ヘラホール
PCMAX ワクワク

☆エロエロ好きさん♪
勃起力復活

☆マニアとフェチのサイト
【無料アダルトエロ屋】
エロ屋トップ
エロなお話
エロニュース
フェチの部屋
マニアの部屋
排泄汚物部屋

SM変態動画毎回更新
▼無料で短編動画10万本以上閲覧OK!

アダルト動画検索(18禁) 短編無料閲覧!

アダルト動画 DUGA


最初から見る 最新から見る
面白いと思ったら⇒投票する
■現在の投票数:267
裏側
1匿名 iPhone ios12.5.2
09/15 12:15
誰にも言えない知られてはマズイ
秘密
男と女の 心の扉を開けた 短編ストーリー
ツイート

書く|更新|
返信数:59件

51匿名 iPhone ios12.5.2
10/15 00:12
飛ばし屋さん 特殊能力ですよ( *** )
いつも読んでくれてありがとうございます


オジサンでもエッチ相手探せます
52匿名 iPhone ios12.5.2
10/15 13:17
私は 数人の男達に囲まれ弄ばれるシチュエーションの中です
「入れて欲しい?」「大人になりたいんだろ」「もう 諦めろよ 指よりいいもの入れてあげる」聞こえもしない男の人の声が頭の中を
駆け巡る中で
私は男性器の代用品とした物を 少しづつ押し込んでいきました ちょとした痛みを感じますが「大丈夫…ゆっくり入れれば これぐらいなら処女膜 大丈夫だから…」痛みもたいして感じなかった事で気付いた時には中まで入っていました
入っている…入っちゃったと感じた私は
手錠を掛けて 見知らぬ男に辱めを受けて堕ちていく お姫様になっていました
アソコに入れたままで その世界に浸り
「いけない子には お仕置きしないと 」
入れた物を深く押し込み クリトリスを指で
摘み続けます
物を入れ クリトリスを弄る気持ち良さを身体で知った私は ホントのセックスを経験してみたいと思うには時間はかかりませんでした
それでも こんな自分を身近な人に知られたくない気持ちは 私をネットの世界に導きます
今までは 少しHな漫画など見ていただけでしたが その先を探し始めます
私の望むキーワードで検索すると…
興味はあっても まだリアルに男性との経験には躊躇いを感じていた私 会話など話しをするだけでもいいと言う人と やり取りを始めます
色々な年齢の人 何人もの人とエッチな話しや
私の知らない事を知っていく中で
ある男性に「エッチな身体を見せてよ」
「恥ずかしいなら顔はいいからアソコだけでも見たいな」
顔を見られないと思う安心感から 私は裸体を
見せてしまいます
「すげ〜綺麗だね 素敵だよ」褒められていくうちに 今まで男子に言われた事も無い言葉に
舞い上がっていきました
居場所を見つけた私は さらに「Mなの?」
「多分 そうだと思います」今までに自分が感じた事や 囚われた主人公… 性的体罰の事を
正直に言うと「マジ ドMなんだね その歳で
変態だって気付いているなんて もし良かったら俺が調教してやるよ」「それは… 怖いし
まだリアルには…」経験してみたいのに まだ
初体験も経験してない私は 素直になれなくて
拒みむと 「メールでどう?合わないし 怖くないでしょ」 少し悩み返事を詰まらせていると
男性は 強い口調で誘ってきます…
断れない私は それに押されるように承諾してしまいました
もう私は 言いなりで男性の要求に応えていると 「夏休みに入ったら合わないか?」
男性の誘いに 再び流されるように約束をしてしまいます
男性が 夏休みの連休を利用して 私の住む街に
来る事に… 私は初めて逢う事に 約束した時から 逢った時の事を考える私は
男性に「僕が 縛ってお仕置きしてあげるよ」
と宣言された言葉に 気持ちの奥ではドキドキしっぱなしでした
三十代の男性 私から見るとオジさんにしか見えない人と私は…
男性の希望通り? それは命令として言われていました「それが 学校の制服?」「はぃ」
「可愛いな 似合ってるよ 顔だって可愛いじゃん 」面と向かって可愛いなんて言われた事のない私は 嬉しくて仕方ありません


