特別割引セール
イククル PCMAX

☆エロエロ好きさん♪
人口女性器

☆マニアとフェチのサイト
【無料アダルトエロ屋】
エロ屋トップ
エロなお話
エロニュース
フェチの部屋
マニアの部屋
排泄汚物部屋

オナニー盗撮動画毎回更新
▼無料で短編動画10万本以上閲覧OK!

アダルト動画検索(18禁) 短編無料閲覧!

アダルト動画 DUGA


最初から見る 最新から見る
面白いと思ったら⇒投票する
■現在の投票数:2470
他人妻
1熟好き SH-53A)
09/07 19:26
ちょっとしたキッカケから、同じ会社の女性と関係を持つことになった。
彼女はバリバリと仕事をこなす既婚者であったが、男性経験としては決して多くはなく、むしろ少ない方だと思う。
夕飯を一緒に食べてる時に、不倫の話しが出てきて、「それについてどう思う?」と尋ねたところ、「経験がないから答えようがない」との返事。
冗談ぽく「じゃ、今度ホテルに行ってみない?」と投げかけると、彼女は満更でもない表情をして「1度だけなら…」と言って来たので、この時とばかりにホテルに行く日まで話しを進めた。
因みに彼女とは仕事柄、接点は幾度となくあり、気が合う仲なので、お遊びのつもりで彼女は承諾したのかと思う。
いざ当日になり、ホテルの中へ…。
彼女は仕事はバリバリ出来てもSEXに関しては不得意のようで、私がリードすることに。
彼女は恥じらいながら着てるものを脱ぎ始め、彼女は下着姿に。
彼女は意外や意外、パンツはノーマルのフルバックパンツを履いていて、正面から見ると真っ黒な陰毛がパンツの上から透けてるのがハッキリと分かった。
「先にシャワーを浴びてて」言うので、シャワーを浴びながら待っていると、一糸まとわぬ彼女が入って来た。
おっぱいはどちらかというと貧乳の部類に入るかとは思うが、陰毛は逆三角形の形でめいいっぱい生えていた。
それを見た途端、チンポは半勃ち状態に。
彼女はそれを見た途端、「あらまぁ*」と言いながらチンポを握ってきたのである。
他人妻にチンポを触られると流石に興奮してくるもので、あっという間に完全勃起してしまった。
彼女はそれを見るなり、「後でね」と言って私を椅子に座らせ、俺の頭を洗ってくれた。
洗ってる間というもの、眼の前には彼女の黒々とした陰毛があり、勃起状態はそのままであった。
その後、俺の身体も丁寧に洗ってくれて、特にチンポやキンタマを洗う時の手の動かし方は絶妙とも思える動きをしていた。
洗体をし終えるとまだ半勃ち状態のチンポを待ちきれなかったのか、咥えて舌でいやらしくチンボを弄ってくれたのである。

写メは、彼女がその日に履いていた白のフルバックパンツ。
フロント部分は、陰毛の形通りに黒々と毛が透けてた。

ツイート

書く|更新|
返信数:225件

219熟好き K)
06/22 13:29
写メを撮った後は車に乗り込み、帰路に着いた。
車内では彼女が2人に「社内では私のこと、余計なことを言いふらさないでね」と念を押した。
2人は「はい」と返事はしたが、意外と口が軽い2人だった為、彼女のことは後々、社内に知れ渡ることとなった。
それはさておき、帰りの車内では彼女の性生活について話しが盛上った。
特に彼女の旦那は、夜の方は全くと言って興味が無いようで、彼女が誘ってもおチンチンは勃つことはあっても、すぐに役立たず状態になるとのことで、いつも彼女は悶々としてひとりエッチをする事が多いとのこと。
だから遂、他人のおチンチンを見てしまうと性欲のスウィッチが入ってしまい、自らの裸を見せてしまったり、セックスがしたくなると彼女は2人に包み隠さず話したのである。
因みに、こんなことを話しただけでも彼女は濡れてくるようなことを言ってた。
だからではないが、車内にいる彼女は股が緩んでしまい、スカートの中のパンツを見せてしまってるのである。
それはほぼ無意識でそうなるとのこと。
今回は2人とも彼女とセックスが出来たことで満足気で帰って行った。
社内では既に彼女のことが全てではないが、スカートの中身のこと、毛深いこと、ウンコ姿等々のことが知れ渡っていた。
彼女が出勤すると社内のひとりが「○○さんのスカートの中のパンツは白を履いてるのですか?」といきなり聴いてくる輩もおり、彼女は仕方がなく「そうよ」と答えるしかなかったのである。
するとその輩はスマホを取り出し「この写メもらったんですけど、この人は○○さんですよね?」と言ってスカートを脱がされて撮られたパンツ姿を見せたのであった。
彼女は焦ることなく「そうよ」とだけ答え、その場を後にして仕事についたのであった。

