変態SM拘束具
ワクワク イククル

☆エロエロ好きさん♪
人口女性器

☆マニアとフェチのサイト
【無料アダルトエロ屋】
エロ屋トップ
エロなお話
エロニュース
フェチの部屋
マニアの部屋
排泄汚物部屋

オナニー盗撮動画毎回更新
▼無料で短編動画10万本以上閲覧OK!

アダルト動画検索(18禁) 短編無料閲覧!

アダルト動画 DUGA


最初から見る 最新から見る
面白いと思ったら⇒投票する
■現在の投票数:152
ツン
1嫁と親父 その2 iPhone ios10.3.2
07/28 17:59
前にもスレッド立てましたが、誰かに占領されて書き込み出来なくなっていたので、新たに書きます。
相変わらず俺は仕事の帰りが遅く、嫁と親父を家で野放し状態が続いています。
数ヶ月前、バイブとローターを買い、久々にエッチをしました。ゆっくり時間も取れ、
自分的はかなり濃い内容のエッチだったと思いました。
2回の中出しとバイブを使って攻め、嫁も満足したようでした。
夜も遅かったので嫁の声も大きかったんですが、親父には聞こえていなかったかもしれません。
俺は、嫁の見ている前でワザとバイブを片付けました。
そして、ある小細工をしました。
うちのおばあちゃんは、他界し家の中は、
邪魔者?がいなくなりました。
翌日、俺は深夜2時に帰宅しました。
すぐにバイブを見てみました。
その日は特に変化はありませんでした。


ツイート

書く|更新|
返信数:62件

44嫁と親父 その2 iPhone ios10.3.3
08/22 16:03
そんな事思っていたら、サイトに嫁の画像アップしませんよ。
もしろ、皆さんのオカズにされた方が興奮します。

会いたい!ヤリたい!責めたい!OK♪
45嫁と親父 その2 iPhone ios10.3.3
08/22 18:15
話を戻します。
おじさんは下半身の方に移動しました。
ペースは完全におじさんペース。
親父は嫁にモノを握られたまま嫁の顔の近くに移動しました。
シコシコされていたモノは立派に反り立っていました。でも親父はすぐに舐めさせませんでした。顔を近付け、ディープキス!!!
嫁は親父と舌を絡めながら「あふぁ、あふぁ、あふぁ、ん〜ん〜」とイヤラシイ声。
嫁は親父の舌をまるで棒のように吸い上げ、
チュポチュポしていました。
親父は嫁が欲しがっているのを分かっていながら、まだ我慢させて今度は親父が舌をピーンと伸ばし、嫁の口の中へ入れました。
そして、親父が顔を上下に動かしました。
嫁は甲高い声で「ん〜〜〜、ん〜〜〜」
俺は思わず、そこで発射してしまいました。
かなりエロい光景でした。
その頃、嫁はおじさんにお腹や太股や脚を満遍なく舐められていました。
親父が口を離すと嫁は「あぁ〜もうダメ。
早く欲しい。オチンチン欲しいよ〜。
我慢出来ないぃ〜。」と甘えた声。
親父がようやく嫁の口にモノを近付けると、
嫁は遠慮なしに咥え、「あっあっ、おっきぃ。
グジュグジュグジュグジュ。」と勢い良くフェラ。
嫁は舐めながら脚をガニ股に大きく開きました。誰も何も言ってないのに。
おじさんは「自分から開いたね〜。欲しくてたまらないか?」と質問されると、舐めながら、「欲しい。もうグチョグチョ〜だから。」
おじさんは「味見してからだな。」と言いながら、パンティの上から舐め始めました。
おじさんは「これは凄い濡れてる。下着がグチョグチョじゃないか〜。こんなに濡らして、
スケベだ。」
いよいよ下着を脱がされ完全な裸になりました。
おじさんは四つん這いになり嫁の股に近付きました。俺の所からは良く見える角度でした。おじさんは両手で嫁のアソコを開いて、
「凄く綺麗だよ。あぁーエッチな色してる。」と言いながらクリトリスを舐め始めました。
「シュルシュルシュルシュルシュル〜」と凄い音。
嫁は甲高い声で「いやーー、そこダメ、凄い感じるぅ〜〜〜。イヤーー」と叫び声に近い声。おじさんは辞める事はせず。
嫁は「あぅぅ〜〜〜、キャッイヤー。凄い凄い、イヤーイクーーー」と絶叫。
嫁は「あっあっあっ、凄い気持ちぃ。」
続けておじさんが舐めると、「イヤ、イヤ、イヤー、あぁ〜またイクぅーーー。」と2回目は数秒でイカされ、更に舐められ、
親父のアソコも握らず、身体をエビ反りにして声も出せず「・・・・・・・・・キャッ・・・あっ・・・」と感じまくり。
おじさんは嫁のアソコから溢れ出ていた汁を吸い上げ、「あぁ〜エッチだ。」と汁を飲み込むと嫁の顔に近付き舌を絡めてキス。
嫁はおじさんの首に手を回して完全2人モード。


