ヘラホール
イククル

☆エロエロ好きさん♪
ラブボディ

☆マニアとフェチのサイト
【無料アダルトエロ屋】
エロ屋トップ
エロなお話
エロニュース
フェチの部屋
マニアの部屋
排泄汚物部屋

近親相姦動画毎回更新
▼無料で短編動画10万本以上閲覧OK!

アダルト動画検索(18禁) 短編無料閲覧!

アダルト動画 DUGA


最初から見る 最新から見る
面白いと思ったら⇒投票する
■現在の投票数:40
私マリコはお父様の牝穴奴隷です
1マリコ Chrome
10/09 07:56
お義父様の命令でここに書き込みます
私は四十代の主婦、主人と主人のお義父様と娘の四人で暮らしています
数年前、義母が亡くなりお義父様が田舎で独り暮らしではなにかと不便だし心配だからとこちらに来て頂きました
でもそれがこんな事になってしまうなんて
私とお義父様は主人には言えない仲になってしまってるんです
お義父様に何度もレイプされ私の体はいつしかお義父様と体を重ねる事に悦びを感じるようになってお義父様のモノ無しでは生きられないようになってしまったんです
ツイート

書く|更新|
返信数:9件

2名無し iPhone ios14.4
10/09 09:49
>>1
おはようございます
近親物+変態物=大好物です
楽しみにしてます(#^.^#)

腕次第で出来る!可愛い娘が…♪
3マリコ Chrome
10/28 05:19
始まりはお義父様が家に来て半年位たった頃
その日は主人が出張で娘は友達の家にお泊まり、夕方取り込んだ洗濯物を畳んでいたらお義父様が裸で一糸纏わぬ姿で立っていて「マリコさん、すまん、ワシもう我慢できんのじゃ!!」と私に襲いかかって来たのです
私を押し倒し体を乱暴にまさぐるお義父様
「やめてください、お義父さん、やめて、お義父さん、やめて」抵抗しますがお義父様の腕力はとても70を越えてると思えない力で敵いません
ブラウスのボタンが弾けてスカートが捲れて下着が露に胸を鷲掴みに乱暴に揉まれ「ええぃ、邪魔だ!」とブラをずらされお義父様の口が乳首に吸い付かれ「おおっ、マリコさんこんなに乳首立たせて、マリコさんも気持ちええんじゃな、ならばもっと」「違う、違います、やめて、お義父さん、お願いだからやめてぇ」体をよじらせ逃れようとしますが勿論敵うわけがありません
そのうちお義父様の手が下に降りて行き「だめ!それはホントにお義父さん!お願いだからだめぇ」ショーツを下ろされ顔を私のあそこに埋めてお義父様の舌があそこを舐め回します「おおっ、マリコさん濡れ濡れじゃないか、あぁ、こんないやらしい」「そんな事ありません、濡れてなんて」必死に足を閉じようとしますが押さえつけられお義父様の顔をどかそうと手を伸ばしますが無理でした
そしてついに「ワシはもう我慢できん!!」顔がアソコから離れ代わりにお義父様のアレが「お義父さん、それは本当にダメです、それは許して」そんな言葉は届かずお義父様のアレが一気に私の中に、主人のモノでは感じた事の無い奥の奥まで串刺しにされる感覚に私は「はぐっ!」と仰け反ってしまいました
そこからのお義父様はまるで獣のように腰を激しく振りその度にお義父様のモノが私の中を激しく掻きまわしました

