ヘラホール
ワクワク イククル

☆エロエロ好きさん♪
特別企画

☆マニアとフェチのサイト
【無料アダルトエロ屋】
エロ屋トップ
エロなお話
エロニュース
フェチの部屋
マニアの部屋
排泄汚物部屋

痴漢悪戯動画毎回更新
▼無料で短編動画10万本以上閲覧OK!

アダルト動画検索(18禁) 短編無料閲覧!

アダルト動画 DUGA


最初から見る 最新から見る
面白いと思ったら⇒投票する
■現在の投票数:80
痛みが快感に……
1pine book
08/15 14:14
私の過去から現在に至るまでの経験を書いていきます。
ツイート

書く|更新|
返信数:33件

22pine book
11/07 14:18
30分程、一物を責められ…私はかなりの倦怠感に襲われていた。
『〇さん…起き上がって…』
私はベット上に座った。
『さてと、ヒモをほどきますね』
私はちょっとホッとしていた。
『〇さん…ここに座って…』
私はベットの下に正座をした。
すると彼女はヒールを履き、私の前に仁王立ちを…
『ヒールに…キス…』
『ハイ…』
私はゆっくりと彼女のヒールに口を近づけた。
すると彼女は…
『〇さんはこういう事、お好き…』
次の瞬間…私の右手の甲にヒールの踵が…
『グッ…い・い・痛…ウゥゥ…』
彼女はベットに腰掛けて…
『気持ち良いですか?』
『グッ…アッ…』

貴方だけに見せてくれるオナと秘密のアソコ♪
23pine book
11/10 10:09
『見てる私が気持ち良いですね』
『グッ…』
『ほらしっかりキスしてくれないと…』
私は痛みに耐えながら必死に奉仕した。
『じゃあ今度は…クンニね』
私は手の痛みに耐えながら、顔を上げた。
『手、痛い…?』
『ハ・ハイ…』
『しょうがないなぁ』
彼女はヒールの踵をのけてくれた。
私は胸を撫で下ろしながら、クンニに力をいれた。
すると彼女はヒールの踵で私の横腹や背中を蹴飛ばしたり、押し付けたりしてきた。

あんな事まで?エロ生中継!無料登録
24pine book
11/15 16:44
背中には何本かのみみずばれが刻まれていた。
『アハハ…気持ち良いでしょう…私ね…相手が痛みに耐える姿を見るのが好きなんです…可愛いから…』
『そ・そうなんですね』
私はクンニをしながら一物を蹴られたり踏まれたりもされ…痛みに耐えていた。
しばらくして彼女はベットから立ち、ベルトを持ってきた。
『ま・まさか…』
次の瞬間、背中に…
ヒュン…ビシッ…
『アッ…クゥ…』
ビシッ…
『ウッ…』
バシッ…
『カッ…ウッ…』
『どうですか?…』
『い・良い…です…』
私は結構な痛みに…我を忘れないように耐えるしか無かった。

貴方だけに見せてくれるオナと秘密のアソコ♪
25pine book
11/19 17:04
『ハァ…久しぶりに良い音…』
彼女が私の身体に降り下ろすベルトのスピードがダンダンと早まってきた…。
『ウッ…』
ヒュン…
『アッ…』
ビュン…
『グワッ…』
私はとうとう…
『す・すみません…もう…お許しを…』
『何を…』
ヒュン…
『ウッ…た・た・叩くのを…』
『叩く…あぁ…これぇ…』
ヒュン…
『グッ…アァ…』
私はいつの間にか彼女の足首にしがみつき…

無料体験!可愛い女性のオナ見た事ある?
26pine book
11/26 09:40
『お・お許しを…』
彼女は…
『辛いの?』
『ハァハァハァ…ハイ…お願いです…』
『フゥン…』
ヒュン…
『アッ…アァァァァ.~~~~』
『ご・ご主人様…』
私は自然と口走っていた…彼女は…
『本当に〇さんはMなんだね…自覚した?』
『じ・自覚…?』
ヒュン…
『アッ…ハ・ハイ…私はあなた様に…』
ビュン…
『グッ…ハ・ハイ…』
私は痛みとキツさでダンダンと、呂律がはっきりしなくなっていた。
彼女は私の髪を掴んで正座をさせ…

