ヘラホール
PCMAX DUGA

☆エロエロ好きさん♪
勃起力復活

☆マニアとフェチのサイト
【無料アダルトエロ屋】
エロ屋トップ
エロなお話
エロニュース
フェチの部屋
マニアの部屋
排泄汚物部屋

SM変態動画毎回更新
▼無料で短編動画10万本以上閲覧OK!

アダルト動画検索(18禁) 短編無料閲覧!

アダルト動画 DUGA


最初から見る 最新から見る
面白いと思ったら⇒投票する
■現在の投票数:2226
マナとヒナのコアな関係
1匿名 iPhone ios16.0
05/28 12:51
同性カップルの SM な話し

ツイート

書く|更新|
返信数:52件

44匿名 iPhone ios16.0
07/07 20:25
M字でKさんを求めさせられながら 今にも出てしまいそうになっている体内のディルドを気にしていました 肛門を締め排出を我慢している私に

「ヒナ オチンチンを入れて貰う前に 出さないと そのままで 入れて貰う?」私はアナルに双頭ディルドを入れていました    出したいと思ってもKさんを 目の前に居る中で 
そんな事は…
羞恥に駆られていると「K ヒナのアソコを舐めなよ Kもシテ貰ったでしょ」
Kさんのクンニが始まり 刺激に締める力が抜けていく中で 長いディルドを放出させた羞恥に
長い吐息を漏らし軽くアクメを感じている私に    Kさんの視線と「ヒナって変態でしょ お尻でも感じるんだよね この子…オマンコも私がフィストしてんだからKのオチンチンでも痛がらないわよ  太いのも 痛いの大好きだもんね 
ねぇ*ヒナ  いいK そのオチンチンで ヒナを逝かせなさいよ」
羞恥に包まれている私へのクンニ その舌が私のアナルの中にまで入って来た
瞬間… 「嫌*アァ*」気持ち良さに声をアゲてしまいます 
Kさんの愛撫は マナさんの命令でもあり 私に構う事なく続けられます 
気持ち良さに喘ぎ身悶えする私 自分でもわかるほどに 愛液が溢れ出ます    それをマナさんが 凝視しているのも感じると 全てが 刺激的に感じ「気持ちいい…Kさん アァ*」
私はKさんの頭を 探す様に手を伸ばし撫で回して  その舌を求めます 
Kさんの愛撫は マナさんの言葉で クリを噛まれ 指で乳首を摘まれ 膣を吸われます          「アッ ァッアァ* 逝っちゃう  だめ それ以上は 逝きそう Kさん 逝ってもいい 逝かせて*」「K 最後は オチンチンで逝かせるのよ」マナさんの言葉にクンニが止まり 私の膝を広げ Kさんがアレを膣口に当てて 「ヒナちゃん 入れます」押し付けてくる Kさんの身体を私も 自ら引き寄せて「入れて… ください  お願いオチンチンを入れてください」私のアソコに導く様に…
マナさんに フィストをされている様な 感覚 身体の中に入って来た その存在感に 私はKさんのモノが 膣口を通過した瞬間に「アー  ぁぁ*逝っくぅ*」アクメしてしまった私…
Kさんは そんな私を見て動けずにいますが
「もう逝っちゃったの K 何をシテるの ほらヤリなさい」マナさんの言葉にKさんは ゆっくり奥に挿入してきます

目の前で見れる女性のオナ!今スグ無料体験
45匿名 iPhone ios16.0
07/08 20:22
「K 何 遠慮してんの」
マナさんの声が…
私に気を使う様に 大きなモノを ゆっくりと侵入させていたKの 腰をマナさんは足で 
「ほら 全部入れなよ」
深く刺さる様に入って来たモノの刺激に私は声にならない叫びをアゲてしまいました 痛みとかじゃなく   まるで貫かれる感覚が…
お腹を 子宮事 押し上げられる深い感じに     「もう ヒナは 漏らしてそんなに気持ち良いの?」私はオシッコを漏らしてしまっていました      「ごめんなさい Kさん…」Kさんを汚してしまった私は「ごめんなさい ごめんなさい」謝りながら泣いてしまいます 
マナさんの命令に Kさんは泣く私を突き続けます     さらに激しく突く様に言われ Kさんも従って 私を…泣きながら突かれる私は   無理矢理 レイプされている様な錯覚に陥っていく中で 二度目のアクメが訪れるのを感じた その直後
意識が薄れていき 気付いた時には Kさんに抱き付きキスをしていました 
長い間 遠いていた男性とのセックス 感じた事もない快楽と 生の熱い温もりに Kさんに全てを…
「K 最後は お尻よ」マナさんの言葉に 私も 虚ろな意識の中で
Kさんに向けて アナルを無防備に差し出して「Kさんのオチンチン入れてください お願いします」
染みついたMの気質と マナさんに調教された作法で自然に言葉を…
男性器を初めて受け入れたアナル 温かみの無いディルドとは まるで違う喜び 対して痛みも感じません  ただ快楽に包まれる私に  マナさんが囁いて来た言葉を 「お願いします 私の お尻の中に 精子を出してください お尻で逝かせてください」
何度も言わされ続けて そんな私を 辱めの言葉で罵り失笑するマナさん 声の中で 意識が途切れます  初めて体内で 男性の精子を受け止めた私 妊娠の危険は無いとは言え 不思議な気持ちの中で Kさんを見つめていた私