スマホで調教?貴方の命令で脱いで開く
46嫁と親父 その2 iPhone ios10.3.3
08/22 18:24
おじさんが嫁の横に添い寝しながら脚を絡ませてキスしていると、いつの間にか、おじさんが下になって嫁が攻めているようになっていました。これには驚きでした。
嫁の方からおじさんの口に舌を入れ、嫁自らおじさんのアソコに手を伸ばし四つん這いになってフェラし始めました。嫁は「あふぁ、あふぅ、あふぅ、凄いおっきい。」
おじさんに「美味しいか?」と聞かれ、
「おいひぃ〜、ん〜凄いおっきい。」

近所のヤリマンを探せる新システム♪
47嫁と親父 その2 iPhone ios10.3.3
08/22 22:56
ここからは、しばらく嫁とおじさんの2人プレイです。
おじさんはフェラしている嫁に「さぁさぁ、お尻をこっちにしなさい。俺の上に跨るんだ。
もっともっとアンタのオマンコちゃんを味見させてくれ。すごくイヤラシイ。正直、旦那には勿体ない。」そう言われた嫁は、素直におじさんの上に跨り脚を大きく開いてお尻を突き出しおじさんの顔に近付けた。
嫁は「本当はもっと舐めて欲しいの。こんなに舐めて貰ったの初めて。舐めてぇ〜」と甘えた声でおじさんに求めた。
おじさんは「ヨシヨシ、素直な子だ。ジュルル〜ジュルル〜中まで良く見えてるぞ。毎日でも舐めたい位だ。」
嫁は「舐めてぇ〜。あ〜凄い。上手。あぁ〜イッちゃう〜。あぁーイクイクイク。」
おじさんは嫁を四つん這いにさせました。
そして、おじさんは背後に回り、仰向けになって嫁の下に入り込みお腹回りを舐めた後、オッパイの方に移動していき、下から乳首を吸い上げました。
親父は嫁の口が空いてるのを見計らって、2人の行為を見ながらシコシコしていた自分のモノを嫁の口に入れました。
親父は「もうダメだ。出そうだから口で受け止めてくれ。」と言うと、嫁の頭を押さえ、
自分で腰を動かしました。
そして、5分位でしょうか。
「あ、イクぞ。あ、あ、あ、イクイクイク。
あっ・・・あっ。」
嫁は親父の精子を全て飲み込みました。
親父は満足したのか、「後はお好きにどうぞ。」と言いながら部屋を出た。
部屋は、ついに2人になってしまいました。
おじさんは少し上に移動し、嫁の顔の正面まで行きました。


貴方だけに見せてくれるオナと秘密のアソコ♪
48嫁と親父 その2 iPhone ios10.3.3
08/22 23:58
おじさんは「もっと気持ち良い事出来るんだよな?まだ旦那は帰って来ないよな?」と言うと、嫁は「うん。大丈夫。」2人は少し見つめ合って意思を確認したかのように互いにニンマリすると、キスが始まった。
「チュッチュッチュッチュッ」のキスの音から
「ジュルル〜クチュクチュ」と音が変わった。
キスが終わり、おじさんが嫁の耳元で何か囁き嫁が何回か頷いていた。次の日の約束でもしたのか?嫁はおじさんのアソコに口を這わせ、再びフェラし始めた。
先程とは違う感じだ。
嫁は上目遣いでおじさんを見つめ、舌を出して亀頭を舐めていました。
「気持ちてぃ?すごいおっきぃチンチン。」
おじさんは「入れるか?」と言うと、嫁は
かるく頷きました。
いきなり騎乗位からスタートでした。
嫁は「あぅーーーん、おっきぃーーー。凄い何コレ。奥くるぅ。アゥんアゥん。」
半端じゃないヨガリ方にビックリしました。
嫁が激しくおじさんの上で動き、我慢出来ず
嫁は絶頂を迎えました。
おじさんは体位を変え、正常位に。
嫁は正常位で4回程絶頂を迎えましたが、おじさんはまだイッていませんでした。
腰の動きも早くなり、イキそうでした。
「あっあっ、中に出るよーー。あっ、出る出る出る。」
「イヤー、中はダメーー。外にしてー。ダメダメー。」
「イクイクイクぅー。」
「イヤー、出来ちゃう〜」
「ああーー、あ、あ、あ・・・」
・・・・・・・・・
「へぇ?中?中に出したの?」
「ごめん、中に出した。」
「結構ヤバイかも〜。じゃ、手でして。」
何と何と!終わりかと思いきや、おじさんの指ピストンが始まりました。
おじさんの精子を掻き出す為の指ピストンが・・・
嫁が再び気持ち良くなり始めてしまい、その姿を見たおじさんは、アソコが大きくなり、
それに気付いた嫁がおじさんのアソコを握り
シコシコしました。
おそらく、指ピストンで精子を取り出し、再びナマ挿入。
嫁の貧乳が小刻みに激しく揺れました。
「あぁーダメだ。イクー!」
おじさんは中出し。
俺は一旦外に出ました。
少しして、おじさんが出て行き家に帰って行きました。
嫁は、風呂へ。
俺は外で風呂を盗撮。
入浴中に俺は家に入りました。
脱衣場に行き、ピンクのパンティを洗濯機から探しました。
嫁は1番下の方へ隠してありました。
手に取り見てみると、想像以上にベトベト状態。中生地は糸を引く程。臭いもかなりの激臭。おじさんの唾液と汁。
俺も服を脱ぎ風呂場へ行くと、嫁の乳首が明らかに立っていました。
その晩、嫁は俺に身体を求めて来ました。
仕方なし?に交尾をし、俺は演技しました。
中に出していないのに中出ししたフリをしました。嫁の罪隠しには乗りません。