オシッコ・アナル命令マゾ女待機中♪
53匿名 iPhone ios12.5.2
10/17 01:45
「まぁ 見ればわかるけど ホントに13なの」
「はぃ…」「初めて?」「はぃ」「その歳で
Mなんだ… 楽しみだな」喜んでくれるのを聞くと不思議な感じを受け始めていました
ホテルに入ると制服のままで 私を四つん這いにして
「オマンコにオチンチン を入れてください」
男性に スカートを捲られ言わされながら
下着の上からアソコを撫でられると初めて
触られた驚きに変な声をあげて 腰を動かして
しまうと「動くな!」恥ずかしいのと
触られ走る感覚に どうしてもジッとしていられるない私に「これが 欲しいんだな だから
動くんだろ」男性が手にしているのはベルトでした「悪い子にはお仕置きしてあげる」
いつも想い描いていた世界が…
叩かれると思って 待っているのに何故か
叩かれません…
叩いては来ませんが その状況にドキドキが収まりません
男性の目線が 四つん這いの私の お尻に集中して下着を見られて とても恥ずかしく思っていると「ガキの癖に 濡れてパンツが沁みているぞ」下着のその部分を手で隠すと「なんだ その手は?隠すなよ その手を縛って欲しい?
いつも手錠をしてたんだろ 縛ってと お願いしてごらん」「聞こえないって もっと大きな声で言って」とても声にして出せない私
それでも心の中では そう言っていました
「まぁいい 言わないなら それでもいいよ 君の好きなお仕置きが増えるだけだから」
四つん這いの姿勢から解放された私は
「パンツ脱いで」
制服のままで パンツだけを脱がされると
「そこで アソコを弄って オナニーして」
いやらしい目つきで 私にそう言ってきたのです
「いつもやってるんだろ見せて」
「やれよ オナを見せろって言ってんのが聞こえないのか!」恥ずかしがっていた私は
恫喝されるかの様に言われてさらに
「○○中学の1年3組 ○○」そう私の制服には名前が… 「やらないと わかっているな」
こんな事があるとは聞いていました…
今さら後悔しても 私は言いなりになるしかありません 男性の前でセックスすら経験もないのに初対面の人の前でオナニーを披露させられたのです
「濡らしてるね 恥ずかしのも好きそうだ」
アソコを触る手は 恥ずかしさに震えてしまい
濡れるだけで気持ちいいなんて感じない
オナニーが終わると 腕を縛られて
「これが望みだったんだろ」後ろ手に縛られた私はベッドに転がされると男性も服を脱ぎました 実際に そうされると もう怖くて…
初めて本物の男性器を見せられるとグロテスクな荒々しさと大きさに逃げ出してしまいたい気持ちになりますが もう無理だと…
それが 口に押し込まれました 頭を掴まれると男性は私の口の中で動きながら スカートの上から お尻をベルトで叩き「こんな風に 初体験をするのは 君だけだろうな」
男性は 私の口から離れると足を開かれアソコに…
「なんだ ビチャビチャに濡れて」アソコの
入り口で アレを擦り付けられて
身体がのしかかってきました 入って来た瞬間
痛みは感じましたが 思っていたほどではない痛みに 私の頭の中では セックスしている
私 今 縛られてセックスしている…
切ない初体験を終えました




秘密だから女もヤリモク逆援希望者♪
54匿名 iPhone ios12.5.2
10/19 13:11
娘が突然 私に結婚したい人が居ると彼氏を
連れて来ました
高校を卒業して まだ一年ほどで 19歳になったばかりの娘
数年前に夫が突然他界してしまい大学に進学させられなかった家庭の事情もあり私は反対する気はありません
私を 一人にするのは心配だと言う娘は 私と
同居してくれる事に 夫を亡くして寂しかった家も明るくなりました
優しい娘の旦那さん 私にも気を使ってくれて
家の事も良くやってくれますが 娘達の仲睦まじい姿や 夫婦生活の気配は嫉妬を感じ
私の女である部分を呼び覚まされては寂しを
感じていました
血の繋がりの無い異性の存在に 私も家の中で常識の範囲内で 身だしなみを整えオシャレをすると女である事を感じ始めると娘達を見ていて 昔を思い出していました
娘を叱る彼 それに対する娘の反応が
私の血を受け継いでいるんだな…私と同じだと思うと亡き夫を思い出していました