初対面のKさんと気を失うほどのセックス…
感じ過ぎた身体に自己嫌悪を…
性的な虐めに快感を感じ 支配下に置かれてないと不安になる性格… ドMを自覚している自分 そんな私にもマナさんの命令とは言え 彼氏が出来ましたが
マナさんとの関係は 私もKさんも今まで通り同じでした

最初は女友達 ⇒ やがて♀豚調教実践!
46匿名 iPhone ios16.0
07/09 19:52
私とKさんとの お付き合いが始まり 「ヒナ 今日はKと デートでしょ 
いい Kは奥手だから ヒナから誘わないと抱いて貰えないわよ」
2人だけでの初デート 優しい彼 でも虐められて感じる私に 今ひとつ物足りないのを感じますが…
でも あの日のアクメが私を… 意識すると身体が疼き彼の下半身へ視線が…
私はアソコが疼くのに 誘う事が出来ないままに   そして彼からも触れられる事もないままに終わったデート 
部屋に帰ると「早いわね セックスしてないの?」
私は頷き返します     「ふ*ん そうなんだ可哀想」マナさんが私の前に立ち アソコに手を伸ばし触れて 「残念ね 欲求不満でしょ ヒナは淫乱だもんね ほら 湿っているよ こんなに濡らして まったく…
濡れてないヒナの オマンコって見た事ないわよ」
下着の中で動く指に 私はマナさんに もたれ掛かると 「私の出番? それとも我慢する?」
何度も顔を振り「嫌…マナさんとシタい…」「私と シタいんだ 良いわよ」
私は淫乱なぐらい 性欲が強い女だと知ります 
我慢出来ない身体は 全てを拒む事も出来ません   痛みも汚い事も 泣きながら受け止め 何度も逝かされる私…

数日後 彼とデートに
「ヒナちゃん 何処か行きたい所ある? 美味しい物でも食べに行く?」私を中心にデートを進める彼に 「私 行きたい所があるの連れて行ってください」「何処?」「SM …SM ホテル Kさんを行きたいです」驚く彼 嫌とは言わずに私を連れて行ってくれました 

全てがマナさんの命令
ホテルに入るとその異様な雰囲気に呑まれつつも気丈に振る舞い「Kさん…私を感じさせてください 私はKさんの彼女です その私を気持ち良くさせて…」
私は彼にセックスを強要しました 彼に対しての命令です 
マナさんにM男として尽くしいた彼の過去は 今は私を気持ち良くさせる為に… 「私を 束縛して」私の身体の自由を奪わせて 奉仕をさせます 
全身を隈なく「舌で 私の全身を舐めて…もちろん足もお尻の穴も全部です…」  いくら命令とは言え私の全身を愛してくれる彼    「Kさん その アァ*噛んで もっと強く…」私の指示通り言いなりに尽くす彼    愛しく思います       舌や指を使わせながら
「Kさん 叩いて お尻を強く叩いて」私の好みに合わせた奉仕は 夢のような気持ちにさせ Sの人の気持ちがわかります 
「Kさん 私…濡れているでしょ 凄く感じる…私 これからもKさんの彼女で居たいです Kさんは私の事…本当の気持ちを教えて下さい」「僕は… よ…宜しくお願いします」マナさん抜きでの彼の気持ちを聞いた私は 束縛を解いてもらい  「Kさん 今度は私が…」 Mとして奉仕を始めます 「ヒナちゃん そんな事… 」
尽くされる事に慣れていない彼は 遠慮を見せます  そんな彼に「Kさん 黙って言う事を聞いて」「はい」私は彼がシテくれた様に 全身を愛し始めます 