遊びながら稼ぎ?スマホで簡単誰でもOK!
49嫁と親父 その2 iPhone ios10.3.3
08/23 17:36
数日後、親父は泊まりで出掛ける日があり家を留守にする日がありました。
俺はもちろん仕事。嫁は半日の仕事が連日でした。
俺はふと考え、「まさか、そんな日に・・・」
と鋭い感が働きました。
俺はいつも通り、嫁に「帰宅は深夜だから先に寝て。」と言って仕事に行きました。
しかし、実際は7時位には家の外にいました。
嫁は家に一人でした。
部屋の方へ回ってみると、すでに風呂には入り終わり、化粧をしていました。
しかも裸で・・・
しばらくすると、嫁はお気に入りのバスローブを1枚だけ羽織りスマホを見始めました。。
その数分後、隣の家の玄関扉が開きました。
見ると、おじさんでした。
嫁とおじさんとは、連絡先をも交換していたのか?
おじさんはニコニコしながら小走りで家の玄関まで来ました。
ピンポーン・・・
嫁は分かっていたかのように躊躇なくバスローブでお出迎え。
おじさんは嫁の腰に手を回して登場しました。



最初は女友達 ⇒ やがて♀豚調教実践!
50嫁と親父 その2 iPhone ios10.3.3
08/23 18:13
田舎人の悪い癖が出ていました。
カーテンも開きっぱなし、窓も開きっぱなしの状態。
部屋の中も丸見え、声も全て丸聞こえの状態。
まぁ俺には都合良かったんだが。
おじさんは「綺麗な身体になったか?」と聞くと「綺麗よ。おじちゃんは?」と質問。
「俺もだ。旦那は?」
「深夜まで帰って来ないから。」
「そうか。今夜はゆっくり愛し合おうな。」
「ウフフ。うん・・・」
少し会話すると、早速始まった。
キスからだった。
「ッチュッチュッチュッチュッチュッんっんっんっんっんっんっ」と嫁の声だった。
おじさんは「今夜はお父さんもいないし、
たくさんエッチになって良いんだよ。たくさん声も出しなさい。遠慮はいらないよ。」と言いながら舌を出すと嫁はおじさんの舌を吸い上げた後、舌を絡め始めました。
「こういうキスが好き。いっぱいしたいの。」
っと嫁が言うと、おじさんは嫁の口を塞ぐかのように自分の口を大きく開け、完全に嫁の口を覆いました。嫁も大きく口を開けて互いに絡めていました。
「ハァ〜ハァ〜ハァ〜」嫁の息使いが荒くなってきました。
おじさんは「唾液がすごい出て来る。」と言うと嫁に口を開けさせ、おじさんは自分の唾液を嫁の口の中にボトンと落としました。
唾液が混ざりあって白く泡立っていました。
おじさんは「アンタは、こーゆーのが好きなんじゃないのか?本当は。」
嫁はゴクンッと飲み込んだ。
嫁が口を開けるとおじさんは自ら嫁の唾液を吸い取ろうとしていた。
おじさんは「ほら、本当はもっとエッチなんだろ。キスが好きなんじゃないのか?」
おじさんにイヤラシイ言葉を掛けられ、
嫁は「もっとちょーだい〜。もっとシテ」
嫁は、おじさんの唾液を求めた。
嫁の口の回りは唾液だらけ。
口を開いたり閉じたりすると、唾液の糸が長く引きました。
おじさんは嫁の口の回りに唾液をボトンと垂らし口全体をキスしながら唾液だらけにしました。