あんな事まで?エロ生中継!無料登録
4マリコ Chrome
10/28 05:20
「お義父さん、だめ、だめです、お願いだから、やめて」そんな言葉とは裏腹に私の体は快感を感じ昇り詰めて行きました
「おぉ、マリコさんイったんじゃな、ワシのでイったんじゃな!」「イってません、そんな、イってません」主人としても絶頂なんてした事無いのに快感に絶頂してしまう私、そして一度絶頂したらもう快感に逆らう事すらできずに次から次へとくる快感に何度も絶頂してしまいました
「マリコさん、出そうじゃ、マリコさんのここは気持ち良すぎてもうでてしまいそうじゃ!ええじゃろ、出すぞ、ここのまま」「それはだめです、おねがい、外に、外に出して」勿論今更そんな願いが届くはずもなくお義父様は私の中で果てました
でも行為はそれだけでは終わりませんでした、射精して果てるはずのお義父様のモノはその固さを保ったままだったんです
もう抵抗する気力も失った私の口に舌を入れながら「マリコさん、あんたのここは婆さんのより気持ち良くてまだまだイけそうじゃ」と再び腰を動かし始めるお義父様にされるがままに犯されいつしか私は喘ぎ声をあげながら自ら唇を重ねていました
そして迎える二度目の射精「また出すぞ、マリコさん、出すぞ!」「はい、ください、お義父さん、ください、中に、ください」私はお義父様にしがみつき「ああぁ、中に、中に出てる、お義父さん、熱いのが中に」
お義父様が立ち上がり引き抜かれたモノをこの時初めて見ましたがお義父様のそれは主人とは比べられない程に大きく太く固い二度の射精をしたにも関わらずです
主人のモノがウィンナーならお義父様のはフランクフルトそれくらいに違いました
私は「お義父さん、まだそんなに」「マリコさんが気持ち良くて治まらんのじゃ」私は手を伸ばして「お義父さん、この事は誰にも言わないでください」私はお義父様のモノにそっと手を添えると自ら舌を伸ばして舐め始めました、この時はもう主人の事も娘の事も考えて無かったと思います
お義父様のモノを口に含みますがとても全てを包み込めませんそれでも私はお義父様のモノにしゃぶりついてはしたなくもバックで、お義父様も私も獣のように
三度の中出しされた後、私はお義父様の腕の中で「今日の事は忘れてください、私も無かったことにします、ユウジさんにもミカにも誰にも言わないでください」「あぁ、勿論じゃ」そう言って唇を重ねこれで終わるはずでした、この時の私はそう思っていました

遊びながら稼ぎ?スマホで簡単誰でもOK!
5名無し iPhone ios14.4
10/28 11:04
お義父さんがうらやましい
俺も、息子が嫁貰ったら、やってみたい


近所のヤリマンを探せる新システム♪
6マリコ Chrome
12/10 14:59
それから暫くして主人が出張に出掛けた夜
寝室で寝ていた私は人の気配で起きるとそこにはまたお義父様が裸で立っていました
お義父様は有無を言わさず私に覆い被さり唇を奪います、両手は押さえられ私にできるのは身をよじる事ぐらい「うぅ、うぅぅ」お義父様の舌が私の口内を●辱していきます
そして空いてる片手がパジャマの上から私の股間を撫でてました
足をバタつかせるも意味は無くてお義父様の指先がパジャマの中に侵入して下着越しに私の股間を上下に動いて「マリコさん、マリコさんのココがどんどん熱くなってきた、感じてるんじゃろ、ほら、ほらほら」「ち、違う、違います」そうは言うものの体は正直に●暴でも愛撫されれば自然と熱く男性を受け入れる準備が出来た印が下着に出てしまい「下着越しに何かヌルヌルしてきた、欲しいんじゃろ、ワシがワシのモノが欲しいんじゃろ」「違う、違います、からぁ、も、もぉ、許して」お義父様の指使いに私の体は熱く段々吐息も
「マリコさん、見てごらん、ほら、こんなに」お義父様の指にとろとろの汁が指を開くと糸を引いて、もう恥ずかしくていっそ死んでしまいたい
そしてまたお義父様に唇を奪われパジャマのボタンを外され胸を股間を愛撫されて私の息も荒くなってきた時です「マリコさん、そんなに声を出すのは嬉しいがミカちゃんに聞こえてしまうぞ」その一言で我に帰る私、しかしだからと言ってお義父様の愛撫は終わりません
手で口を押えて必死に声を出さないように、でもお義父様の手が舌が私に声を出さそうと体中を愛撫します
指が下着を掻き分け割れ目を撫で中を掻きまわして執拗に責められ絶頂してしまうともう抵抗する気力も、下着ごとパジャマの下を下ろされてお義父様の固い熱いたくましいモノが私の割れ目を広げて入って来ます
「だめ、だめです、お義父さん、許して」そう言っても体はお義父様を受け入れてしまってます、激しい腰使いに容赦なく絶頂に昇らされて私にできる事は娘に声が聞こえないように必死に声を我慢する事だけ、この日はお義父様は私の中に2回出して治まったのか満足そうに出て行きました
こうして主人や娘が居ない時を狙ってお義父様は何度も私を犯しました
そして私の体も知らず知らずの内にお義父様を求める様になっていたのです

