リアルチンポ様 
PCMAX イククル

☆エロエロ好きさん♪
人口女性器

☆マニアとフェチのサイト
【無料アダルトエロ屋】
エロ屋トップ
エロなお話
エロニュース
フェチの部屋
マニアの部屋
排泄汚物部屋

露出動画毎回更新
▼無料で短編動画10万本以上閲覧OK!

アダルト動画検索(18禁) 短編無料閲覧!

アダルト動画 DUGA


最初から見る 最新から見る
面白いと思ったら⇒投票する
■現在の投票数:118
舞い降りて来た快楽
1天竜
10/22 15:27
暑いし仕事にも疲れたので河川敷の木陰に車を停め休憩しようと思い空いてるスペースに車を入れた。

隣には赤い普通車が一台窓を開けて停まっていました。

シートは倒されていて俺と同じように休憩しているのだろうと気にも止めずにエンジンを切り横になった。

数分後になんか「アンアン」と言う声の様なものが聞こえたが小鳥のサエズリかなんかだろうと思って気にせずに横になったまま目を閉じた

また「アーン アンアンアン」と言う声が聞こえてきた。

俺は耳を棲まし隣をチラッとチラッと覗いてみた。
ツイート

書く|更新|
返信数:9件

2天竜
10/22 15:28
時折 声と共に脚がかいま見える、それも明らかに女性の脚。

俺は暫く車の中からチラッと見てたが真相が知りたく静かにドアを開け隣の車の中を覗いた。

そこには20代半ば位の女性が憐れもない格好で目を閉じながら…

フレアスカートをお腹の辺りまで捲り上げ ブラウスのボタンは外されてブラはズリ上がって パンティは助手席に・・・

右手はマンコを左手は胸を触っていたのです。

彼女は目を閉じていた為に俺の存在には気が付いておらず オナに夢中の様でした。

女とヤリたい?本当?ハイ即入室!
3天竜
10/22 15:28
俺は暫く覗いていましたが目の前の光景に我慢出来ずに車に戻りシコシコやろうとした瞬間に彼女が俺に気付き胸やマンコを隠しながら

「見ちゃたのね」とボソリと話しながら手招きをしてきたのです。

手招きをされたので何桑ぬ顔をし平静を装いながら、「なんですか?」心臓はドキドキ 股間ははち切れんばかりに勃起してましたが、

「隣に乗って」
マジかよ
内心はヤッタ エッチ出来るって…

そう思いながら「車に乗ればいいの?」

彼女 頷きながら「早く乗って」

俺は助手席に移動してドアを開けパンツを持ち

「これは何処におけば」

彼女「頂戴」

そのバンティは紐パンでやたら可愛いパンツでした。

あんな事まで?エロ生中継!無料登録
4天竜
10/22 15:28
彼女 「見たの?」

俺 「見た」

彼女 「ズルイ、貴方のも見せて」
そう言いながら俺のチンチンを触り出しました。

彼女は俺のジッパーを下ろしパンツの上から優しくチンチンを触り・・・

俺はナスガママにさせていましたが我慢も限界。

先走り汁は出で来るわで・・・

この体制だとヤリズライそう思い

「後部座席に移動しない」

彼女は頷き 二人で移動。

俺は移動するなり彼女を抱き寄せ胸を揉みだしました。

彼女はウットリしながら時折 溜め息の様な感じで・・・

会いたい!ヤリたい!責めたい!OK♪
5天竜
10/22 15:28
「アアン」
乳首を転がしたり摘んだりしながら首筋にキスや舌先で舐めたりしていると・・・

彼女は俺のベルトを緩め パンツの窓からチンチンを取り出そうと必死でチンチンを掴んでモゾモゾしていた。

その間 俺は彼女の上半身を責め続けていました。

ようやくパンツからチンチンを取り出した彼女は先走り汁が出ている部分に親指を当てがい慣れた手付きで優しく撫で回しながら、残りの指で竿を掴み 片手は玉袋を揉みくだしてくれてました。