夜も更けていない時間帯 娘達が寝室に入っていき私は 一人でテレビを見ていました
何やらしている音が聞こえます もう慣れた私
仲良くしているんだと思うほどで気にもしていません その内に 彼が台所に… 気配を感じていましたがテレビを見ていた私は 普段と変わらない中で 気配を感じ その方を見て私は
時が止まりました
張りのある男の裸体 アソコが 荒々しく そそり立っていました あまりの事に言葉を失った私に その身体が被ってきます
抵抗しますが… そして私は 声を出して抵抗しもいいのか?もしそうした時は?娘の事も考えていると私の手首に手枷が
何? 何んで そして足首にも足枷を付けようとするのを感じバタつかせて拒み「ちょと 何をするのヤメて…」手慣れた手付きと力で
手足の自由を奪われていました
犯される …どうしようと思っている私に
「義母さん 素敵です あいつに似て可愛いです」「ちょ… 待って 何 冗談はやめて…」
裸の若い男が アソコを固くして 息が掛かる近さで 迫ってくる もう私は訳がわからなくなりかけていると
「義母さん僕に調教されませんか?」
何を言っている?
「奴隷にしたいです 僕の奴隷になりません?」耳を疑う言葉に不安が走りました
「後ろを振り返って見てみな」娘の姿が
今の状況を言い訳する事もありません
束縛着に身を包み 首輪を付けられている娘
その意味を理解する事は私には簡単の事でした
旦那だと言う彼が 御主人様である事は間違いの無い事実で 娘が調教されている事を一瞬で
察した私…


最初は女友達 ⇒ やがて♀豚調教実践!
55匿名 iPhone ios12.5.2
10/19 22:38
手足を束縛され私を座らせると
「無理に義母さんを 奴隷にはしたくはありません もし僕の奴隷になり調教されたいと思った時は言ってくださいね 今日は○○が
調教され成長した姿を知って貰おうと思って
ただそれだけですよ」
彼は娘に「オイ 義母さんの前だ 恥ずかしくない様に しっかりやれよ 成長した姿を見て貰え 義母さん見てて下さい 義母さんほどじゃないですが ○○も 義母さんに負けないぐらいのドMですよ」
彼の言葉に私は… 私がM女って 何故知っているのか 夫に調教されいた事を何故 彼が?
私は血の気が引きました
彼の合図に娘が 私の前に来て正座をすると
「お母さん… 私を御主人様と結婚させてくださり ありがとうございます
私は御主人様が居ないと 駄目な女です
これから御主人様に調教されて奴隷になった私を見てください
私… 私ね お母さんが お父さんと何をシテいたか全て知っていました… お母さんが調教されていたのを見た事もあります
その記録してある DVDも見ていました
お父さんが居なくなってから私を 育てくれ彼との結婚も許して貰えた 感謝の気持ちです
彼でも 良かったら お母さんと一緒に…
私だけ 幸せだなんて… お母さんも… せめて
身体の寂しさをだけでも埋めて… ね
お願いします お母さん 私と一緒に彼の奴隷になって下さい じゃないと私…」
涙を浮かべ言葉を詰まらせる娘
後から知ったのは 私と夫との行為を知り 見ては私と同じ様にMだと知った娘が 普通の恋愛では 満足出来ないでいた頃に 余す性癖の相手を求め援助していた娘に 救いの手を差し伸べてくれたのが彼だと知りました そして彼に「僕が 一生 ○○を奴隷として調教していくよ ○○の望む事を全て叶えてあげる」
私の事を娘から聞いた時も 「○○のお母さんさえ 良ければ 一生 性的にも 生活も僕が面倒見てもいいよ 介護だってする」母子家庭の
娘には全ての願いが…

私の前で 涙を拭いて彼に 三つ指を付き頭を下げて「御主人様 よろしくお願します」
娘と彼の行為が始まります




女とヤリたい?本当?ハイ即入室!
56匿名 iPhone ios12.5.2
10/20 18:46
余談ですが 最近
動画サイトで 削除が進み見れ無くなっていく
ロリ系 援交系モノを発見しました
とある動画サイト内に リクエストなども受けていた妹への悪戯や行為
知る人ぞ知る 関西 千春までありました
毎日 興奮して投稿への意欲に繋げています