彼女不要宣言!PCでスマホで抜く時代♪ 
47匿名 iPhone ios16.0
07/10 19:01
彼の彼女として… そしてMとして奉仕する私 
私の愛撫に 彼のモノが反応しているのが嬉しくて堪りません 後 彼へ奉仕で残すのは…「Kさん オチンチンを舐めてもいいですか? オチンチン舐めさせてください」「あっ はい お願いします」
敬語の彼… 変な感じ 私は彼のモノに舌を這わせ 先走り汁を舐め取り 口に入れると 改めて そのサイズに…
限界まで広げた口 舌を動かす余裕なんて 彼のモノを気持ち良くさせられる自信が持てない私は 深く呑み込む事で…
息苦しさに 咳き込みます 「ヒナちゃん 大丈夫?無理しないでください」「Kさん  私 Mだから気にしないでください お願い私の頭を押さえ付けて…」 彼のを口に入れると彼の手を私は 頭に導きます    でも彼は 添えただけです そんな彼を見つめ 目で訴えます 
少し押さえ付ける彼 私も彼の腰を両手で引き寄せ 自ら限界まで深く…
Mとしての苦しみを自ら与え恍惚感に濡らす私    「Kさん 私を叩いて…」 「もっと強く…」困惑顔で叩く彼 そんな彼に胸が熱くなります 
もっと困らせたい気持ちを抱く私は 彼を四つん這いにさせると 露になったアナルと ぶら下がる彼のモノを触ると
マナさんに聞いた通り私は乳搾りの様に手で扱きながら 「Kさんって Mなんでしょ それとマナさんに聞いたんだけど… LGBTなの? 私とセックスするの嫌ですか」「嫌じゃないですよ 僕はLGBTかも知れないけど別に男が好きとかありません 経験だって断れなくてシタだけです」
私は彼のアナルに指を当てて軽く撫でながら
「でも その時は ここに男の人の入れたんでしょ」「はい」「じゃ私と一緒でLGBTじゃん Kさんもイヤらしいんだね」私は彼のアナルに当てていた指を 挿入して 「舐めて欲しいですか?」
恥ずかしそうに「はい」と答える彼が可愛いくて堪らない気持ちになり 
彼のアナルへ奉仕を始めます 
私同様 マナさんに玩具にされてきた彼のアナルに舌を入れると
「ヒナちゃん 汚いです そんな中までは…」
彼の言葉を無視して続けます

彼女不要宣言!PCでスマホで抜く時代♪ 
48匿名 iPhone ios16.0
07/11 19:33
私の愛撫に感じてくれる彼 勃起させて先走り汁を溢れさせている 長く太い彼のモノ…
私は初めて意識を失うほどに気持ち良くさせられた男性器を見ていると 性欲には勝てません 自己嫌悪すら感じる 本当の自分が 「御主人様… 私を奴隷にして  またオチンチンで逝かせて」と思う気持ちになり
「私 Kさんの彼女だよ 何でもする… もっと舐め欲しいでしょ」「でも 綺麗にしてないですよ 汚いです」「Kさんのだもん汚いなんて思っていません 私もたくさんシテ貰ったから」  私は彼のアナルを広げると 舌を入れ裏側を舐めアゲると 可愛い声で悶えてくれると 母性が擽ぐられ  彼をもっと感じさせたくて アナルに指を入れ 射精しない程度に男性器を扱きます S様な振る舞いに私も陶酔して 淫靡な気持ちで  「Kさん… 御主人様 もっとシテ欲しいですか」
彼を御主人様と呼んでしまいます 
彼のモノを受け入れる その時も「ください 御主人様のオチンチンを 私の中に入れてください」
彼は私のアソコに 押し当てると「痛かったら言ってください 嫌なら止めます」「そんな事 気にしないでください 私は御主人様の奴隷です どんな風にされてもいいの…」
彼のモノが 優しく入ってきました 
改めて感じるサイズ感 呻き声を漏らすと「ヒナちゃん 大丈夫?痛い」「御主人様…優しくしないでください 私はMなの 痛いのが好き… 」彼の腰を引き寄せ根元まで入れて貰うだけで気持ち良さとは別の快感で 「御主人様…逝きそう…
お願いです ヤメないで もっと奥まで入れてください」 私に遠慮して ゆっくりと動く彼「御主人様 激しくシテ大丈夫です 私に構わず動いて…」「ぅん」意気地の無い 彼をリードする私 「私はMなの 痛いのが好きなの… 私と付き合ってんでしょ それなら私の好みの様にしてください 痛いぐらいに激しくシテ欲しいです」
私の要望に応えて普通に動く彼 アクメしてしまいそうに…
「アソコが壊れちゃう…デカすぎ」動くたびに頭の中で感じながらも堪えます     デカ過ぎと遅漏な彼 それで 今までセックスで満足出来ていなかった彼 そんな彼を満足されてアゲたい私は 彼と一緒に逝きたくて 逝くのを我慢し 
まだ逝けない内に「御主人様 最後は私の お尻で逝ってください この前みたいに中で出して欲しいです」私はアナルセックスをお願いします 
まるで身体を 貫かれる感覚… 彼が射精するまで堪える私も頭の中が真っ白に 「ヒナちゃん 僕…出そう 出していい?」「御主人様 私の中に出して 私も逝きそう… 一緒に お願い一緒に」ようやく我慢していたアクメを…

