである。
男性達の視線の先には彼女の全裸が。
お湯が透明なのでハッキリと見えてるである。
彼女は寝てるのか、男性達の存在には気付いてはいなかった。
男性達はそっとお湯に浸かり、彼女の全裸を目に焼きつけていた。
「まさかこんな感じで○○さんの全裸が見られるとは思ってなかったよ」「こう見ると、おっぱいはどっちかと言えば小さい方なんだ」「しかし本人も言ってたけど、正面から見ると陰毛の量の多さが分かるよね」と◇◇が言った。
すでに何人かは半勃ち状態になっていた。
そうこうしてる内に彼女が眼を覚ました。
彼女の目の前にはずらっとチンポが並んでいた。
しかし彼女は驚きもせず「皆、そこで私の裸を見てたんでしょう?」「オチンチンが変化してるもんね」と言った。
さらに「どこも隠してない私の裸を見て満足した?」「それとも、もっと見たいのかなぁ?」と冗談風に男性達に言ったのである。

スキマ時間に楽しく稼ぐ!旦那にバレ無い楽しみ&副業♪
134熟好き K)
04/09 08:15
すると半勃ち状態の◇◇が彼女のすぐ傍に来て「オチンチン舐めて欲しい」と言って来た。
彼女は「1人舐めたら全員舐めることになるじゃない?」「そんなに舐めてもらいたいの?」と笑いながら冗談ぽく言ってはいたが、彼女の右手はすでにおマンコを弄り始めていたのである。
それを見た◇◇は「○○さん、おマンコ弄ってません?」と言うと彼女は「皆のオチンチンを見てたら…つい…」と本音を言ったのである。
新人達は「○○さんも本当は舐めたいんでしょ?」と言いながらチンポをしごき始めたのである。
彼女は皆のその姿を見るなり、さっき逝かなかったこともあり、エロのスイッチが我慢仕切れずに入ってしまった。
彼女は上体を起こし湯船の縁に腰かけた。
湯船からは体が全て出てしまって、皆の視線が一斉に集まった。
ここまでなると彼女自身は露出モード全開。
見てと云わんばかりに脚をも広げたのである。
◇◇はというと既にチンポはカチカチに勃っており、彼女はチンポをつまみ裏スジに舌を這わせ、亀頭を舐め廻したのであった。

女とヤリたい?本当?ハイ即入室!
135熟好き K)
04/09 13:28
さらに「チンポ硬いわねー」と言いながら皆の前でチンポを咥え、キンタマを揉みながらフェラを始めたのである。
他の者達はそれを見ながらチンポをしごいていた。
彼女のフェラが上手すぎたのか、◇◇は我慢できずにあっという間に精子を出してしまった。
「あらまぁ、早いわねー」と言いながら彼女は亀頭に残ってる精子を舐めて上げた。
次は俺…と言いながらビキニパンツ男が登場。
◇◇と違い太くて長いチンポである。
それを見た途端に彼女はおマンコを弄り出した。
「太いから舐めごたいがあるわ」と言いイヤらしい舌をチンポに絡めた。
チンポを咥えるとクリトリスを弄り始めたのである。
彼女は興奮してきており、新人とかにおっぱいを揉まれても舐められても、されるがままであった。

悪質除外!安心安全実績の大人のSNS
136熟好き K)
04/11 15:46
彼女は太いチンポを咥えるとフェラを始めた。
その間はおっぱいは揉まれ、舐められ続けていた。
フェラに集中するあまり、何をされてもなすがまま状態で、クリトリスを弄ってる時も股を開いてるので、おマンコは丸見えであり、おっぱいを弄ってないヤツがそれを凝視していた。
もちろん、チンポを擦りながらである。
すると露天風呂に向かって来るような声が。
慌てて男性達は湯船に浸かり、彼女は裸を見られたくなかったのか、フェラを止め、部屋に戻ったのである。
男性達も部屋に戻ることにした。
男性達は一旦部屋に戻ったが、彼女の様子が気になり彼女の部屋に向かった。
部屋の扉は半開きになっており、中の様子が伺えた。
長い時間露天風呂にいて体が火照ったのか、部屋の中が暑かったようで扉を少し開けてたようである。
彼女は浴衣姿で横になっていた。
しかし興奮さめやらないのか、浴衣の裾を開き性器に手を延ばし弄り出したのであった。
さらにはおっぱいを揉み始め、浴衣は脱げてしまい、おっぱいは丸見えとなり、下半身はというと、Tバックのワキから指を入れ始めて妙な動きになっていた。