誤字 脱字など 用語も上手く使えない投稿を
読んでくださり ありがとうございます


最初は女友達 ⇒ やがて♀豚調教実践!
57匿名 iPhone ios12.5.2
10/20 21:13
19歳になったばかりの娘は 私から見ても
わかるほどに… どれだけ男性のモノが好きなのと感じ取れます フェラする娘は 片時も離さないと感じるフェラ… 口から離れると すがる様に男のモノを追いかけて舌を絡めて咥えている娘
髪を掻き分けられ私に その顔を見せてくる
彼の手に恥じらいを見せても休む事無く
続けられ 見た事もない淫らな女の顔を見せて舐める表情は もう私の知っている可憐な娘とは別人です
男のモノを求め 淫らな目で見つめ「御主人様のチンボ 美味しいです お尻の穴の清掃をしたいです もう舐めさせてください お願いします」「今日は やけにいやらしいな 義母さんが見ているからか? 舐めたいなら舐めていいぞ」「ありがとうございます」
そんな光景が 繰り広げられるのを見ている私
の中で 過去の私の思い出が鮮明に蘇っていました 「そうだ ケツの穴を舐めたいなら
アレを再生しろよ お前 好きだろ」
「えっ… でも お母さんが…」「そうか嫌なのか わかった じゃあ もう何もしないでいい 今日は終わりだ」「嫌…ごめんなさい 言う通りにします だから 御主人様のお尻の穴を舐めさせてください」
娘が 部屋からDVDを持ってきてリビングの
テレビで再生されると 映し出されたのは
私の思い出でした
幼い頃の娘が寝ている すぐ横で私が 夫に調教されながら「この子も お前に似て将来 男に調教されるんだろうな 性格が お前に瓜ふたつだ」寝ている娘の真横で突かれて逝く 若い頃の私が… 忘れた事はありませんでしたが
まるで今日の様に記憶が頭の中を駆け巡ります
つい先っきまで 心の中に隠していた私の思い出が 数分で暴かれた私は…
「やめて ビデオを止めて… 奴隷になるから
調教しても構わないわ もう映さないで…」
涙を浮かべた娘の事や 私の身体の中から滲み出てくる熱に そう言っていました
「○○ 良かったな義母さんも 奴隷になるってよ 一生に楽しもう」 私の元に来た彼の手が 足枷を外して膝を開きます
反射的に 足を閉じた私 さっきお風呂に入って新しい下着に履き替えてはいますが
その下着が今 どうなっているのかは知っていました
彼の手に力が入って 開こうとすると どうしても見られたくない私は…
その間も 娘は彼のモノを握りしめ お尻に口を付けています
「義母さん 奴隷になるって言ったのは嘘なの? 」強引に手が下着の上からアソコに触れると 何年も感じていなかった男の手の感触と
クリトリスに触れられた事で 抵抗していた力が抜けてしまいました
「こんなに 濡らして 今日は義母さんが主役なんですよ 明日 43歳の誕生日でしょ 僕達からのプレゼントです 今夜は いっぱい感じてください」
180度 全ての環境が変わってしまった私には
抵抗する気力も失せ 亡き夫への貞操も失せて
しまうのと 再び奴隷になる思いに言われるままに身体を任せていました
気づいた時には 私の身体は自由を奪われ
閉じる事も出来ない様に 開脚されていました
「調教されると約束をしてくれた義母さんの
ココを 奴隷マンコにしないと」
長年 手入れなどした事のない 伸びきった陰毛
は「○○ お前が ツルツルに剃ってやれ」
彼の命令に従う娘が 私の陰毛を剃り始めたのです
私は DVDといい剃毛といい 夫とは違い
理性が崩壊するほどの辱しめを娘夫婦に受けます