俺も負けじと彼女のに指を持って行き クリを責め立て「オナしてたのでもうグチョグチョ」時に指を中に入れ掻き回したりして楽しんでいると彼女は大きな声で

「アア〜ンもっと」
「激しく…」

俺は無言で更に激しく責め続けた。

目の前で見れる女性のオナ!今スグ無料体験
6天竜
10/22 15:29
何分かが過ぎて
彼女は俺の上に股がり俺のチンチンを自分のマンコに導き入れた。

濡れていたので滑り込むようにすんなりと入り込み 彼女は自ら腰を前後に振りながら「イイ ハァハァ アンアン」と歓喜の声を上げて髪を振り乱していました。

俺は彼女を引き寄せ腰をグラインドさせながらキスをし舌を絡ませながら
「スキンないけど」

彼女は「中に出してぇいいわよ、貴方の熱いの中に頂戴」

その言葉を聞いて益々興奮して腰を動かしやすい体位に体を入れ換え更に激しく突き上げた。

最初は女友達 ⇒ やがて♀豚調教実践!
7天竜
10/22 15:29
彼女と俺は間もなく絶頂を迎えた。

水知らずの男女だが何故か恋人同士の様に寄り添いながらキスを交わし指を絡ませながら余韻に浸っていました。

俺 「どうしてこんな所でオナニーなんてしてたの?」

彼女「小説を読んでいて、気が付いたら触っていたの」
そんな会話を交わした。

俺は彼女からフェラをしてもらいたいそう思い始めた。

「時間有ったら少しドライブでもしない?」

「はぃ」そう言いながら頷いた。

二人で俺の車に移動しドライブに出かけた。

本気の出会い探す?なら実績と宣伝のココ♪
8天竜
10/22 15:29
彼女が正気に戻らないように願いながら・・・

俺は運転しながら彼女の内股を愛撫にも似たような感じでずっと触り続けた。

ようやく景色が良く誰もいない場所を探しあて車を停め さっきから触っていた手を内股から恥骨へと移動しアンダーヘアを擽るようにマサグリ 徐々にマンコへと移動してみた。

彼女のマンコはまだ湿って いや 濡れていて クチュクチュ ピチャピチャと音をたてた。

近所のヤリマンを探せる新システム♪
9天竜
10/22 15:29
俺は自らチンチンを取りだし彼女の頭を引き寄せ チンチンを口にアテガッタ。

最初は先端部分だけを舌先でチョロチョロと舐める程度だったが 俺が乳房 乳首を責め立てると 先程とは全然違う舐め方になった。

実に巧く カリを舌先で絡めながら袋を優しく揉みほぐすように触り始め・・

俺は不覚にも声を出してしまった。

それが功を為したのか更に彼女は俺のチンチンを責め・・

会いたい!ヤリたい!責めたい!OK♪
10天竜
10/22 15:30
先端部分を口に含み 唾液をカリのクビレ部分に絡ませながら舌をまるで別の生き物の様に這わせ・・

かと思うと裏筋を丹念に舐めあげたり

片手は常に玉袋やアナルを触り刺激を与え続けている。

俺は恥ずかしいのも忘れ声を出し続けてしまった。

竿を手で上下に動かす時は口に袋を含んで玉を舌でモテ遊ぶかの様に転がしたりアナルを舌先でツンツンされたり・・

彼女は時折虚ろな上目使いで俺を見つめてはシャブリ続けている。

今までにされた事がないようなフェラをされ 不覚にも二回目の射精を彼女の口の中にしてしまったのである。

彼女は良く官能小説を車の中で読み 今回の様にオナるのだそうです。

今度 出会った時はホテルにでも行きたいと言ってました。

[1]前へ次へ[3]
/1

書く|更新|

今日:1/昨日:5/累計:5452
大人の秘密デパート
艶下着 秘媚薬 無線動具 偽満穴 sex恋人
無線動具 偽満穴 秘媚薬 偽満穴 無線動具
アダルトグッズ
イククル

☆セクシースタイル♪
極エロ下着

☆猥褻に!淫欲に!
【オナおかず本能の館】
本能の館トップ
人気投稿紹介
下ネタ猥談
淫欲投稿板
夜這い寝込み悪戯
スカトロ汚物マニア


スレッド一覧