今のままでは彼女は無理!1歩踏み出す勇気♪
49匿名 iPhone ios16.0
07/12 19:09
彼が射精している感覚が伝わっている間の 陶酔感は幸せでしかありません 
射精を終えた彼は繋がったままで 私の身体を気遣って「ごめんね大丈夫…」    男としては 物足りない彼ですが私には…
「まだ このままでいて」 彼と離れたくない私は 彼の身体を抱き締めます   深く入る彼のモノ 広げられている感… まだアクメの余韻に駆られる私の腰は 彼が少しでも動くとヒクヒクと自然に反応してしまいます 
入っているだけで気持ちいい私は 彼の乳首を指で  「ヒナちゃん… アァ…」  「気持ちいいですか?」「はい」そんな時間を過ごす中で ようやく離れた私達 長い繋がりに弛んだアナルからは彼の精液が滴ります  
彼の痕跡を体内に残したまま 「マナさん ただいま」「Kに シテ貰えた」「はい」「ふ*ん そうなんだ」何となく不機嫌さを見せるマナさんに 気を付けていると 「Kの オチンチンで 逝ったの?何回?ちゃんと奉仕した?」
突然の質問に私も答えると 「上手くいっているんだね もう私 必要ないかな…」「嫌… 私 マナさんも好き まだ私には必要です」   「まったく そんなに虐められたいの? 変態ね Kとシテきたばかりだよね 
まぁいいか」マナに詰め寄られながら 肩を押され倒されると 胸元を踏まれ 「あのオチンチンで 逝っちゃったんだ それも お尻で逝くなんて 変態」
マナさんの足は胸から降り 私の恥骨に そしてカカトで蹴られて 「ドM 同士仲良いね 誰にでも感じて 男のモノが好きなんでしょ」
Kさん 優しさも私には…
でも 私は マナさんの冷たいそれも堪らなくて… 「男の人も好き  でも私…」「ふん 私に虐められたいのなら 虐めてアゲるけど 今日は機嫌悪いからね 覚悟してよ」「はぃ…」マナさんのヤキモチな虐めが始まります

学院一の美女と…?エッチしちゃおう♪
50匿名 iPhone ios16.0
07/13 18:45
「Kのオチンチンと私のココと どっちが美味しい?」マナさんはアソコを 押し付け舐めさせてながら 私に意地悪な質問をしてきます  
そんな質問に答えられずにいると「Kのオチンチンは 大きいから 涎垂らして舐めたんでしょ 男 大好きだもんね」 
私を淫乱なヤリマン そんな風に言いながら マナさんの指は 私の敏感な部分を弄り回していました   アソコが濡れているのが自分でも…
「あ*ぁ ヌルヌルにして もう淫乱な身体ね なんかムカっく」
笑み浮かべながら玩具を出して 広げ「男好きのヒナには どれが良いかなぁ*痛いのも気持ちいいのも どれにしようか?好きなのを咥えて私に渡して」   普段から愛用している 双頭ディルドを 犬の様に咥えマナさんに渡す私は   「ぁぁ… これなの私は こんな風にサレると興奮しちゃう Mなの」
彼の優しさの後では それが さらにMな私を疼かせます
「これだけで ヒナが満足出来てる訳ないじゃない」髪を鷲掴みにされ「もっと咥えて来なよ」
何個と 咥えてマナさんに渡す度に身体の疼きが増す私は マナさんに強制的に言われ 全てを咥え手渡します 
私の顔にディルド付きの
ベニスバンドを押し当て「ほら 好きでしょ 今日 Kのをどうやったの?再現してよ」
マナさんを 彼に見立ててフェラをヤラせられます  「もう ヤラシイなヒナ そんな風にシタんだ」  私が再現していると マナさんのアソコが濡れているのに気付いた私は
嬉しくて ついアソコをクンニしてしまいます     「ちょっと ヒナ…そんな事を… アァ*シテなんて…言ってないでしょ」
私のクンニに感じていくマナさん  私も激しくクンニを… 私がアナルにまで舌を進めた頃には 
マナさんも抵抗をする事なく 舐められていました