遊びながら稼ぎ?スマホで簡単誰でもOK!
137熟好き K)
04/13 04:49
男性達は扉の隙間から彼女の様子を覗き見してた訳だが、それだけでは我慢が出来なくなったのか、何食わぬ顔をして扉を叩き「○○さん、起きてる?」と言いながら「入るね」と言って扉を開けた。
彼女はさすがに焦ったのか、はだけた浴衣を慌てて身体に掛けた。
それを見ていた◇◇は「○○さん、今何かしてなかった?」とわざとらしく彼女に聞いてみた。
彼女は「ちょっとね」と言って言葉を遮ったが、慌てて掛けた浴衣の乱れが怪しさを物語っており、◇◇がしつこく「露天風呂でしたことを思い出して、ひとりエッチでもしてたのでは?」と聞くと「露天風呂では中途半端な形で終わってしまったんで」とあっさりとひとりエッチをしてたことを認めた彼女であった。

真剣な出会いもヤリ友も 近所で探せる
138熟好き K)
04/13 06:40
◇◇は「○○さんの様子を見ようと部屋の前に来た時、扉が開いてたので○○さんを見たら浴衣がはだけて性器を弄ってたのが見えたんでちょいの間見させてもらいました」「だから皆その姿を見てチンポが勃ったみたいですよ…俺もそうだけど」と本当のことを言うとチンポの言葉に反応してしまったのである。
「扉、きちんと閉めれば良かったわね」
見てみたいとでも思ったのか「今も勃ってるの?」と彼女は言った。
「今は勃ってるはいないと思うけど、○○さんの裸を見たら皆勃つと思いますよ」と◇◇が答えた。
すると彼女は「こうすれば勃つんでしょ?」と言って被せた浴衣を取り払いTバックまでも脱いだのである。
自らさらけ出した全裸。
露出癖がすっかり出てしまい、抑えが効かない状況の彼女となっていた。
その姿をいきなり見せられた男性達は、チンポをしごき始めた。
ここで初登場の◎◎はかなり興奮してる様子で、彼女にパンツの上からチンポを揉ませていち早くおっぱいに手を触れ揉み始めていた。

悪質除外!安心安全実績の大人のSNS
139熟好き K)
04/14 14:05
◎◎のチンポは彼女に触られ揉まれたことで勃ってしまった。
◎◎はパンツを下げ彼女に硬くなったチンポを見せると彼女は「仮性包茎なんだぁ?」「でもこの位なら皮は簡単に剥けるわね」と言いながら皮を剥き亀頭を露出させ、チンポを咥え込み舌を這わせた。
と同時に彼女の手はソッとおマンコに。
フェラを始めた途端にクリトリスを弄り出した。
彼女は股を広げてるので、おマンコは丸見えである。
◎◎はフェラをされてる間、彼女の乳首を弄ったりおっぱいを揉んでるので、彼女も段々と感じてきたのである。
一方、他の男性達はというと彼女が毛がいっぱい生えてるおマンコを見せてくれてるのでチンポはギンギンになり、さすがに我慢の限界となり1人を除いて精子を出してしまった。
◎◎も我慢出来ずに「逝くぅー」と言って精子を放出した。
彼女は更に感じてきたのか、おマンコを広げ、精子を出さなかった◇◇に具を見せ、穴に指を入れ、クチュクチュと音を立てる位に指を出し入れした。
当然ながらマン汁が流れ出て、それが肛門にまで流れるほどであった。
◇◇は我慢の限界に達し精子を出してしまった。
本来なら彼女とセックスをしたかったみたいだが…。
彼女はというといつもとは違って小さな喘ぎ声を立てていたが「逝くぅー逝くぅー」と言って、逝ったのである。

Bリーグ掲示板
[1]前へ次へ[3]
/14

書く|更新|

今日:76/昨日:136/累計:14844
大人の秘密デパート
ヌルヌル液 ヌルヌル液 テンガ 満コリ機 珍増大
動珍棒 新入荷 偽珍棒 裏密具 小珍棒
アダルトグッズ
DUGA

☆セクシースタイル♪
極エロ下着

☆猥褻に!淫欲に!
【オナおかず本能の館】
本能の館トップ
人気投稿紹介
下ネタ猥談
淫欲投稿板
夜這い寝込み悪戯
スカトロ汚物マニア


スレッド一覧