腕次第で出来る!可愛い娘が…♪
220熟好き K)
06/22 17:37
さっきの輩は彼女のスカートの中を実際に自分の眼でみたいのか、彼女の近くを気付かれない程度に動き、チャンスを狙った。
すると遂にその時が訪れ、彼女が股を開いてしゃがんだのである。
輩はそのチャンスを逃すまいと何気に彼女の前の方に立つと、スカートの中のパンツが丸見えになっており、履いてたパンツは白であった。
輩は彼女に「○○さんパンツが見えてますよ」と教えて上げると彼女は「あらそうぉ?それは失礼」と言って、股を閉じた。
輩は「仲間から聞いてたけど、本当にパンツは白を履いてるんですね?」「写メのパンツと一緒なんですか?」と彼女に言った。
彼女は「そうよ」「いつも出勤して来る時はパンツはいつも白を履いてくるわ」と答え「そんなに私のパンツに興味があるの?」とさらに言うと輩は「無いと言ったらウソになります」「極端な話し、見て実際に触ってみたい位です」とエロ心丸出しで言ったのである。
すると彼女はどう言った風の吹き回しか「ちょっとこっちに来なさい」と言って輩を普段は人の出入りが少ない倉庫の中に一緒に入った。
もはや見せても良い状態の彼女になってて「そんなに見たいのなら見せて上げるわ」と言ってスカートを脱いだのであった。
輩の目の前にはパンストに包まれた白パンツが現れた。
彼女は「どう?」「これが私の履いてるパンツよ」「ついでにパンツを触らせて上げる」と言い、パンストを下げた。
輩は鼻息が微妙に荒くなり、パンツを触ったのである。
「これが○○さんのパンツかぁ〜」「お尻も良い形してますね?」と言いながら入念にお尻を触り感触を味わっていた。
最後にフロント部分を触わりながら腰を屈めてじっくり見ると「毛が飛び出してますよ」「それに脇からも何本か毛が出ちゃってますし」「良く見ると毛が黒々と透けてますよ」と言った。
彼女は「私の陰毛、量があるのよ」「だから毛なんかいつもはみ出してるわ」と言った。
輩は「そうなんですか?」と言うとパンツを引っ張り陰毛を覗いたのである。
「結構生えてますね?」「剃毛はしてないんですか?」と言うと「面倒臭いからしてないわ」「困ることも無いし…」「強いて言えば、水着を着た時とかTバックパンツを履いた時なんかは毛が収まりきらなくて、はみ出し放題よ」と毛の事情を話した彼女であった。
「パンツも見たし触れたし、もう良いでしょ?」と言うと「○○さんがパンツを見せてくれるとは?」「それに直に触られてくれたし、言うことはありません」
と輩は潔く引き下がり、彼女もパンストを上げスカートも履き、何事も無かった如く倉庫から出た。
輩にとっては、良い夜のおかずとなったのである。

目の前で見れる女性のオナ!今スグ無料体験
221熟好き K)
06/26 15:00
輩は彼女とのことを同期の奴Bにポロッと話してしまった。
Bと彼女とは仕事上でそんなに接点は無かったようだが、Bは輩から話しを聞いてからと言うものの、何とかしてでも彼女に近づきたくなったのである。
ある日のこと、彼女が数年前の資料を仕事で必要となり、書庫で探し始めてた。
彼女は探すのに夢中になり、脚を広げてしゃがんでたのでスカートの中は丸見えの状態となってしまってた。
そこに偶然、輩とBが必要書類を取りに書庫に入ってきた。
彼女は2人が入って来たことに全く気付いてなく、輩とBにスカートの中を見せることとなった。
2人は書棚の陰からそっと彼女のパンツを
見るとパンストを履いて無かったので生パンツ状態であった。
それをしっかりと眼に焼き付けた2人は、わざとらしく彼女の前に現れて「○○さん、探し物に集中するのは結構なんですが、スカートの中が丸見えになってますよ」と教えて上げた。
彼女は慌ててしゃがんだ態勢を変えたが時既に遅しで、パンツを見られた後であった。
「今日パンストを履いて来なかったから生パンツを見せちゃったのね」「2人にとっては得したかも知れないけど…」「集中しちゃうと自然と股が開いちゃうのよ」「気を付ける様にはしてるんだけど」と彼女は言って仕事場に戻って行った。
輩はBに「○○さんは、油断とかすると平気でパンツを見せてしまうみたい」
「社内には何人かだけど、彼女のパンツを見たことが有るらしく、パンツの色を共有化したことがあったみたい」と以前耳にしたことを教えて上げていたのであった。