腕次第で出来る!可愛い娘が…♪
51匿名 iPhone ios16.0
07/14 19:15
彼にシタ同じ事を マナさんのアナルに舌を入れ舐めると 「す… 凄い やだ感じる ヒナ…」
マナさんが逝くのを感じ
私が達成感に満ちていると 
「もう Kに そんな風にシテきたんだ」と照れた様子で言いながら 鞭を手にされたマナさん 
私も自然に四つん這いになり 鞭を受け止め様としていると 「ぶたれたいの?ヒナが喜ぶ事はシテやらないんだから」
鞭の握り手の部分が アソコを捻じ広げます     「ヌルヌル… まったくヤラシイんだから Kの精子 お尻の中に入っているんでしょ?」「はぃ」アソコからアナルに握り手が… 捻じ込まれます 
突然の挿入に痛みが走り  「ゥグ…」苦悶の声を漏らすと それで円を描く様に動かして「Kのオチンチンで たくさんシタんでしょ ほら 力を抜きなよ もっと激しくするわよ」 円を描く動きが さらに激しく… ピストンされながら弄られ 「ほら 気持ちいいでしょ弛んで来たじゃん」
私のアナルは すぐに馴染み 「もう 可愛い声出して ヤラシイんだから このを ほら どう全部入っちゃった」握り手が全て挿入されます 
「やだ 犬の尻尾みたい」鞭の部分が「お尻を振りなよ まるで発情期の雌犬ね」弄ばれます 
その状態で「ヒナ 太いの欲しいでしょ 私の手を入れてアゲる」 私のアソコには 尖らせた4本の指が入って来て激しく動かされます 卑猥な濡れた音 空気が入り漏れる 私のアソコ…
「Kと オマンコしてきた後だから ユルユルね 私の手が簡単に入っちゃいそう ほら* 入ちゃった」    マナさんの拳が私の子宮口を 「こうされると気持ちいいでしょ お尻にもオマンコも 咥えちゃって」
激しく掻き回されます    「ゥッワァァァ* そんなに…されたら私…変になっちゃう*」「狂っちゃうの? いいわよ 変になれば ほら もっと激しくするわよ」
いつになく感情的に 痛ぶられる様な攻め 
少しでもマナさんの 機嫌を損ねる様な仕草を見せると 「感じちゃうの ほら姿勢を ちゃんとして!  抜けちゃうわよ」
お尻を平手で何度も叩かれます

あんな事まで?エロ生中継!無料登録
52匿名 iPhone ios16.0
07/15 20:49
何度も叩かれる私 お尻に熱を感じ始め「ヒナの お尻が 赤くなっちゃってる 私の手も痛いわね」
そう言いながら お尻に刺さる鞭を抜き その鞭で叩かれます
アソコの中で マナさんの拳が…
抜けない様に 握り拳にされ 私は鞭から逃げられませんが 
そんな攻めに私は感じてしまいます 
マナさんに抵抗を見せる事はありませんが 「そんなに… アァ* されたら…もう許して… 私 逝っちゃいます」
意地悪に逝く寸前に止められ 逝くのを許さないマナさん 
フィストの手を抜き「ヒナのオマンコ こんなに口を広げちゃって 私の手とKのオチンチンで 弛んじゃったのかな*  もう普通の男じゃ満足出来ないんじゃない」 
刺激に敏感になったワレメを触り笑うマナさん    「感じちゃう? ほら クリもビンビンね固くして オマンコの汁も滲みぱなし…また溢れてきた」私の感じ方を失笑しては刺激するマナさん 「ヒナ これで挟んでアゲる」と言い終わる前に 私のクリトリスを 洗濯バサミで挟んで来ました 
一瞬の激痛に悲鳴をアゲます 「痛い? 痛いよね
フフ その顔見て居ると楽しい* ほらドMは顔 こっちに向けなよ」
顔を向けると「可愛い顔… こんなに可愛いヒナをKに紹介して 失敗だったかな 私の楽しみが…」
刹那そうな言葉を言いながら私の口を開き 唾液を垂らし そのままディープなキスをされます      クリトリスのジンジンと痺れる痛みの中で 何度も唾液を注がれ舌を絡め合う私  マナさんの手は アソコを広げる様に半分ほど入れられ 弄られ続けられていました  
淫靡な表情のマナさんに私も興奮して何度も舌を絡め合っていると
「虐めてアゲる」マナさんが突然 そう言って私を   四つん這いに「お尻を突き出して」うつ伏せで お尻を軽く上げさせられます   お腹の下にクッションを置かれると マナさんの舌が私のアナルに…
気持ち良さに声を出す私 「気持ちいい? 好きなだけ感じていいよ」
私はマナさんの舌に 身を任せます 
「ちょっと舐めただけなのに  こんなに 広がって お尻の中が見えそう ユルユルね Kのオチンチンが入っちゃうんだもんね」 
弛んだ お尻の穴にも指が入ってきます