貴方だけに見せてくれるオナと秘密のアソコ♪
58匿名 iPhone ios12.5.2
10/22 09:50
奴隷として調教が始まる私への準備が整ったのか 娘が後ろに下がります
「そこで見てな」「はぃ」
「義母さん これ僕達からのプレゼントです」
私に渡されたのは私の名前タグの付いた
娘とお揃いの首輪です
彼が私の首に付けると 忘れていた甘酸っぱい興奮が身体を包み込みアソコからトロリと溢れ出したのを感じました
もう人に見せるほどではない身体を
隠す事もなく アソコを開いた私の前に そそり立った 男性器が 頬に当てられると
今の状況に私は 奴隷になったと言い事もあり
反射的に それに唇を寄せ口を開くと
「どんだけ飢えてんの義母さん そんなに舐めたいの チンボ好き?」良かれと思いシタことで 私の本性を晒してしまいます
「今日は義母さんの為に僕がしますよ」
そう言って私のアソコを舐め始めました
娘の気持ちを考えると娘の前で 彼のクンニに感じる姿を見せられるはずもなく耐えていますが そんな虚勢は数分で…もろくも崩れました
アソコを吸われるだけでも十分に刺激的なのに 私のアナルを舐めてくると 中に舌が…
思いもよらない部分を舐められたのと
夫以外 初めての事もあり私の羞恥心は一気に高まります
お風呂には入った後ですが …
「それじゃ義母さん 入れますよ お願いしなよ」 膣口に彼のモノを感じている私は
「お願いです 入れてください」何年かぶりの
男性器に 私は声をアゲてしまいます
もう娘への気遣いが出来る状態ではありません アソコは濡れ音がする事も…
「義母さん これは僕からのプレゼントです
受け止めてください」愛液に塗れた男性器は
ほぐされる事無く 私のアナルを押し広げて来ました
長い間 受け入れていなかったアナルに痛みが
走りますが 容姿なく深く入って来ては
腰を打ち付けられますが 気持ち良くなる以前に お腹の中を綺麗にしてない方が気になり
「やめてください… そこは…」「なんでだ
ナが嫌なんだ」「綺麗にしてないから…汚れちゃう」「何だ そんな事か気にするなよ」
彼の動きは止まらずに動き続け
「糞を漏らしてもいいぞ ○○の前で糞まみれになって逝けよ」
痛みも消え 気持ち良さに包まれていく私には
ただ 歓喜の声をアゲる事しか出来ません
彼の射精を受け止めた私は気力を奪われ
だらしなくアナルから精子を垂れ流して43歳の誕生日を迎えていました
御近所さんや 知人達には「娘さんの旦那さんと仲良くて羨ましいわ 同居して楽してるんでしょ 最近 アンタ綺麗になったし 幸せそうね」そう言われます
母娘共々 彼に毎日 調教される中で女として活性化された心身は輝きを増していました


悪質除外!安心安全実績の大人のSNS
59匿名 iPhone ios12.5.2
10/25 14:25
古い話を少し…
俺の職場に入社して来た 23歳の新人に
Mじゃないかと普段の仕草や表情を見て感じ始めていた俺 12歳年下の その女を口説き
付き合う事になりました
俺が既婚者であるのは承知で付き合う俺達
仕事帰りにドライブに行った帰り道 キスして
高まった俺は 帰り道に運転しながら手を握っていた そう手を太腿に…
抵抗をしな彼女のスカートの中に入って行くのは簡単でした
ジッとして 俺の手を拒むこともなく居る彼女を引き寄せると 肩に顔を埋め寄り添っています 下着の上からアソコを撫でワレメをなぞりクリを刺激しても無抵抗です
ストッキングを履いていて 滑りの良い指
その滑り以外にも 滑らかに動く指…
下着の中が濡れているのがわかりました
膣口を押すと しっとりする指先に俺はホテルに誘うと頷きます
ホテルまでの 30分ほどの車内では 彼女の乳房を揉み アソコを刺激し続けホテルに入り
薄暗い中で 隅々まで彼女の身体を愛します
アソコに触れると 恥ずかしそうにする彼女
初日だから? 気にも止めないで俺は下半身を
愛していき クンニにしながら お尻を舐めながら お尻をワレメを軽く舐めます
抵抗しない彼女 もう一度… 嫌がらないのを見て 何度もアナルを舐めてから正常位で挿入しようとする彼女を見ると頬を赤らめています 初々しいさを感じながら突き上げました
「最後は 外に出すけど 何処がいい?」
俺は 彼女を少し試す様に「胸?顔? それとも飲んでくれる?」「好きなところでいいよ」
俺は遠慮して胸の辺りに放出しました
甘い吐息を漏らし 飛び散った精子を指先で確かめる仕草に この女は飲精可能だと思い
射精した チンボを顔に近づけると 目を閉じて
素直に咥えます
事が終わり 横になった俺達 微笑みを浮かべると彼女は俺の胸に顔を埋めて 甘えます
完全に堕ちたのを感じていると「私の アソコ
の…長いでしょ」マンビラの長いアソコを気にしている様です
俺は身体の欠陥を指摘するのと話題にする事は障害者への偏見と同じで敢えて触れる事はしません
コンプレックスを抱いているのか 俺の顔を見て返事を待つ彼女
形 色 長いマンビラ 彼女よりもずっとグロい
マンコを知っている俺は 別に何とも思っていない口調で「これぐらいの子は たくさんいるよ」と交わします
セックスをした事で さらに深い会話を
「どんなセックスが好き? 良かったら教えてよ」不倫の関係 セックスを楽しむ為に聞いた彼女の答えは
初体験は高校生を卒業してからと遅く
元彼のセックスは 相手がマグロで 彼女がフェラして 騎乗位で… そんなセックス
「私 無理矢理とかが好き」「ホントには怖いけど 犯される様にされたい」とMの気質を見せます