目の前で見れる女性のオナ!今スグ無料体験
222熟好き K)
06/27 04:35
Bは、その話しを聞かされると益々彼女のパンツに興味を持つことになり、何とか見られる方法はないものかと考えるようになっていった。
しかし彼女との接点がない為に、一歩が踏み出せずにいた。
しばらくの間その様な状況が続いていたが、ようやくちょっとした事から彼女に関わることになった。
仕事中に彼女の健康が優れなくなり、その姿を発見したBが彼女に声を掛けることになり、社内の休憩室に連れて行くことに。
Bが「大丈夫ですか?」と声を掛けると横になりたいとのことなので休憩室の椅子に寝かせた。
幸いなことに熱は無かったが、彼女の上体を起こし冷たい飲み物を飲ませて上げまた寝かせることにした。
それからどの位の時間が経ったろうか?彼女は起き上がると「もう大丈夫だわ」
「私って疲れてたのかしら」「仕事中にも関わらず休憩室まで連れて来てありがとう」と言い、さらに「所属部署は何処なの?」とBは聞かれたので「○○課の○○です」と答えた。
「今度このお礼をしたいのでご飯でもどうかしら?」と言われたので「良いですよ」と答え、仕事場に戻った。
するとその週末に彼女からご飯の誘いが来たのであった。
それも2人きりである。

近所のヤリマンを探せる新システム♪
223熟好き K)
06/27 10:47
彼女はその日は休暇を取っており、ある意味準備は万端であった。
Bは事前リサーチをしたところ、飲める様なので、食事とは言っても居酒屋で一杯やろうということにした。
Bは彼女との対面は実質的には3度目ではあったが、仕事上での付き合いは殆んどないので緊張していたが、お酒が進むにつれ2人の雰囲気も和気あいあいの様相を呈してきた。
真面目な話しからいつの間にか、エロ系の話しになり、冗談も出てくる様になった。
Bは彼女の服装を見るなり「社内での服装とは違い私服も中々良いですね」と褒め始めた。
因みに彼女の服装は、ラフな格好で来ており、上は普通のTシャツ、下は年齢の割に若干短めのフレアスカートを履いて、
薄い色のスパッツを履いていた。
酒が進むつれ、彼女はさらに陽気になった。
Bが「○○さん、Tシャツの襟からブラジャーの紐が見えちゃってますよ」「それにTシャツの袖口からもブラジャーが時たま見えちゃってます」と言うと「Tシャツだからね」「今日はパンツの色に合わせてブラジャーもこの色にしてきたのよ」と早々に履いてるパンツの色まで言ってしまったのである。
Bは「じゃー今履いてるのは白いパンツなんですか?」と言うと「そうよ」「私は会社に出勤する時もスカートの中のパンツは白を履く時が多いわね」と下着事情を意図も簡単に話す彼女であった。
さらにBは彼女のパンツ見たさからか、わざとらしく「僕も女性が履くパンツは白が好きですよ」と言ってみた。
「じゃ、今日は良かったわね」と何が良かったのか分からないが、彼女はそう言った。
この様なたわいのない話しをしてると彼女は段々と酔いが回りつつあった。
ある程度時間が経過しすると彼女は、どんどん上機嫌となり「明日お休みでしょ?」「だったら家に来てみる?」とまで言い出した彼女であった。
Bは「ご主人が居るのでは?」と聞くと「今日、明日は出張で居ないのよ」「だからじゃないけど、家で二次会やろう」と言った。
Bにとっては意外な展開となり「○○さんの家に向かいましょうか?」と言い、精算をして彼女の家に向かった。
だが、この時点で結構酔っていた彼女であった。