最初は女友達 ⇒ やがて♀豚調教実践!
53匿名 iPhone ios16.0
07/16 19:01
指でアナルを 弄りながら クリトリスを中心にローターを当てられる私は    気持ち良すぎて 腰が… 「ヒナ お尻 動かし過ぎ 少しは我慢するのよ」「ごめんなさい だって…感じちゃう…アァ*」   
マナさんの唇が私の お尻に触れキスをされた 次の瞬間 痛みが走ります    「マナさん 痛いです」  私の言葉なんて 聞こえないかの様に…
マナさんに お尻を噛まれます 
「可愛い お尻 反対側も」左右の お尻の肉を歯形が付くほど噛まれます   その間も休む事なく指が お尻の穴の中に 2本… 3本…と増え弛んでいくアナル「お尻…気持ちいい感じる」そう思っていると      「ヒナ お尻の穴から精子の匂いがするわよ この白いの Kの精子?」
彼が射精した精子が 弄られた刺激で溢れ出します   それを指で掬い絡めた指が 私の顔に 近づけられると自分の排斥物と精子の匂いが  思惑 目を背けます「やっぱりKの精子なんだ ヤラシイ… たくさん出して貰ったの?」私は頷き返します 
再び 指がアナルに…「精子を掻き出してアゲるわ」  マナさんの指が 私のアナルを広げ侵入してきます   弄りながら「なんか 嫉妬しちゃう ねぇヒナ 逝ったの ここでセックスして逝ったの?」「はぃ」    「変態! そんなお尻は こうシテあげるわよ」強く押し付けてくるマナさん   「力を抜いて ほら もう少しだから 行くわよ」 「マナさん  嫌…」「何が嫌なの kのオチンチンは入れたのに ほら もうほとんど入ってんだから」
マナさんの手が ローションを垂らしながら捩じ込まれます 
「嫌*ぁぁ* 裂けちゃう…ゥゥ…」「あ*ぁ 入っちゃった ヒナの変態!凄いわよ 私の手が お尻に入ちゃったよ」「ゥグ…ゥゥ…」「ほら 太いの好きじゃん もっとシテあげる ほら  ほら  どう? もうK以外の男じゃ満足出来ないんじゃないの でもアイツ Sじゃないんだよね*残念ね こんなに変態な彼女と付き合っているのに ねぇヒナはkの事 好き?」
頷き返していました マナさんの嫉妬が「生意気ね」 私のアナルの中で 拳を握り抜く様に…
「やっ マナさん ヤメて…お尻が… そんな事…」「あはは お尻の穴が 捲れてる* そうだ これさぁKに見せあげようよ」「やだ 許して」 
本当の私を知っているとは言え 彼に今の恥態を見せるなんて…  マナさんがスマホを向けます 
「ヒナ 顔を向けなよ」
はしゃぎながら撮影され
私は 自分の淫らな行為は人に見せられる後じゃないと羞恥します

Bリーグ掲示板
[1]前へ次へ[3]
/6

書く|更新|

今日:128/昨日:129/累計:8944
大人の秘密デパート
ヌルヌル液 薄珍袋 肛門具 新入荷 満コリ機
テンガ 新入荷 コス衣装 偽珍棒 小珍棒
アダルトグッズ
イククル

☆セクシースタイル♪
極エロ下着

☆猥褻に!淫欲に!
【オナおかず本能の館】
本能の館トップ
人気投稿紹介
下ネタ猥談
淫欲投稿板
夜這い寝込み悪戯
スカトロ汚物マニア


スレッド一覧