エッチもマジも調教もココで探せる相手♪
7マリコ Chrome
12/11 05:11
お義父様からレイプされてる間も主人との夜の営みはありました
大好きな主人に誘われるのは本当に嬉しかったしお義父様との事もあって後ろめたさもあって主人から「最近積極的じゃない?」って言われるほど、でもある日気づいてしまったんです
その夜も主人にベットに誘われ私も嬉しくて寝室に向かいました
そしていざ始めてみると何か違うもっと乱暴にされたいのに主人の愛撫は何と言うかこうじれったい私の感じる所とずれているような前は気持ち良かったのに、そしてそれは主人が私の中に入って来た時に分かりました
主人の物が私の中に入ってきてしっかり根元までつながった時、私は「えっ?嘘でしょ、お義父さんのはもっと奥まで入って来たのに」って思ってしまったんです
私の体はお父様に犯され主人の物では満足できなくなってしまっていました、そしてお義父様は3回4回しても果てる事無いのに主人は1回で果ててしまうんです
「マリコ、気持ち良かったよ」「ホント?嬉しい、私も気持ち良かった」と唇を重ねますが体は火照ったまま私のアソコはお義父様を欲しがっていました
主人が気持ち良さそうに寝ている隣で火照った体で寝付けるはずもなくトイレで慰めるも火照りは治まらず翌日私は主人を遂に自ら裏切ってしまったのでした
主人は休日出勤、娘は友達と出かけた午後、我慢できなくなった私はリビングで新聞を読んでいるお義父様の前に立ち「お義父さん」「うん?マリコさんどうしたね?」顔を赤らめてモジモジする私を見て察したのか立ち上がり「ワシの部屋に行くかね」頷く私
リビング隣のお義父様の部屋に入るとお義父様は私に抱き着き唇を奪います、私は抵抗することなくお義父様の舌を受け入れるというよりは積極的に自分から舌を絡めました、お義父様の手は背中をお尻を愛撫して私はお父様の背中に手を回していきます
耳元で「さて、マリコさんどうしたいんじゃ?ちゃんと言わんと分からんの」「お、お義父さん、お願いします、体が、体が疼いて仕方ないんです、お義父さん抱いてください」お義父様に言われるがまま服を脱いで裸になり仰向けになって私に覆いかぶさるお義父様を受け入れました
お父様の愛撫は体中を私の気持ち良いと思うところを的確に責めてきて昨晩からの疼きもあって簡単に昇り詰めてしまいます
「お義父さん、そこ、そこ気持ち良いです、もっと、もっとして」主人には言ったこない自分からそんな事言ってしまうなんて「ああ、そこじゃないの、焦らさないで、お願い、ああ、そこ」時には執拗に時には焦らすようにお義父様の手と舌だけで何度も絶頂してしまいます
「マリコさんそろそろワシも気持ち良くなりたいの、こないだしたのをしてくれんか」私の体から離れて仁王立ちになるお義父様、「はい、お義父さん、今度は私で気持ち良くなってください」お義父様のそそり立つ物はオスとして充分すぎるほど魅力的でうっとりするほど、私はそれを手で支えて袋の方から舐めて行きます「どうじゃ?ワシのは」「大きい、それに熱い、太くてたくましくて素敵です」お義父様の顔を見ながら口でお義父様の物を包み込み頭を動かします吐息を漏らしながら「大きくて全部咥えきれない」「マリコさんすごいエッチじゃ、気持ち良いぞ、婆さんはこんなことしてくれなんだ、もっとしてくれ」「はい、お義父さん」お義父様が喜んでくれているのが凄く嬉しかった