エッチもマジも調教もココで探せる相手♪
27pine book
12/01 14:04
『〇さん…私も何人か男性を経験したけど、女性を知ってから…そっちの方が良くなってたんだ…でもね…今日は久しぶりに楽しい…何故だか分かる?…』
『ハァ…ハァ…ハァ…』
『〇さん今、何回シバかれたか分かる?』
『い・いえ…』
『30回以上よ』
私は声が出なかった…
『私…楽しい…』
彼女は私にキスをしてきた…長い長いキスを…

私の中で何かが弾け…彼女との付き合いがこの日から始まった…

快楽でもあり…地獄でもあり…

『アァァァァ…』

私は奉仕と痛み、そして恥辱をこの身体の内と外に現す事が…

『グッ…アァ…アァァァァ…じょ…女王さ・まぁ…』

今は別の女王様方々に支えている…。

ヒュン…

オジサンでもエッチ相手探せます
28pine book
12/06 09:44
私は今、二人の女王様につかえている。
そして今からその内の一人である、直子女王様の元へ向かう。
直子女王様は私より五才年上の方で、スレンダーな体系をしている。
ピンポーン…
私は直子女王様のマンションに着き、インターホンをならした。
『はい…どなた?』
『〇です』
ガシャァン…
自動ドアが開いた。
ピンポーン…
直子女王様の部屋のドアのインターホンをならした。
ガチャッ…
『失礼します』
『相変わらず時間通りね…』
『はい…ありがとうございます』
私はお礼を言いながら膝まずき、直子女王様の足にキスをした。

最初は女友達 ⇒ やがて♀豚調教実践!
29pine book
12/10 16:10
『早くシャワーを浴びてきなさい』
『はい』
私はいつものようにシャワーを浴び、リビングへ向かった。
『綺麗になった?』
『はい』
『じゃあ着替えて』
『はい…』
私は首輪を付け、手足に枷を付け、チ〇ポに貞操帯を付け、リング型の猿轡を付けて正座をした。
『お前は偉いね〜…こっちにおいで…』
私は喋れないので…四つん這いになって近づいていった。
直子女王様は私の首輪に鎖を付け、そのまま引き寄せてキスをした。
私は口を閉じられないので、直子女王様が私の唇をなめ回し、舌を入れてきたり、そのまま唾を垂れ流してきたりする。
このキスは直子女王様の気がすむまで続く。

彼女不要宣言!PCでスマホで抜く時代♪
30pine book
12/13 09:47
ブゥンブゥン…
バイブにしていた直子女王様の携帯が急になりだした。
『ウン…誰だろ?』
ピッ
『もしもし…あぁ、真美っち…久しぶり…どうしたの?』
直子女王様は電話で話し出した。
でも私はこういう時間も…ちゃんと直子女王様の足を持ち上げて舌を使い御奉仕する。
ある時は、クンニをさせられたりもする。
直子女王様の携帯が終わると…
『ちょっと携帯が長かったね〜…こっちにおいで…』
私は天井からぶら下がった鉄棒に両腕を固定された。
足も開いてフックに固定された。
部屋の真ん中にX字で立たされる。
直子女王様は天井から吊っていた鉄棒を引っ張りあげる

近所のヤリマンを探せる新システム♪
31pine book
12/18 09:26
ガラガラガラ…
『ウッ…クゥ…』
私は爪先立ちになって耐える。
『ウッ…ウゥン…』
いつもながらこれは予想以上にきつい…
『どうしたの?きついの?』
『ウグッ…』
『可愛いねぇ…きついのにチ〇ポは…ビンビンで…』
直子女王様は貞操帯を外して、チ〇ポを指で弾いた。
『グッ…クゥ…』
『どうしたの?気持ち良いだろ…』
私はきついのと苦しいのとの間で、ダンダンと落ちていった。

[1]前へ次へ[3]
/4

書く|更新|

今日:1/昨日:0/累計:2746
大人の秘密デパート
sex恋人 裏密具 無線動具 小珍棒 偽珍棒
偽珍棒 特価品 ヌルヌル液 艶下着 テンガ
アダルトグッズ
エンジェル

☆セクシースタイル♪
極エロ下着

☆猥褻に!淫欲に!
【オナおかず本能の館】
本能の館トップ
人気投稿紹介
下ネタ猥談
淫欲投稿板
夜這い寝込み悪戯
スカトロ汚物マニア


スレッド一覧