オジサンでもエッチ相手探せます
60匿名 iPhone ios12.5.2
10/26 12:34
「お前 M?」俺は感じていた核心に触れると
「ぅん…」「ヘェ〜 何か経験ある?」「ない ない 何となくMじゃないかって思うってるだけだよ」「俺が シテやろうか?俺 そ〜ゅうの好きだから」Mだとは年齢的には知っているとは言え具体的な内容は 何となくでしかない
彼女に帰り際に「これ やるから見てごらん
この中の事をするのがSMだよ」
ゆっくりと捲る彼女は呼吸が深くなり捲る手や腕がワナワナと震えていきます
軽く見た後 「家で じっくり読んで来な」
読んだ後は捨ててもいいと 渡した雑誌は
マニア的なニャン2雑誌です
翌日の夕方に「読んだ?」「ぅん…」「で どう?」「…」「お前も調教されたい?」
彼女は頷き「あんまり 凄いのは 身体が変わっちゃうから 変な事は…」ピアスなどの事は
嫌がります
会話が進み 俺が
「お前の出来る事をすれば良いよ お前の調教も投稿してやろうか?」「ぅん…いいよ でも私だってわからないようにして…」あまりにも 従順なドMさに驚いたのは俺の方でした
調教経験も無いと言う彼女は 男に染まりやすく流される性格ではないかと…
「今から お前は俺の奴隷になれるか?」「はぃ…」「普段はいいが セックスの時は御主人様って言えいいな」「はぃ…御主人様」
もうM女になりきっています
そのまま彼女をホームセンターに連れて行くとペット用品コーナーで「これからの調教の為に首輪を買ってやるよ 好きなのを選べ」
驚きながらも羞恥を見せ選び買います
その日は ホテルに行く時間は無く 夜景の見える場所で会話を楽しみながら居ました
そろそろ帰る時間 「この次に会う時は 調教してあげるからな」「はぃ…」俺は買って来た首輪を彼女にハメて見ます
顔が赤くなっていき 恥じらい「最初は 優しい事から お願い… 御主人様」
染まりやすいのか 身に染みたMなのか それとも過去に経験があるのか?
敢えて触れませんが 彼女はM女 そのものでした
彼女を初めて調教する その日 街中のホテルを選びました
ホテルに着く直前に「そうだ 首輪を付けて」
「今?」「あぁ そうだよ ホテルに入るんだ
お前が 奴隷調教されに来た事を知ってもらう為にだよ」「えっ… そんな 恥ずかしいよ」
「奴隷じゃないの?調教されたいんだろ」
彼女は羞恥の中で首輪を付けると髪の毛で首輪を隠すように俯き助手席に座っています
タワーの駐車場に車を止めてフロントで部屋の鍵を受け取るりエレベーターの前に
終始 俯いたままの彼女 そのスカートを巻くり お尻を出すと「嫌… 誰かに見られちゃうってば」「誰にも会わないよ それに首輪をしてんだ 誰が見てもMだってわかるよ」
部屋まで お尻を出したままで連れて行き
風呂の準備をする間 持参した調教道具や玩具を出して彼女に見せると引く様に見ては触れていました
「そろそろ お湯も溜まったかなぁ 一緒に入るか」脱衣所で服を脱ごうとする彼女に
「ここで脱げよ」下着と首輪だけになった彼女に 「下着もだ」ブラを外しパンツを脱ぐと
丸めて脱いだ服の中にしまおうとする彼女に
「パンツを寄こせ」背中に隠す彼女に
「ほら 言う事を聞け」強引に下着を取り上げると俯き顔を赤く染める彼女


[1]前へ次へ[3]
/6

書く|更新|

今日:140/昨日:58/累計:6327
大人の秘密デパート
薄珍袋 テンガ 無線動具 満コリ機 秘媚薬
秘媚薬 無線動具 sex恋人 ヌルヌル液 特価品
アダルトグッズ
PCMAX ワクワク

☆セクシースタイル♪
極エロ下着

☆猥褻に!淫欲に!
【オナおかず本能の館】
本能の館トップ
人気投稿紹介
下ネタ猥談
淫欲投稿板
夜這い寝込み悪戯
スカトロ汚物マニア


スレッド一覧