家が風俗に!可愛い彼女が見せて抜いてくれる♪
8マリコ Chrome
12/11 05:12
「お義父さん、私もう」「ああ、ワシも」私は床に仰向けになって足を広げ「お義父さんください、お義父さんので私の体をめちゃくちゃにしてください」主人にでさえいいえ過去付き合ってきた男性には一度も自分からこんな事言ったことないのにお義父様が私に覆い被さりお義父様の物が私の中にそしてゆっくりと奥まで主人では届かなかった奥まで入ってきます
「ああ、マリコさん中が熱くて溶けそうじゃ」「お義父さんのも熱くて火傷しそう」唇を重ね最初はゆっくり徐々に早く激しくお義父様の物が私の中をめちゃくちゃに掻き回して私は何度も絶頂を迎えました
「どうじゃ?ワシのは、息子なんぞのよりワシの方がええじゃろ」「はい、お義父さん、ユウジさんより良い、お義父さんのがユウジさんより全然良い、もっと、もっとして、私の中をめちゃくちゃして、お義父さんので私の中をいっぱいにして」お義父様に腰を激しく打ち付けられる度にお腹の中でズン!ズン!ってされて何も考えられなくななって「マリコさん出そうじゃ!出して良いよな、マリコさんの中でイキたいんじゃ」「お義父さん、中に、中に下さい、あああ出てる、中に出てる」お義父様にしがみつくように手足を絡めてお義父様を受け入れました
「お義父さん、どうですか?」「おお、良い眺めじゃ、それに気持ちええ、天国じゃ」今度は仰向けになったお義父様に私が跨り腰を動かします、中でお義父様の物がさっきよりも更に奥に当たって腰が止まらなくなっちゃいます
「ほら、お義父様見て、お義父様の物が、私の割れ目掻き分けて中で暴れてる」足を開いてお義父様に繋がってるとこを見せつけて「ああ、いい、気持ちいい、お義父さん、こんな、ああまたイキます、お義父さんイキます」「ああ、何度でも、何度でもイってくれ、ワシにマリコさんのイク所見せてくれ」
お義父様の上でまた何度も絶頂を繰り返しあられもない姿を晒して再びお義父様の熱いほとばしりを中で受け止めました
繋がったままお義父様の上で惚けて余韻とお義父様に体中を愛撫される気持ち良さに身を委ねていましたがお義父様の物は私の中でまだまだ元気、「じゃあ、今度はこういうのはどうですか?」床に四つん這いになってお尻をお義父様に向けてお尻を自分で撫でながら「今度は獣みたいに私を、お義父さんのそのたくましいので私をめちゃくちゃにしてください」こんな事主人に言った事もないのに自分でも驚くくらい積極的にお義父様を求めていました
私の割れ目からお義父様から頂いた熱いほとばしりが垂れてしまったみたいで「ああ、せっかく注いでやった子種が勿体無い」押し戻すようにお義父様の指が中に入ってきて中を掻き回して「マリコさんの中トロトロでマリコさんのやらしいお汁で指がベトベトじゃ」指が抜かれると今度はお義父様の物が割れ目を掻き分けて入ってきました

最初は女友達 ⇒ やがて♀豚調教実践!
9マリコ Chrome
12/11 05:12
激しく腰を打ち付けながら「マリコさんあんたは本当はスケベな女じゃ!夫の居る身で他の男それも旦那の親と交わる変態じゃ!この変態女!みだならメスめ!謝れ!ほら謝れ!」「ああ、ごめんなさい、淫らな女で変態な女でごめんなさい、主人を裏切ってごめんなさい」お義父様に罵倒され腰を打ち付けられ何度も謝罪を口にしながら何度も絶頂した私、最後は仰向けになってお義父様に覆いかぶさられお互いを見ながら「マリコさん最高じゃ、腰が止まらんわい」「私も、私も気持ち良すぎておかしくなっちゃう」「マリコさんまた出してもええか?マリコさんの中に注いでやるぞ」「はい、お義父さん、ください、中に、お義父様の熱いのを注いでください、私の中で、ああ、いく」
余韻に浸ったまま気が付いたらもう夕方「ママただいま」と娘の声が「ママどこ?」「あっ、ユキちゃん、ごめん今お義父さんのとこに居るから」慌てて下着を着けて服を着て身だしなみを整え出ていきます
「お義父さん、腰を痛めちゃってシップ貼ってたの」「そうなんだ、あれ?ママ顔赤いよ?」「気のせいよ、今からご飯の支度するね、荷物置いてらっしゃい」「はーい」この夜私はお義父様から注がれた子種を下着がぐちょぐちょになるくらいに垂らしていました
こうして主人と娘を裏切ってしまった私、最初はそれこそ後悔と罪悪感がありましたがそれでもお義父様との行為は止められずいつの間にか背徳感に変わり今ではお義父様にしてもらえるなら主人に平気で嘘をつくようになってしまいました
あんなに大好きだったはずなのに
そしてこの時、私はまだお義父様の本性も本当の自分も知りませんでした

女とヤリたい?本当?ハイ即入室!
10名無し iPhone ios14.8.1
12/11 08:54
>>9
おはようございます
生入れの生出しですか〜
ま、父・息子だから万が一の時も(#^.^#)

お義父様の本性と本当の自分とは?

[1]前へ次へ[3]
/1

書く|更新|

今日:6/昨日:2/累計:1395
大人の秘密デパート
特価品 sex恋人 コス衣装 SM責具 秘媚薬
小珍棒 sex恋人 艶下着 テンガ 珍増大
アダルトグッズ
ボレロ&マーラー イククル

☆セクシースタイル♪
極エロ下着

☆猥褻に!淫欲に!
【オナおかず本能の館】
本能の館トップ
人気投稿紹介
下ネタ猥談
淫欲投稿板
夜這い寝込み悪戯
スカトロ汚物マニア


スレッド一覧