秘密だから女もヤリモク逆援希望者♪
51トオル Chrome
08/27 06:50
おはようございます
嫁さんもエロエロですが
ご主人も文章上手ですね
情景が目に浮かびます

家が風俗に!可愛い彼女が見せて抜いてくれる♪
52嫁と親父 その2 iPhone ios10.3.3
08/27 19:25
進展がありましたので、話が変わりますが書きます。
嫁が先日、こんな服装で仕事に行った日の事です。
通勤中に何かあったのか、職場で何かあったのか、分かりませんが…何かイヤラシイ事があったんだと思われます。
その日は、親父も夜は家を留守にしていました。
嫁はいつもよりもかなり帰りが遅くなりました。
俺が7時に帰宅した時には、まだいませんでした。
夜8時頃に、ようやく嫁が帰宅。
部屋を電気付け風呂にも入らず、そのままの服装で部屋の中をウロウロしていました。
何となく、いつもと雰囲気が違うなぁ〜と感じていました。
相変わらず、カーテンも閉めず、レースカーテンのままでした。
着替えもせず、ボーッとスマホを触っていました。
暫くして、家の近くに見慣れない車が一台止まりました。



会いたい!ヤリたい!責めたい!OK♪
53嫁と親父 その2 iPhone ios10.3.3
08/27 20:17
こんな時間に誰だろう?と思いながら、何となく俺は木陰に隠れました。
よく見るとサラリーマンみたいな人でした。
スーツ姿で少し若めな人でした。
彼がどんどん家に近付いて来ました。
その彼は、片手にスマホ一つだけを持ち、
家の庭の方に入って来ました。
俺と、その彼との距離は結構至近距離でした。
彼は小声で、「おぉー、丸見え。」と一言。
俺には、部屋の中の様子が全く分かりませんでした。
その前に、この人は誰??
嫁が帰って来て早々に来るなんて嫁のストーカー??それとも職場の人か???
電車の中で胸チラ見て乳首まで見ちゃった人か?それとも職場で乳首チラ見て興奮した社員か??
彼は、スマホで写真を撮り始めました。
シャッター音がよく聞こえますが、田舎なので、あまり人も通らないし、御構い無しの状態でした。
「やっぱ、良い身体してるなぁー。イヤラシイ。」彼のスマホの画面を覗くと、下着姿の嫁がいました。
再び彼が写真を連写していました。
ブラジャーを外しパンティも脱ごうとしている画像でした。
彼は「うおぉ、すごっ。可愛いオッパイだな。」と言いながら、股間に手が伸びていました。
また少しして、彼は写真を連写。
「おぉー、出た出た。すごいなー。あんな感じなんだ。しっかり手入れしてたんだ。」と。
嫁は完全に裸になっていました。
下の毛が見られていました。
彼は、ズボンを下まで下げてモノを出していました。
彼は「もしかして、オナニー??触ってる触ってる。」
彼は連写連写。モノを握っている手も動いていたように思います。
さすがに部屋の中が気になります。
スマホの画面を覗きました。
嫁はすぐ目の前にいて、机を背もたれにしていました。
机に寄り掛かり、身体が少し斜めになっていました。
脚はM字開脚。
何て事でしょうか、見透しが良く彼の画面には写ってしまっていました。
彼は室外機の上にスマホを立て掛け、録画モードに切り替えました。
彼は「うわぁ、これはヤバイわ。我慢出来ないわ。」と言うと、高速で手を動かし、
あっと言う間に射精しました。
部屋の中では、嫁はオッパイとアソコを触っている画面が見えました。
彼は「良いオカズ見つけちゃったなぁ。あはは。これはラッキー。丸見えだもんな。DVDは卒業かぁ〜。」と独り言。ニコニコしながら最後まで撮影。
退散した後に見てみると、2回目も射精されていたようでした。


[1]前へ次へ[3]
/7

書く|更新|

今日:4/昨日:0/累計:7421
大人の秘密デパート
sex恋人 ヌルヌル液 SM責具 特価品 薄珍袋
小珍棒 小珍棒 コス衣装 小珍棒 sex恋人
アダルトグッズ
PCMAX イククル

☆セクシースタイル♪
極エロ下着

☆猥褻に!淫欲に!
【オナおかず本能の館】
本能の館トップ
人気投稿紹介
下ネタ猥談
淫欲投稿板
夜這い寝込み悪戯
スカトロ汚物マニア


スレッド一覧