腕次第で出来る!可愛い娘が…♪
224熟好き K)
06/27 12:56
居酒屋から彼女の家までは徒歩で10分ほどではあったが、酔い気味の彼女を介抱しながら帰ることに。
家に着くと彼女は安心したのか、靴を脱ぐといきなり床に突っ伏してしまった。
Bは彼女に「大丈夫ですか?」と問い掛けると「大丈夫よー」と言いながらも突っ伏したままで、Bが背中を擦っても起き上がらずにその場で寝てしまった彼女であった。
Bはさらに身体を揺すってみたが起きる気配がなかったのである。
最初はどうしようかと考えていたようであるが、玄関先で寝かせて置く訳にもいかず、寝室まで連れて行くことにした。
彼女を何とか起き上がらせるも脱力しており、起きる気配すらないので、この時とばかりに彼女を抱き上げて、おっぱいの感触を味わいながらベットの上に寝かせた。
そこで彼女の姿を見るなり、Bの脳裏にはエロ心いたずら心が涌き出て来たのである。
寝室の照明をつけ部屋を明るくし、Tシャツを捲り上げてみた。
捲り上げると身に付けてる白のブラジャーが目の前に。
そっとブラジャーの上からおっぱいを触ると軟らかい感触が。
さらにカップの中を覗くと乳首が見えたので指を入れると、直におっぱいに触れることに成功した。
Bは思いついたかの様に彼女のブラジャー姿を写メで撮り、さらにブラジャーをたくし上げておっぱいを出し、写メに収めたのであった。
それも接写で撮ったので、乳輪も乳首も綺麗に撮れていた。

最初は女友達 ⇒ やがて♀豚調教実践!
225熟好き K)
06/27 13:40
おっぱいを撮り終えると今度はスカートを捲り上げた。
するとスパッツから透けてる白いパンツが目に入った。
Bは初めて見た彼女のパンツを見るなり「○○さんて、こんなパンツをいつも会社に履いてきてるんだ?」と独り言を呟いた。
履いてたのは彼女が話していた通りの白いパンツであった。
Bが密かに望んでいた彼女のパンツを見た瞬間でもあった。
すぐさま写メでパンツを撮り、スパッツを脱がして直にパンツをも撮ることに成功した。
その時にBは彼女の陰毛がパンツから透けてることに気付き、さらには毛がパンツからはみ出してることに気付いたのであった。
もちろん、そのパンツ姿も接写で撮ったのであった。
Bは段々と興奮してきて、遂にはチンポを取り出しシゴキ始めたのであった。
しかし彼女はおっぱいとパンツ姿を晒け出されても全然起きる気配を感じないのでBは、彼女のパンツを脱がしたのであった。
初めて見る彼女の陰毛。
逆三角形の形でビッシリと生え揃っていた。
おまけに縮れ毛なので、毛が盛り上がって毛の量の多さを助長させていた。
因みにパンツのクロッチ部分は若干汚れており、Bはその匂いも嗅いだのであった。
陰毛はビッシリと生えてはいたが、おマンコの周りは毛を剃っていたので、その形がハッキリと見て取れた。
Bはもはや理性を失いかけており、おマンコ見ると匂いを嗅ぎ、舐め回し、おマンコを開いてはそれなりに濡れている具にも舌を這わせたのであった。

マジな出会いも、遊びの相手も探せる♪
226熟好き K)
07/06 08:57
もはやBは興奮度がMAXとなり、彼女の上に乗りおマンコの中にチンポを挿入したのである。
なぜかおマンコは濡れており、すんなりとチンポは彼女の中に入った。
最初の内は彼女は、気付かなかった様だが、徐々に彼女の方も感じてきたようで喘ぎ声を上げ始めたのである。
Bとのセックスを受け入れた瞬間でもあった。
Bはセックス経験が2度目ということで動きがぎこちなかったが、彼女のリードであっという間にセックスを終えてしまったのであった。
当然彼女は逝かなかった訳であるが、Bには「良かったわよ」と言ってキスまでして上げ、萎えてくチンポに付いた精子を慣れた舌さばきで舐めて上げた。
彼女は逝かなかったことで悶々としており、脱がされてる状態のまま違う部屋に行ったと思いきや、Tバックを履いて登場したのである。
もちろんおっぱいは隠さずのままであった。
因みにTバックは、以前履いた物とは違い、超マイクロタイプで陰毛は、生地から殆んど隠れてなく、丸見えに近い状態であった。
Tバックの紐のところはワレメにこれでもか、という位に食い込んでいた。
その姿をBに見せつけると写メを撮らせたのであった。
Bは彼女な姿を見て「Tバックパンツの意味を成してませんね?」「毛がはみ出すというか、もろ見えてしまってるじゃないですか」と言うと「良いのよ」「見せたくてこの格好をしたのだから」と言いながら今度は四つん這いになり、お尻を見せつけたのであった。

悪質除外!安心安全実績の大人のSNS
227熟好き K)
07/12 07:35
それを見たBは「○○さんのおマンコもそうだけど、お尻の穴も見えちゃってますよ」と言うと彼女はTバックの紐をずらすと「こうすれば邪魔なものが無いから、モロでしょ?」と言いさらにおマンコを自ら広げ「舐めて」と催促。
Bは、この時とばかりに舐め始めたのである。
「おマンコの周り、毛が生えて来てるからチクチクするけどおマンコって軟らかいんですね」とBは言いさらにおマンコの穴に指を入れ出し入れをしたのである。
すると彼女は「ア〜ン…感じちゃうわ」と言い出した。
おマンコは既に濡れており、お汁が陰毛の方にまで垂れて来ていた。
Bは「おマンコ、凄く濡れちゃってるからグチュグチュですよ」と言うと彼女は声にならない感じで「良いのよーもっと弄って!」と言いクリトリスに舌を這わせた。
彼女は堪らず腰を振り出すとお尻をさらにBの方に突き出し「お尻の穴も舐めて欲しいの」と言い出した。
Bは彼女の言うがままに舐め回すと、お尻の穴に指を入れたのである。
さすがに彼女は嫌がったが、既にBの指先には彼女のウンコが付いたのである。
Bは「○○さんのウンコが指に付いてる」
と言い匂いまで嗅いだ。
さすがに臭かったが、なぜかBは変に喜んでいたのであった。
指先とはいえ付着したウンコまで見られ、その匂いまで嗅がれた彼女は「そんなに私のウンコ見たかったの?」とBに聞くと「まあ〜見てみたかったのは事実かも」と答えた。
すると彼女は大胆にも「そんなに見たいのなら見せてあげても良いわよ」と本音とも冗談ともつかないことを言ったのである。
Bはその言葉を本気に取ったようで「見てみたいです」と真顔で答えた。

マジな出会いも、遊びの相手も探せる♪
228熟好き K)
07/12 17:29
彼女はお風呂場にごみ袋を置き、その中に新聞紙を無造作に入れるとBを呼び寄せ
Tバックを脱ぐとごみ袋に跨がった。
「お尻の穴に指を入れられたから、何かウンコしたくなっちゃった」「私のウンコするところ、見たいんでしょ?」とBに言うと「うん」との返事。
「Bさんさえ良ければ、私がウンコしてる姿を動画で撮っても良いけど」「動画で撮れば私のウンコシーンを何度でも観られるわよ」とまで彼女は言うとBは慌てて動画を撮る準備をした。
程なくして彼女が力むと、肛門が膨らみそこから焦げ茶色のウンコが出てきた。
便秘だった訳ではないだろうが、結構長いウンコが出たのである。
最初のウンコを出し切った後、オシッコも出た。
オシッコを撮る時はBは彼女の正面に回って撮ったので、濃いマン毛も撮られた。
さらにウンコがまた出始め、Bは大便臭を嗅ぎながらそのシーンを撮り続けたのであった。
ウンコをし終えるとオシッコで濡れたおマンコをトイレットペーパーで拭き、その後、ウンコが付いた肛門を拭き取った。
トイレットペーパーにはしっかりとウンコが付いていた。
ウンコが入ったごみ袋を片付けるとおマンコと肛門を丁寧に洗った。

プロ野球掲示板
[1]前へ次へ[3]
/23

書く|更新|

今日:26/昨日:58/累計:24984
大人の秘密デパート
偽満穴 SM責具 秘媚薬 裏密具 特価品
動珍棒 動珍棒 コス衣装 秘媚薬 新入荷
アダルトグッズ
PCMAX

☆セクシースタイル♪
極エロ下着

☆猥褻に!淫欲に!
【オナおかず本能の館】
本能の館トップ
人気投稿紹介
下ネタ猥談
淫欲投稿板
夜這い寝込み悪戯
スカトロ汚物マニア


スレッド一覧